一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

サマーコンファレンス2019~World SDGs Summit~

2019年7月20(土)・21日(日)、 パシフィコ横浜にてサマーコンファレンス2019が開催されました。

サマーコンファレンスとは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルの行事を開催する場です。今年度は~World SDGs Summit~と題して、地球の課題に向き合う2日間、誰もが身近に始められるSDGsの実現(習得・行動)に向けて、本年度、日本JCがパートナーシップを構築した企業や団体とともに政策の成果を発信されました。

 

Opening FORUM~Power of Youth~

オープニングフォーラムではなぜSDGsに取り組まなければならないのか、改めて学ぶ場となりました。日本の人口は減少していますが、世界の人口は1日に213000人増えています。これは5日間で広島市と同じ人口が増えているということです。2055年には世界の人口は100億人を超えると言われており、地球に100億人がどうやって暮らすのか課題となっています。また、チベット高原は世界で3番目に大きな氷の貯蔵庫でありアジアの大河の源流となっていますが、永久凍土が溶け始めていることにより世界規模の気候変動や水不足が発生すると危惧されています。地球の課題と向き合う中で、2030年に向けて日本がSDGsを推進し、解決していくために、青年経済人であるJCメンバーや2030年以降の主役となる学生に対し、「青年の力」が必要であること学びました。

 

 

各会場においてブース出展やセミナーが開催され、出雲JCからも多くのメンバーが出向して設営を担当しました。

 

価値デザイン会議 委員 中尾光伸 君

JC拡大会議 広報幹事 金村英俊 君

JC拡大会議 委員 林佑樹 君

 

Closing~Beyond2030~

クロージングでは、2030年以降の未来を予測し、青年の力で、イメージしたものが実現し、誰もが挑戦できる幸せな国日本の創造に向けてその決意を共有します。講演では、ヤフー株式会社 CSO、慶応義塾大学環境情報学部教授の安宅和人先生に今後どのような取り組みでSDGsを推進していくべきかをご講演いただきました。青年経済人や学生が、パートナーシップや様々な手法を活用しながら、今後どのような取組みをしてSDGsを推進していくかを具体的にイメージし、その実現には「青年の力」が必要であることを確信いたしました。我々、出雲JCもSDGsに取組み、現在の社会課題に積極的にアプローチをしていきます。

« | トップページ | »