一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

第45回島根ブロックスポーツ大会~バレー部編~

2019年5月19日(日)、松江の地にて第45回島根ブロックスポーツ大会が開催されました。

出雲青年会議所バレー部は、マイクロバスで会場まで移動しました。道中の車内にて、大会当日の相手選手の対策や傾向を確認するとともに、相手チームの作戦を練る戦略会議を行い大会に臨みました。

我々バレー部の初戦の相手は、隠岐青年会議所でした。初戦とあって、最初はメンバーの動きも固かったのですが、徐々に動きもよくなり、出雲JC持ち前のチームワークで初戦を2-0で勝利を収めることができました。

 

続く2戦目の相手は、益田青年会議所でした。益田青年会議所はチームワークと連携がとれたバランスのいい手強い相手でした。お互い、なかなかチャンスをものにできずに接戦となりましたが、フルセットの末に2-1で勝つことができました。

 

そしていよいよ優勝を決める決勝戦です。決勝の相手は去年と同じカードとなる、松江青年会議所が相手でした。松江は去年の雪辱に燃えていて、我々出雲は3連覇がかかった重要な一戦となります。今年の松江は強力な新メンバーも入会し、戦力増強して臨んできていました。出雲JCは、伊藤篤君、林佑樹君、北脇祥大君の経験者を中心にチームワークと、これまで練習してきた成果を出すべく声を掛け合い、ベンチを含めて一丸となって善戦しましたが、惜しくも0-2で敗れてしまいました。

 

永田監督が今年掲げたスローガン、「団結力で3連覇」を合言葉にこの大会に向けて練習と準備を重ねて臨みましたが、準優勝という悔しい結果となりました。しかし、この悔しさをバネに来年は雪辱を晴らして優勝旗を出雲に持ち帰りたいと思います。

バレー部の試合後に決勝戦に進出した野球部の応援を行いました。

今年卒業されます5名の卒業生に優勝という有終の美を飾ることはできませんでしたが、この敗北が必ず今後の財産になること信じて、気持ちを新たに来年の優勝を目指してバレー部一丸となり精進して参ります。

« | トップページ | »