一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

第1回バレー部練習

2020年2月17日(月)こころの医療センター体育館にて2020年度第1回バレー部練習が行われました。

2020年度は監督に吉田幸太君、キャプテンは北脇祥大君が務めます。昨年のブロックスポーツ大会では惜しくも3連覇を逃してしまいましたが、『believing all~みんなを信じて~』を合言葉に日々の練習や大会に取り組んで参ります。

当日は雪が降り積もる悪天候であり、バレー部員全員が参加とはいきませんでしたが、監督とキャプテン含め7名で練習を執り行いました。まず、監督の吉田幸太君そして、2020年度第64代理事長 宮本晋吾君よりご挨拶を頂戴し、今年度バレー部の方針やブロックスポーツ大会首位奪還への想いを述べられました。

その後、キャプテン北脇祥大君の技術指導の元、練習が開始されました。基礎練習、模擬試合を行い、共に汗を流しました。

練習後の懇親会では部員達が交流を深めあい、互いを信じあえる友情を築きました。今年度は新たに2名の新入部員を迎え、今年度ブロックスポーツ大会優勝を目指し頑張って参りますので、今年度バレー部をよろしくお願い致します。

第48回中国地区球技大会in府中

2019年9月8日(日)、広島県府中市にて、第48回中国地区球技大会が開催されました。

本大会は、公益社団法人日本青年会議所中国地区協議会主催、一般社団法人府中青年会議所主管のもと開催されました。

前日の7日(土)には、前夜祭と組み合わせ抽選会が行われ、一般社団法人出雲青年会議所は岡山ブロックの一般社団法人津山青年会議所と一回戦を戦うことが決まりました。

そして、大会当日は晴天のもと野球を行うことができました。出雲青年会議所からも、バレー部 永田監督をはじめ応援に駆け付けてくれました!

 

まずは、怪我の無いように準備運動を充分に行い、キャッチボールで肩をつくります。

 

 

 

その後、園山監督より、スターティングメンバーの発表と必勝の意気込みを込めた挨拶をいただきプレーボールを迎えました。

どんな状況でも声を出すことを心がけて、全員で試合に臨みました。

 

初回、先攻の津山青年会議所にリードを許し、追う苦しい展開となりました。

 

 

2回以降、ピッチャーを変え、3者凡退に抑えるなど、チームに流れをつくり、打線も追加点を取るなど、徐々に点差を詰めていきました。

 

しかし、初回の点差が大きく、試合結果は12対6で敗れ、残念な結果となりましたが、メンバーの全力プレーにより白熱した試合となりました。

 

本年度は惜しくも一回戦で敗退となってしまいましたが、来年以降、島根ブロックスポーツ大会で優勝し、中国地区球技大会でも勝ち進み、頂を掴み取りたいと思います。

また、島根ブロックスポーツ大会と同様に、バレー部メンバーの支えや声援をいただき、これまでにない結束力を育み、出雲青年会議所が一体となった大会となりました。

中国地区球技大会をご設営いただきました、一般社団法人府中青年会議所の皆様に感謝を申し上げるとともに、今後も出雲青年会議所野球部・バレー部ともに活動を行って参りますので、ご声援をよろしくお願い致します。

 

第45回島根ブロックスポーツ大会~バレー部編~

2019年5月19日(日)、松江の地にて第45回島根ブロックスポーツ大会が開催されました。

出雲青年会議所バレー部は、マイクロバスで会場まで移動しました。道中の車内にて、大会当日の相手選手の対策や傾向を確認するとともに、相手チームの作戦を練る戦略会議を行い大会に臨みました。

我々バレー部の初戦の相手は、隠岐青年会議所でした。初戦とあって、最初はメンバーの動きも固かったのですが、徐々に動きもよくなり、出雲JC持ち前のチームワークで初戦を2-0で勝利を収めることができました。

 

続く2戦目の相手は、益田青年会議所でした。益田青年会議所はチームワークと連携がとれたバランスのいい手強い相手でした。お互い、なかなかチャンスをものにできずに接戦となりましたが、フルセットの末に2-1で勝つことができました。

 

そしていよいよ優勝を決める決勝戦です。決勝の相手は去年と同じカードとなる、松江青年会議所が相手でした。松江は去年の雪辱に燃えていて、我々出雲は3連覇がかかった重要な一戦となります。今年の松江は強力な新メンバーも入会し、戦力増強して臨んできていました。出雲JCは、伊藤篤君、林佑樹君、北脇祥大君の経験者を中心にチームワークと、これまで練習してきた成果を出すべく声を掛け合い、ベンチを含めて一丸となって善戦しましたが、惜しくも0-2で敗れてしまいました。

 

永田監督が今年掲げたスローガン、「団結力で3連覇」を合言葉にこの大会に向けて練習と準備を重ねて臨みましたが、準優勝という悔しい結果となりました。しかし、この悔しさをバネに来年は雪辱を晴らして優勝旗を出雲に持ち帰りたいと思います。

