一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

組織開発事業「AIと人間のCoexistence」

2019年6月22日(土)、出雲市民会館にて組織開発事業「AIと人間のCoexistence」が開催されました。

今回の事業ではAIがどういったものであり、今後どのように発達していくかを学び、事業や組織運営においてどのようにAIを活かしていくかを考えるとともに、その中で人間の重要性を認識し、AIとの共存について学んでいただきました。

今回の事業は二部構成となっており、Part1ではGoogle Japan元社長 村上憲郎氏をお招きし講演会を開催いたしました。

冒頭、出雲青年会議所 理事長 松田岳士 君よりご挨拶をいただきました。

その後、担当理事 森本隆史 君より本事業の趣旨説明を行いました。

講演の中では現代に至るまでのAIの進化、現在使われている技術、そして今後訪れる未来について講演いただき、AIの重要性や今後の社会構造の変化などを学ばせていただきました。

 

講演会後は副理事長 中尾光伸 君より村上憲郎氏へ謝辞を述べ、出雲青年会議所メンバーと記念撮影を行いました。

 

Part2では会場を出雲商工会議所6F大ホールへ移し、青年経済人の方々を交え講演会で得た学びを活かし、再度AIについての認識を深めました。

参加者の多くが初対面ということもあり、まず始めに 組織開発委員会 高橋良治 君よりアイスブレイクを行いました。

その後、プログラム1では組織開発委員会 赤木仲 君より講演会の振り返りや現在に至るまでのAI技術の変化などの説明を行い、プログラム2では組織委開発委員会 平岡 優澤 君よりAI技術の発達による未来予測を行いました。

 

プログラム1、2を行った後、各チームごとにディスカッションを行っていただきました。自社の問題点を認識しAIを導入することにより、どのように改善することが出来るか、またその結果、将来どのような変化が訪れるかを考察していただき、各チームごとに発表していただきました。

 

 

最後に本事業を組織開発委員会 委員長 石橋慎也 君にまとめていただきました。

本事業を通じ、AIはあらゆる産業を再定義し社会そのものの在り方や意味を変質させる大きな要因となり得ます。そしてAI隆盛の世界においては国家や政治体制、経済状況や個々人の生き方もまた大きく変ることが予想されます。そのような中で、いかに自分が生きて行くか、変化を予想しチャンスに変えていくかを考えていただき、今後到来すると予想される、シンギュラリティに備えAIと共存して行くことで新時代への限りない可能性を切り拓いて参ります。

« | トップページ | »