一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

9月例会

9月16日(日)
出雲商工会館6F大ホールにて9月例会が執り行われました。

今月もチェックを行いながら細部にわたる所まできっちり設営いたします。

 

 

今月の例会の司会は岩﨑 利行君

スマイル担当は石橋 慎也君です。

 

 

例会開会後

JCIクリードの唱和を

会員開発委員会 委員 種平 広樹君

 

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は

会員開発委員会 委員 山根 哲真君

 

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は

会員開発委員会 委員 是津 真之君

 

冒頭に

理事長 影山 晃司君のご挨拶では

次年度と今年度が交錯し

大変な時期ではあるが

今年度の残りの事業や行事を悔いの無いようにやることが自己成長と達成感に繋がる

とエールをいただきました。

 

続いて3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「出雲のまちを発展させるために自分ができること」

青少年委員会  森山 恵介君による進行です。

 

発表者は

総務広報委員会 委員 竹下 頌太郎君

自身の視点から考えをしっかりと伝えていただきました。

 

講評者は

青少年委員会 担当理事 伊藤 篤 君

竹下君に期待を込めたメッセージをいただきました。

 

その後は

園山専務理事による報告事項

出雲商工会館の使用についてご報告がありました。

 

そして出向者報告では

公益社団法人日本青年会議所

中国地区協議会より

地区コンファレンス2018in鳥取

のお礼がありました。

その後

地区球技大会

実行委員長 坂根 壮一郎君より

地区球技大会出雲大会のお礼がありました。

 

会員消息では

9月の誕生会員にスピーチをしていただきました。

 

1ヶ月の活動を報告するスマイルタイム

石橋幹事はしっかり練習した成果が出ていました。

 

例会行事終了後の監事講評では

監事 吉田 智彦君より

時間内運営ができていること

細部にわたる配慮が行き届いていること

以上2点に対して講評をいただきました。

 

9月例会も多くのメンバーの参加のもと

滞りなく開催することが出来ました。

 

◆例会終了後◆

翌日に結婚披露宴を控えた

監事 春日功一朗君を総務広報委員会メンバーでお祝いしました。

 

翌日

披露宴会場に設えていただきました。

☆春日監事 末永くお幸せに☆

« | トップページ | »