一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

総務広報委員会

所信

2018年度一般社団法人出雲青年会議所の総務広報委員会の委員長という重要な役を仰せつかりましたことに感謝申し上げます。我々総務広報委員会と致しましては、影山理事長の掲げられたスローガン「Raison d’etre」、基本理念~自信こそが原動力~のもと、委員会メンバーが一丸となり協力し合い、コミュニケーションを図りながら風通しの良い委員会活動を行ってまいります。
総務広報委員会の役割、存在価値は出雲青年会議所の基盤となるべくルールを決め、そして決めたことを当委員会が先手先手で進め、模範となる動きを行動で示さなければならないと考えております。更に、各委員会が年間を通して実施されます事業に関しましては、当委員会が広報活動として対外的に情報発信を行うことが地域全体への周知、更には地域を巻き込んでの事業につながると考えます。現状、出雲青年会議所はアナログとデジタルが絶妙なバランスで交錯している組織だと認識しております。楽だからデジタルを選ぶのではなく、アナログでなければならない部分に時間を取るためにデジタルという方法を選択する、という考え方を持たなければ、情報発信イコール情報共有とはなりません。しっかりと委員会内で協議を重ね、活発な議論の飛び交う委員会運営が行えるよう変革を重ねていかなければなりません。それが「精密さと力強さが生み出す進化した組織運営」を実現させる方法であると考えます。誰でもできることを誰もできないくらい、継続的にやり続けることができる組織を目指してまいります。
その積み重ねにより、規律を重んじた緊張感のある運営が継承されます。その使命をこの組織の基盤であります総務広報委員会が担い、率先して行動することで、出雲青年会議所はいつの時代も地域社会に必要とされる団体であり続けることができると考えます。

新着情報