一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

8月例会行事「未来への地図を描こう~会員拡大ロードマップ~」

2019年8月16日(金)、出雲商工会議所6階大ホールにて、8月例会行事「未来への地図を描こう~会員拡大ロードマップ~」が開催されました。

近年、青年団体や経済団体の会員数が減少して行く中、青年会議所も例外ではなく、同じ状況に直面しております。

そこで、新たな手法を模索する必要があり、計画性を持った会員拡大・組織強化の進め方を学ぶことを目的に開催されました。

はじめに、会員拡大特別会議 議長 金村英俊 君より趣旨説明が行われました。

そして、ロードマップを作成するにあたっての基本的なポイントのレクチャーが行われました。

 

 

その後は、各班にわかれ、実際にロードマップを作成していきました。

メンバーからは、地域、職業ごとに声掛けをすることや、YouTubeチャンネルを作成するなどの新しい意見も多く出ました。

そして、それぞれの手法を、いつ行えば、より高い効果を得られるかを模索しながら議論を勧めました。

 

最後に、各班でまとめたロードマップを発表し、全体で共有をしました。

最後に、会員拡大特別会議 議長 金村英俊 君がまとめを行い、8月例会行事は終了しました。

 

青年会議所で活動するメンバーは、「若い人と人脈をつくりたい」、「友達をつくりたい」、「スキルアップしたい」、「今の自分とは違う新たな自分をみつけてみたい」、「ボランティア活動をしたい」、「会社を良くしたい」など、一人ひとりが十人十色の思いを持って活動に取り組んでおります。

よく言われていることの一つに、「青年会議所しかない時代」から「青年会議所もある時代」へと移り変わったと言われます。しかし、今でも「青年会議所しかない時代」であり、さらには「青年会議所とやる時代」へと進んでおります。

その所以は、それだけ、青年会議所活動での“経験”というのは、活動を経験したひとに大きな成長をもたらしてくれます。そのような多くの機会に溢れていることが青年会議所の魅力でもあります。

ぜひ、未来の自分への自己投資として、出雲青年会議所の活動に参加してみてください!

これからも出雲青年会議所は、力強く活動に取り組んで参ります!!

8月例会

2019年8月16日(金)、出雲商工会議所6階大ホールにて8月例会が執り行われました。

冒頭、理事長 松田 岳士 君より、「先日開催されたサマーコンファレンス2019にて、日本や世界がどう動くのか、Society 5.0に変化する中でどう行動するのか、SDGsについてもしっかりと考えていかないといけない、と多くの学びがあったので来年も多くのメンバーで参加をしましょう、とお話いただきました。そして、会員拡大に向けて、一番大切なことは拡大の手法ではなく、出雲JCがいかに魅力を感じる組織であるかが重要である、とご挨拶をいただきました。

JCIクリード唱和は会員開発委員会 幹事 泉 真太郎 君

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は会員開発委員会 委員 村松 英俊 君

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は会員開発委員会 委員 中島 浩司 君です。

続いて、組織開発委員会の担当のもと、3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「私の原点」です。

スピーカーは、会員開発委員会 委員 和田 健哉 君です。

「日々の出来事によって原点は変わっていく、原点をしっかりと自分の人生の糧にするように心がける」とスピーチいただきました。

専務理事報告では、

8月17日・18日に開催される中国地区コンファレンスにおいて昨年の青少年事業「A Life-Chenging Camp~雲の上はいつも晴れ~」がノミネートされているので応援のお願いと、出雲西高等学校学園祭 バザーへの物品提供協力のお願いがありました。

出向者報告では、

公益社団法人日本青年会議所 価値デザイン会議 委員 中尾 光伸 君より、7月18日・19日に開催した「サマーコンファレンス2019」の御礼で登壇されました。

最後に、監事講評では、監事 米原 誠一 君より、出雲JCらしい引き締まった雰囲気で例会が開催できていて良かった。松田理事長が掲げる共創のスローガンのもと、出席率100%で例会を開催できるように、欠席者には積極的な声掛けをしよう。と講評をいただき、8月例会を終了致しました。