バレー部の試合後に決勝戦に進出した野球部の応援を行いました。

今年卒業されます5名の卒業生に優勝という有終の美を飾ることはできませんでしたが、この敗北が必ず今後の財産になること信じて、気持ちを新たに来年の優勝を目指してバレー部一丸となり精進して参ります。

第45回島根ブロックスポーツ大会

2019年5月19日(日)、松江の地にて第45回島根ブロックスポーツ大会が開催されました。

まずは、出雲を出発する前に全体朝礼を行い、松田理事長より野球部・バレー部共にアベック優勝を目指すとともにスポーツを通じて県内9つの青年会議所と懇親を深める場にしようとご挨拶をいただきました。そして、開会式会場である、松江市立鹿島中学校体育館に向けて移動します。

開会式会場に到着すると、下履きの靴を入れる手提げ袋のご準備をいただくなど、松江青年会議所メンバーの皆様に温かいお出迎えをいただきました。

開会式では、まず初めに本大会の主管である、公益社団法人松江青年会議所 理事長 福島 丈太郎君よりご挨拶をいただきました。

続いて、本大会の主催である、公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会 会長 山崎桂一君よりご挨拶をいただきました。

大会前の始球式に続いて、ユーモア溢れる準備運動を松江青年会議所メンバー指導のもと、参加者全員で行いました。

 

開会式後は野球とバレーそれぞれの会場にわかれて競技を行いました。

各競技内容は下記リンク先の個別記事をご覧ください。

第45回島根ブロックスポーツ大会~バレー部編~

第45回島根ブロックスポーツ大会~野球部編~

各競技の後は、ホテル一畑にて懇親会が開催されました。懇親会では、熱い1日の熱戦に部員全員で杯を交わすとともに、県内9つの青年会議所の方々とお互いの健闘を讃え合いました。

県内9つの青年会議所が集い、大会テーマ「友情はぐくむ島根の未来」のもと、野球部は優勝、バレー部は準優勝という結果となりました。

表彰式において、野球部は第41回大会ぶり、4年ぶりの優勝旗を手にしました。

MVPの表彰では、野球部は若さあふれるプレーで会場を沸かせた新入会員 和田健哉 君

バレー部からは技術面でバレー部を牽引してきた卒業生 伊藤 篤 君が選ばれました。

 

 

結びに、熱い1日でしたが、最初から最後までご設営いただきました松江青年会議所の皆様の温かいおもてなしに感謝するとともに、ご声援をいただきました全ての皆様に感謝申し上げます。

第4回バレー部練習・決起大会

2019年5月10日(金)、こころの医療センター体育館にて、一般社団法人出雲青年会議所 第4回バレー部練習が行われました。

 

バレー部は来る5月19日に松江の地にて開催される第45回ブロックスポーツ大会に参加を致します。練習前に永田一訓監督よりブロックスポーツ大会3連覇への意気込みを語っていただきました。

永田監督が掲げる「団結力で3連覇」を合言葉に、日頃運動不足の身体を鍛えなおし練習を重ねております。

      

練習後は焼肉むべに移動し決起大会を行いました。良質なタンパク質を摂取することで肉体強化をするとともに、結束力をさらに高めました。

 

決起大会では監督よりポジションが発表され、開幕スタメンを決めるため部員各々より自己PRがありました。熾烈なスタメン争いの上、勝ち残ったこのメンバーで開幕戦に臨みます。

  

今年度バレー部は永田監督を含め5名の部員が卒業を迎えます。日頃の練習の成果を発揮し、全員バレーで必ずや優勝旗を持ち帰り、悔いが残らない大会にします。

第1回バレー部練習

2019年3月28日(木)、出雲市体育館にて、一般社団法人出雲青年会議所 第1回バレー部練習が行われました。

 

今年度の監督は永田 一訓君、キャプテンは矢田 賢太郎君が務めます。

バレー部は現在、島根ブロックスポーツ大会で2連覇を達成しております。

永田監督が掲げる「団結力で3連覇」を合言葉に、3名の新入会員もバレー部の新たな力として加わり、3連覇に向け本格始動致しました。

第1回練習では松田理事長にも参加いただき、3連覇に向けて激励のお言葉を頂きました。

ウォーミングアップの後、3チームに分かれ部内で紅白試合を行いました。

 

日頃の運動不足を痛感するとともに、3連覇にはさらなる努力と修練が必要であると感じ、部員全員で共に汗を流しました。

練習後はお食事処仲野にて懇親会を行い、さらなる結束力を高める場となりました。

 

今年度は5名の卒業生がバレー部には在籍しています。有終の美を飾るためにも5月19日(日)、松江で開催される大会までしっかり練習を行い、3連覇を成し遂げるためバレー部部員一同一致団結し、邁進して参ります。