一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

6JC経済文化交流会事業

11月24日(日)、島根ワイナリーにて6JC経済文化交流会事業「熱意が引き寄せる地域の未来~Our wish comes true~」を開催しました。

  

本年は6JC経済文化交流会会長に出雲青年会議所より吉田幸太君を輩出しております。

 

(補足)

6JC経済文化交流会とは中海・宍道湖・大山圏域の各地域で活動する6つの青年会議所が集まり、いろいろな地域の特色を活かして、共に活動を進める団体です。

毎年、6つの青年会議所が持ちまわりで主管し、テーマを決めて、各地を会場に定期的に会合を開いています。

地域に密着した身近で具体的な問題から政治経済に及ぶ問題まで、またひとつの青年会議所では取り上げにくい広域的なテーマを取り上げ、青年経済人の集まりである会の特性を活かしながら、情報・意見交換し、事業を展開しております。

当日は6JC合わせて80名の皆様にご参加いただきました。

  

まず始めに、大阪産業大学 工学部 都市創造工学科 教授 波床正敏様にご講演いただきました。

新幹線の歴史、そして過去に誘致した地方の誘致の方法並びに新幹線開通後の経済効果などについて、過去の事例と最新のデータを用いてご講演いただきました。

新幹線開通後の未来を垣間見えるご講演に、メンバー一同引き込まれました。

  

続いて松江市 歴史まちづくり部 次長であり、中国横断新幹線(伯備新幹線)整備推進会議事務局長の比田誠様にご講演いただきました。

現在、山陰両県で行われている誘致活動や国が今までに行ってきた新幹線整備について多くの資料をご用意いただきご説明いただきました。

  

お二人のご講演後は、各テーブルに分かれて今日の学びを再確認し、班ごとにまとめ発表をいただきました。新幹線が開通した未来をそれぞれ想像し、地域の未来を牽引して行く青年経済人として、何ができるかを考えました。

  

  

多くを学んだあとは、参加メンバーで懇親会です。講師の比田誠様にもご参加いただきました。

この会では交流も大きな目的の一つです。それぞれの地域で活躍しているJCメンバーと交流し、参加者同士の更なる友情を育むことができました。

また、途中のアトラクションであるPRタイムでは、各LOMの現在・未来の活動などについて紹介していただきました。

  

最後に全員で若い我らを斉唱し、今後の6JCでの結束を再度確認し閉会しました。

終りになりますが、6JC経済文化交流会へのご協力、皆様大変ありがとうございました。

11月例会行事「卒業生大いに語る」

2019年11月16日(土)、出雲商工会議所にて11月例会行事「卒業生大いに語る」が開催されました。

今回の事業では、今年出雲青年会議所を卒業される9名の卒業生のこれまでの青年会議所から得られた経験を振り返っていただき、来年も活動するメンバーは共に歩んできた日々を振り返り、今後の活動に対しての意欲向上を目的として行われました。

はじめに、まちづくり委員会 担当理事 山崎 英樹 君より趣旨説明が行われました。

その後卒業生が壇上に上がり、卒業生の皆様がこれまでの活動で培ってこられた豊富な経験と想いを語っていただきました。

「赤木卒業生」

「岩﨑卒業生」

「中尾卒業生」

「松尾卒業生」

「石橋卒業生」

「伊藤卒業生」

「永田卒業生」

「影山卒業生」

「成瀬卒業生」

本事業を通じ、残されたメンバーが新たな未来を創るためにも、卒業生の皆様のこれまでの青年会議所活動で得られた経験、そして後進に託す想いを受け止める貴重な場になったと考えます。

我々は卒業生のその想いと誇りを受け継ぎ、今後も青年会議所活動に邁進していきたいと思います。

 

11月例会

2019年 11月17日(土)、出雲商工会議所6階大ホールにて11月例会が執り行われました。

冒頭、理事長 松田 岳士 君より、11月4日~8日の期間で開催されました、JCI世界会議タリン大会について、青年会議所に所属して活動していたからこそ、エストニアに行く機会に出会うことができ、またその機会を掴み参加したからこそ、普段とは違う経験をすることができたことと、青年会議所の機会の提供というものは所属するメンバー全員に平等にチャンスがある、その機会を積極的に自分自身のために活かして欲しいとお話をいただきました。

