一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

10月協議会

10月9日(火)
JCセンター図書館において
10月協議会が開催されました。

 

始めに
理事長 影山晃司君の挨拶では

残された事業の重要性と、終了した事業に更に意味を持たせるために

しっかりと報告議案を委員会で協議する必要があるとご意見をいただきました。

 

今月の協議会は

2019年度担当理事、委員長、幹事がオブザーバーとして

参加していただいています。

 

今月の議案は
会員開発委員会 委員長 山崎 英樹君より2議案

ひと・まちネット委員会 委員長 永田 一訓君より2議案

総務広報委員会 委員長 加藤 圭吾君より1議案

2019年度正副理事長会議より1議案
以上6議案が上程されました。

 

まずは

第1号議案 会員開発委員会 委員長 山崎 英樹君より

異業種交流会~いずコラボ~報告の件について

 

続いて

第2号議案 2019年度正副理事長会議より

10月例会行事「2019年度組織並びに基本運動方針」事業計画の件について

2019年度 宮本理事予定者より説明

 

続いて

第3号議案 ひと・まちネット委員会 委員長 永田 一訓君より

仮入会員セミナー 事業計画の件について

 

続いて

第4号議案 ひと・まちネット委員会 委員長 永田 一訓君より

11月例会行事「卒業生大いに語る」事業計画の件について

 

続いて

第5号議案 総務広報委員会 委員長 加藤 圭吾君より

2018年度卒業式 事業計画の件について

 

本日最後の議案は

第6号議案

会員開発委員会 委員長 山崎 英樹君より

2018年度忘年会 事業計画の件について

 

以上

6議案中5議案が承認されました。

 

そして専務理事報告ではJCセンターの管理についてコメントをいただきました。

 

最後に

春日功一朗君による監事講評では

現在の議案に卒業生が対象となっていることの意味合い

現役メンバーが何をすべきか そして歴の浅いメンバーに

何を伝えていくべきかというご意見をいただきました。

 

2018年もいよいよあと3ヶ月となりましたが

出雲青年会議所といたしましてはやるべきことがまだまだたくさんございます。

メンバー一丸となって 更に加速して年末まで駆け抜けてまいります。

« | トップページ | »