一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

2月例会

2019年2月16日(土)、出雲商工会議所6階大ホールにて2月例会が執り行われました。

冒頭、理事長 松田 岳士君より、「青年会議所の新たな取り組みであるSDGsを、メンバーに知ってもらい興味を持ってもらうことで、自分だけでなく会社や周囲の人々もより豊かになるように積極的に活動して参りましょう」と、ご挨拶をいただきました。

 

JCIクリード唱和は会員開発委員会 委員 高橋直己 君

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は会員開発委員会 委員 和田健哉 君

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は会員開発委員会 委 中島浩司 君です。

続いて、組織開発委員会の担当のもと、3分間スピーチが行われました。

 

今月の演題は「失敗がもたらすもの」です。

スピーカーは初めての3分間スピーチを行う会員開発委員会 委員 中島浩司 君

講評者は組織開発委員会 委員 赤木 仲君でした。

委員会報告では、会員開発委員会より2019年度京都会議参加の御礼と4月26日(金)、8月30日(金)に開催します異業種交流会~いずコラボ~の案内がありました。

出向者報告では、

公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会 多子社会創造委員会に出向している石橋直樹君より、3月に開催する公開討論会への案内がありました。

会員消息では、2月に誕生日を迎える会員より一言ずつ1年の決意や近況の報告がありました。

監事講評では、監事 米原誠一 君より、「出雲青年会議所が行う活動に対する一つ一つの意味をしっかり考えて、取り組んで欲しい」と本例会の総括をいただき、2月例会が終了致しました。

1月例会

2019年1月16日(水)、出雲商工会議所6階大ホールにて1月例会が執り行われました。

新年度となり、2019年度一般社団法人出雲青年会議所の初めての例会です。開会前からピンと張りつめた独特な緊張感に包まれます。

例会の冒頭では、理事長 松田 岳士君より2019年の最初の例会にあたり、「全メンバーが共に手を取り合い、家族のため、会社のため、まちのために自らが成長し、「共創」を実現する一年間にしましょう」と、ご挨拶をいただきました。

  

2019年度、最初のJCIクリード唱和は会員開発委員会 担当理事 森山 恵介 君

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は組織開発委員会 委員長 石橋 慎也 君

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和はまちづくり委員会 委員長 勝部 託史 君です。

 

 

続いて新入会員バッジ進呈を行いました。2019年度の新入会員を代表して村松英俊君にご挨拶いただきました。本日よりJCバッジを身に着け、晴れて青年会議所の仲間入りです。

 

続いて、組織開発委員会の担当のもと、3分間スピーチが行われました。

毎月スピーカーと講評者が変わり、今月の演題は「今年にかける意気込み」です。

スピーカーは組織開発委員会 委員 赤木 仲 君

講評者は組織開発委員会 委員 石橋 直樹君でした。

 

委員会報告では、会員開発委員会より2019年度新年賀会の御礼並びに京都会議の案内がありました。

 

出向者報告では、

公益社団法人日本青年会議所

価値デザイン会議 委員 中尾 光伸 君

JC拡大会議 広報幹事 金村英俊 君より、

京都会議でのセミナー参加への報告がありました。

会員消息では、1月に誕生日を迎える会員より一言ずつ1年の決意や近況の報告がありました。

監事講評では、監事 伊藤 篤 君より本例会の総括をいただきました。

 

一般社団法人出雲青年会議所2019年度の幕開けとなる1月例会が滞りなく進行し終了致しました。