一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

友好3JC交流事業

3月3日(土)、福岡市博多区「パピオ」にて一般社団法人諫早青年会議所様と一般社団法人津山青年会議所様、そして我々一般社団法人出雲青年会議所のメンバーにより、友好3JC交流事業が開催されました。

この友好3JCは各青年会議所が所在する自治体の連携を機会とし、1982年より相互理解と友情を深め、そして3都市間の親善と友好のために始まり、今年で36年目を迎えます。

まず初めに本年度の主幹

一般社団法人諫早青年会議所

第54代理事長 片山 量海君よりご挨拶をいただきました。

 

そして

3名の理事長による始球式で交流ボーリング会が始まりました。

 

3団体の青年会議所メンバーが混合でチームに配属され、

ボーリングを通して新たな友情を育みました。

 

交流ボーリング大会が終わると表彰式が始まりました。

優勝は主幹の

一般社団法人諫早青年会議所第54代理事長 片山 量海君

見事な安定のスコアで堂々の優勝です。

 

我らが出雲青年会議所で唯一の表彰者は

ブービーメーカー(最下位)の会計理事 吉田幸太君でした。

 

スポーツでの交流事業を終えて、場所を移して交流会の始まりです。

場所は

本場博多の水たきが堪能できる博多華味鳥中洲本店にて開催されました。

 

交流会懇親会の開宴に先立ちまして

主幹の

一般社団法人諫早青年会議所第54代理事長 片山 量海君のご挨拶

 

そして

一般社団法人出雲青年会議所第62代理事長 影山 晃司君のご挨拶

 

そして

一般社団法人津山青年会議所第61代理事長 北村 暢宏君のご挨拶

 

その後

一般社団法人諫早青年会議所直前理事長 嶋田 雅之君に

乾杯のご発声をいただき、懇親会が開宴いたしました。

 

限られた時間の中ではありましたが、

それぞれの青年会議所メンバー同士が博多の地に相集い

それぞれ地域での活躍を誓い合う場となりました。

 

最後の締めのご発声は

一般社団法人出雲青年会議所 監事 春日 功一朗君

 

毎年恒例となりました友好3JC交流会ですが、

今後もスポーツを通じて大いに交流を深め、それぞれの地域や環境は違えど青年会議所活動を通じての相互理解、そして発展に寄与する場としていきたいと存じます。

 

 

 

« | トップページ | »