お知らせ

第2回わんぱく相撲女子全国大会

2021年11月14日(日)、公益社団法人 名古屋青年会議所主催、第2回わんぱく相撲女子全国大会がパロマ瑞穂スポーツパークにて開催されました。

わんぱく相撲女子全国大会は、小学校4年生から6年生の女子が参加する、数少ない女子相撲の全国大会です。

今年は、【勇気・礼節・感謝~心にいつもわんぱくピース!!!~】をスローガンに、全国から約100名の女子小学生が出場しました。

出雲青年会議所からは、6月13日(日)に開催しました第7回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所の女子成績優秀者 みなみ小学校5年生 今岡 佑美さんが参加されました。

11月14日(日)、第2回わんぱく相撲女子全国大会当日を迎えました。

開会式はパロマ瑞穂スポーツパーク レクリエーション広場で行われました。

わんぱく相撲女子全国大会 実行委員長

公益社団法人 名古屋青年会議所 顧問 高橋 雅大 氏

より開会のご挨拶がありました。

開会式ではピカチュウやマクノシタ、名古屋おもてなし武将隊が登場し、会場全体を楽しく華やかに盛り上げていました。

5年生の試合が始まる直前、少し緊張した面持ちの選手でしたが、ご家族から声掛けや試合前に練習をすると、少し緊張がほどけたように見えました。

島根県相撲連盟 武部純実さんにも同行いただき、まわしの準備や、相撲指導を行っていただきました。

各地区大会を勝ち抜いてきた、全国から集まった選手たちとトーナメント方式での取組がはじまりました。

5年生

1回戦

みなみ小学校 今岡佑美 さん(出雲)

対戦 小川 環 さん (所沢)

初出場で緊張しながらも、立ち合いからしっかり当たり、押し出しで勝利しました。

惜しくも敗北してしまいましたが、立ち合いから勇気ある姿で相手に向かっていきました。

取組の結果は惜しい内容となりましたが、勇気、礼節、感謝を体現する、素晴らしい取組でした。

今回の大会を通じ、普段経験することができない貴重な体験をすることができたと選手、保護者の皆様からお声をいただきました。

出雲青年会議所では、青少年健全育成事業やまちづくり事業、自己啓発事業等、様々な活動を行い、出雲市内・島根県内・中国地区・全国に人脈をつくっております。

来年2022年も、第8回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所を開催する予定でございますので、開催が決まり次第、情報を発信して参ります!

引き続き、出雲青年会議所の活動にご期待ください!

SNS

   
PAGE TOP