JCIクリード唱和は会員開発委員会 委員 和田 健哉 君

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は会員開発委員会 委員 中島浩司 君

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は会員開発委員会 委員 村松 英俊 君です。

 

続いて、JCIセネターバッジ進呈が行われました。

JCIセネターとは、青年会議所に対して、地域、国家そして国際的レベルで素晴らしい貢献をされた会員に贈られる資格であります。

松田理事長より顧問 成瀬 公平 君にJCIセネターバッジの進呈を行いました。

 

続いて、組織開発委員会の担当のもと、3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「私の2019年」です。

スピーカーは、総務広報委員会 委員 山根 哲真 君です。

仕事とJC活動のバランスについて、そして今後の意気込み話をスピーチの中でお話をされました。

講評者は、総務広報委員会 委員 加藤 圭吾 君でした。

委員会報告では、各委員会より1年間の御礼がありました。

 

 

出向者報告では、2019年度出向者全員が登壇し、1年間の御礼がありました。

会員消息では、11月に誕生日を迎えられる、影山 晃司 君と加藤圭吾 君よりお言葉をいただきました。

 

最後に、監事 伊藤 篤 君、米原 誠一 君の両監事より1年間の総括をいただくとともに、2019年度の活動はまだ終わっていないので、最後の最後まで全メンバーで松田理事長の掲げるスローガン「共創」を実現して参りましょう、とお話をいただき11月例会が終了致しました。

 

出雲商工会議所での例会は11月が最後となります。1月から11月まで毎月細かいミスや間違いがありましたが、PDCAを繰り返し、最後の11月に良い例会を行うことができました。この日々の学びや気づきが社業や地域活動にも大きく役に立つのが青年会議所の特徴の一つでもあります。

残すは、12月例会・卒業式・大望年会・JCセンター大掃除と控えております。2019年という年を最高の形で締めくくれるように、日々の活動を悔いの残らないように、メンバー同士手を取り合い、活動を行って参ります。

11月通常総会

2019年11月16日(土)、出雲商工会議所6階大ホールにて11月通常総会が執り行われました。

議長は、監事 伊藤 篤 君に務めていただきました。

第1号議案「一般社団法人出雲青年会議所 2019年度一般会計収支補正予算(案)の件」

第2号議案「一般社団法人出雲青年会議所2020年度理事長選定・理事選任並びに監事選任の件」

の2議案が審議されました。

まずは、会計理事 児玉 俊介 君より「一般社団法人出雲青年会議所 2019年度一般会計収支補正予算(案)の件」

のご説明がありました。

第1号議案は採決の結果、全員の賛成で可決されました。

続いての第2号では、一般社団法人出雲青年会議所2020年度理事長選定・理事選任並びに監事選任の件について審議を行いました。

役員選考委員会 委員長 松尾 章 君よりご報告がありました。

メンバーの皆様より、2020年度理事長・理事・監事としてご承認をいただきました。

 

一般社団法人出雲青年会議所2020年度理事長の宮本晋吾君より「我(われ)がままに~私なればこそ、彼なればこそ~」のスローガンのもと、2020年度の向けての思い、全メンバーで出雲の明るい豊かな社会を実現するために邁進して参りましょうと、ご挨拶をいただきました。

11月通常総会も滞りなく終了し、2020年度に向けた準備も活発に動いて参ります。

2019年度を最後まで全うし、2020年度の新たな道を全メンバーで切り拓いて参ります。

JCセミナー

2019年11月12日(火)、ニューウェルシティ出雲にてJCセミナーが開催しました。

本年度より仮入会員から研修生へ呼称が変更になったことに伴い、例年の仮入会員セミナーから本年度よりJCセミナーと事業名も変わりました。本セミナーでは10月より出雲青年会議所に研修生として参加いただいている皆様が、自分自身に積極的に試練を与え、自分を信じて挑戦していくことで、青年会議所には無限の可能性があるということを知っていただくと同時に、現役メンバーには青年会議所の価値を再認識することで、自身の想いと向き合い活動に邁進することを目的に開催しました。

始めに、一般社団法人出雲青年会議所 理事長 松田岳士君よりご挨拶をいただき、続いて組織開発委員会 担当理事 森本隆史 君より本セミナーの趣旨説明を行いました。

 

