一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

3月例会

2020年3月16日(月)、出雲商工会議所6階大ホールにて3月例会が執り行われました。 新型コロナウィルス対策として通常のレイアウトを変更し、座席の間隔を大幅に設け、マスクの着用、消毒を入念に行う中で開催させていただきました。

理事長 宮本 晋吾 君より、新型コロナウィルス感染対策に関するお話をいただき、全国に及ぼす影響やたくさんの情報が飛び交う中、しっかりと自分たちの判断でこれから先の流れを汲み取っていき、全メンバーで「明るく前向きに取り組むみましょう」と、ご挨拶をいただきました。

ビジター紹介では 、PRで来訪された一般社団法人境港青年会議所の皆様をご紹介いたしまいた。

JCIクリード唱和は会員開発委員会 委員 池淵 裕也 君

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は会員開発委員会 委員 今岡 佑 君

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は会員開発委員会 委員 大野 禎史 君です。

続いて、3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「日本のコロナウイルス対策について」です。

スピーカーは、会員開発委員会 委員 池淵 裕也 君

講評者は会員開発委員会 担当理事 金村 英俊 君でした。

続いて江角専務理事より、
島根ブロック協議会会長公式訪問例会について、新型コロナウイルスへの対策について報告を行いました。

そして、一般社団法人境港青年会議所 野々村理事長をはじめとされますメンバーの皆様より、創立55周年記念式典・懇親会のPRをいただきました。

委員会・室報告では、いずコラボミニの開催延期と会員拡大への協力についてお願いがありました。

出向者報告では、公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会 運営専務 森本 隆史 君より、会長公式訪問例会について事業開催の御礼がありました。

会員消息では、3月に誕生日を迎える会員より一言ずつ1年の決意や近況の報告がありました。

監事講評では、監事 吉田 幸太 君より、公私ともに新型コロナウィルスに対して対策をしっかりと行い、授業の準備をよりじっくり進める期間としてしっかりと準備をしていきましょうと本例会の総括をいただき、3月例会が終了致しました。

コロナウイルスの感染拡大が懸念される中での例会実施となりましたが、参加者全員がマスクの着用の行い、入口では消毒液を使った殺菌に努め、今回の例会のため、一人ひとりの席の間隔を大幅に取るなどの対策を致しました。今年度の事業を一つひとつ実りあるものにしていくためにも、できることを着実に進めてまいります。今後とも一般社団法人出雲青年会議所をどうぞよろしくお願い致します。

トップページへ戻る