お知らせ

5月例会行事「企業の成長が未来を創る〜出雲のニューノーマルを生き抜け!〜」

2021年5月16日(日)、出雲商工会議所6階大ホールにて、5月例会行事「企業の成長が未来を創る〜出雲のニューノーマルを生き抜け!〜」が開催されました。本例会行事は、近年、若年層の就職に伴う転出によって企業の人材不足が深刻化しているという背景をもとに、若者が仕事に対して重要視していることを学ぶことで、若者にとって魅力的な企業とは何かを考える機会を創出することを目的として行いました。

はじめに、まちづくり委員会 担当理事 林佑樹君より本例会行事の趣旨説明を行いました。

続いて、本例会行事の実施に至る背景、またグループワークの方法について、まちづくり委員会
委員 勝部託史君、山根哲真君より説明を行いました。

そして、グループに分かれ、身の回りの社会課題を解決する新規ビジネスを考えていただきました。
グループワークにはホンダ流「ワイガヤ」という手法を用いることにより、個人の主観を大切に、キャリアや年齢、立場に関係なく忌憚の無い話し合いを行っていただきました。

グループで考えた新規ビジネスの内容を、全体へ向けて発表しました。高齢化問題、農業の後継者問題、空き家問題など、各グループの取り組んだ社会課題は多岐に渡り、その内容を全メンバーで共有することで、その考えを自身の会社にも当てはめて考えることができ、より理解を深めることができました。

最後にまちづくり委員会 委員長 北脇祥大君がまとめを行いました。

メンバーは本例会行事を通じて、多くの企業が抱える人材不足という課題を再認識し、やりがいや将来性を重視する若者にとって魅力的な企業であるために常に、常に新しいことに挑戦し続けることの大切さを学ぶことができました。

我々出雲青年会議所は今後もより良いまちづくりへ向かって、若者達があふれるまち「新出雲」を創るため、挑戦し続けて参ります。

SNS

   
PAGE TOP