一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

7月通常総会

2019年 7月16日(火)、出雲商工会議所6階大ホールにて7月通常総会が執り行われました。

議長は、監事 米原 誠一 君に務めていただきました。

第1号議案「一般社団法人出雲青年会議所 2019年度一般会計収支補正予算(案)の件」

第2号議案「一般社団法人出雲青年会議所2020年度理事予定者選任並びに監事予定者選任の件」

の2議案が審議されました。

まずは、会計理事 児玉 俊介 君より「一般社団法人出雲青年会議所 2019年度一般会計収支補正予算(案)の件」

のご説明がありました。

第1号議案は採決の結果、全員の賛成で可決されました。

続いての第2号では、一般社団法人出雲青年会議所2020年度理事予定者選任並びに監事予定者選任の件について審議を行いました。

役員選考委員会 委員長 松尾 章 君より理事長選挙についてのご報告がありました。

一般社団法人出雲青年会議所 2020年度 理事長予定者は、宮本 晋吾 君に決定しました。

「我(われ)がままに~私なればこそ、彼なればこそ~」のスローガンのもと、2020年度の向けての覚悟、そして熱く高い志をもって邁進すると、ご挨拶をいただきました。

そして、理事予定者に、山崎 英樹 君、森山 恵介 君、江角 彰則 君、児玉 俊介 君、金村 英俊 君、勝部 託史 君、石橋 慎也 君が決定しました。

監事予定者として、園山 優樹 君、吉 田 幸太 君の2名が推薦され、全会一致により承認されました。

全議案全員の賛成により、可決され、7月通常総会は滞りなく終了しました。

これから、2020年度に向けた準備が進んで参りますが、2019年度をしっかり全うしなければ、2020年は訪れませんので、全メンバーで共に明日を創って参ります。

7月例会

2019年 7月16日(火)、出雲商工会議所6階大ホールにて7月例会が執り行われました。

冒頭、理事長 松田 岳士 君より、「組織開発事業「AIと人間のCoexistence」と出雲市未来共同創造事業「みんなで創ろう!出雲の未来」を終えて、数多くの市民の皆様のご参加により、出雲青年会議所を知っていただいたこと、また活動を知っていただいたことで、出雲青年会議所の価値が上がり、事業を行った意味が本当にあったと感じました」と、ご挨拶をいただきました。

JCIクリード唱和は会員開発委員会 委員 村松 英俊 君

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は会員開発委員会 委員 高橋 直己 君

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は会員開発委員会 委員 和田 健哉 君です。

 

続いて、組織開発委員会の担当のもと、3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「私の尊敬する人」です。

スピーカーは、会員開発委員会 委員 村松 英俊 君です。

今年、会員開発委員会の委員として活動する中で感じた、同期の新入会員への尊敬と感謝の思いをスピーチいただきました。

講評者は、総務広報委員会 委員 是津 真之 君でした。

7月例会には、9月14日(土)に開催されます、島根ブロック協議会 「リーダー育成研修会!~あなたはどんなリーダーを目指しますか?~」のPRに、古藤 雅之 副会長と宇賀 務 委員長をはじめとする、挑戦する島根人創造委員会のメンバーの皆様にお越しいただきました。

委員会報告では、

「2019年度家族会」実行委員長を務めた、和田 健哉 君が参加の御礼で登壇されました。

また、会員開発委員会 委員長 岩﨑 利行 君より、8月30日(金)に開催します、「第2回異業種交流会~いずコラボ~」の参加依頼がありました。

組織開発委員会より、組織開発事業「AIと人間のCoexistence」のご協力とご参加の御礼がありました。

まちづくり委員会より、出雲市未来共同創造事業「みんなで創ろう!出雲の未来」のご協力とご参加の御礼がありました。

会員拡大特別会議より、資格規定に記載される「仮入会員」を「研修生」へと資格規定を変更したことのご報告がありました。

 

出向者報告では、

公益社団法人日本青年会議所 価値デザイン会議 委員 中尾 光伸 君より、6月16日(日)に開催した「価値デザインセミナー」の御礼と、サマーコンファレンス2019への参加のお願いで登壇されました。

続いて、公益社団法人日本青年会議所 中国地区 島根ブロック協議会 運営専務 赤木 仲君より、7月4日(木)に開催されました、2019年度会頭公式訪問への参加の御礼がありました。

最後に、監事講評では、監事 伊藤 篤 君より、「3分間スピーチで、新入会員がお互いのことを尊重し合って活動に取り組んでいる話を聞き、また例会の時間管理、7月通常総会の設え等、お互いに切磋琢磨し合い、お互いの成長した姿や一生懸命取り組んでいる姿勢を見ることができる出雲青年会議所は、本当に素晴らしい団体である」と本例会の総括をいただき、7月例会が終了致しました。

 

2019年度も半年が過ぎました。年当初から出雲青年会議所メンバー一同、共に切磋琢磨し、事業を実施して参りました。その中で、互いの信頼も築き、「共創」の精神によって自己成長を遂げて参りました。

仕事や事業の「成功」は保障できないが、出雲青年会議所に入会したメンバーの「成長」は保障されている。

これこそ、青年会議所の魅力でもあり、貴重な機会であります。

これからも、多くの機会を一人ひとりの手で掴み取り、率先して、自分自身のため・家族のため・会社のため・出雲のために力強く運動を行って参りますので、引き続きご期待ください。