その後、2020年度会員開発委員会委員長予定者 佐藤晋平君より研修生の紹介が行われました。

 

      石原 翼 君             池淵 裕也 君

 

      今岡 佑 君             秦 卓巳 君

紹介後は、副理事長 矢田賢太郎君より研修生の皆様に対し、青年会議所の基礎知識と存在意義をご説明いただきました。

研修生からの質疑応答に続いて、今年度入会いたしました会員開発委員会のメンバーより青年会議所の三信条「修練 奉仕 友情」について、これまでの自身の活動を振り返り、スピーチをしていただきました。

 

      村松 英俊君             和田 健哉君

      中島 浩司君

セミナー終了後は一般社団法人出雲青年会議所 第60代理事長 内藤祐馬先輩を講師にお招きし、青年会議所でのご経験をもとに、本気で取り組む姿勢と失敗を恐れずに挑戦することから得られる気付きや学び、また活動を通じ育まれる友情についてご講演いただきました。

最後に2020年度一般社団法人出雲青年会議所 理事長予定者 宮本晋吾君より謝辞、記念品の贈呈を行い、本セミナーは終了いたしました。

 

本事業を通じ、研修生の皆様が抱いている不安や疑問を払拭し、これから出雲青年会議所のメンバーとして活動をしていくため、青年会議所の基礎知識や存在意義、活動内容について学び、三信条の基、明るい豊かな社会の実現に向かって活動している団体として理解を深めていただくことが出来ました。2019年度も残り1月半となりましたが、最後まで活動に邁進してまいります。

2019 JCI 世界会議 タリン大会(エストニア共和国)

2019年11月4日(月)から8日(金)にかけて、エストニアはタリンの地にて2019JCI世界会議タリン大会が開催されました。

 

JCI世界会議では、各国青年会議所会頭会議、JCI常任理事会および理事会、総会といったJCIの組織運営に関する会議や、テーマに基づく講演・セミナー、会員の資質向上を目的とした分科会、JCI公式トレーニングプログラム(9コース)、JCIの理念を広めるための褒賞(アワード)、TOYPプログラムなどが行われます。総会は、多くの重要事項の審議のほかに、次年度の役員を選挙で選び、2年後の世界会議開催地を決定します。JCIの国際的な繋がりを実感し、国籍を超えた参加者相互の友情を深める絶好の機会です。その他、開会式、モーニングショー、GALA(コンファレンスボール)、参加会員の友情、交流を深める為の様々なファンクションが行われます。(公益社団法人日本青年会議所ホームページより)

 

各緒会議をはじめ様々なファンクションを通じ、参加した出雲青年会議所メンバーも国際交流の機会を経験することが出来ました。世界会議参加を通じて得た学びを、今後の出雲における運動に活かしていけるよう活動に邁進してまいります。

 

 

11月協議会

2019年 11月 7日(木)、JCセンター図書館におきまして11月協議会を開催致しました。

冒頭、副理事長 矢田 賢太郎 君 よりご挨拶いただきました。

11月協議会では、

組織開発委員会 委員長 石橋 慎也 君より、4月例会行事「AIと共存し生き残るために~業務プロセスの可視化を学ぶ~」 事業報告の件、組織開発事業「AIと人間のCoexistence」 事業報告の件、9月例会行事「最良への道筋を求めて」 事業報告の件

まちづくり委員会 委員長 勝部 託史 君より、第5回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所 事業報告の件、出雲市未来共同創造事業「みんなで創ろう!出雲の未来」 事業報告の件

総務広報委員会 担当理事 江角 彰則 君より、12月協議会日程及び時間変更の件の6議案の上程がありました。

 

 

最後に監事 伊藤 篤 君より、今回承認をされなかった事業報告書も、更に良い報告書にするための時間をいただくことができたと考え、委員会メンバーと共により良い事業報告を次の協議会で上程されることを期待していると監事講評をいただきました。

今年度の協議会も残すところあと1回となりました。

2019年度に実施した全ての事業の検証をしっかり行い2020年度が良い形でスタートできるように協議会メンバー一丸となり、12月31日まで邁進して参りますので、引き続きご期待ください。