一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

出雲市未来共同創造事業「みんなで創ろう!出雲の未来」

2019年7月9日(火)、ビックハート出雲にて、出雲市未来共同創造事業「みんなで創ろう!出雲の未来」を開催しました。

出雲市民の皆様に、出雲市で計画されている新体育館建設を通して、パブリックコメントについて知っていただくとともに、出雲市の行政に関わりを持つ第一歩にしていただきたいと考え、事業を実施致しました。

 

冒頭、一般社団法人出雲青年会議所 理事長 松田 岳士 君よりご挨拶をいただきました。

続いて、まちづくり委員会 担当理事 山崎 英樹 君より本事業の趣旨説明を行いました。

続いて、出雲市 市民文化部 文化スポーツ課スポーツ特別事業室 室長 矢田 和則様をお迎えし、「出雲市新体育館」に関する、建設理由、老朽化問題と現段階における建設進捗について説明を行っていただきました。

また、パブリックコメントがなぜ必要なのか、どのようにして出雲市に意見を伝えるのかを説明いただき、参加者の皆様にパブリックコメントを通じた行政参加について学んでいただきました。

続いて、秋田県より秋田県由利本荘市 まるごと営業部 まるごと売り込み課 スポーツ・ヘルスコミッション推進室 課長補佐兼室長 山住 賢一 様をお招きし、秋田県由利本荘市にある「由利本荘アリーナ」建設に携われたご経験やどのように取り組まれたのか等、体育館を通した地域貢献の事例をお話いただきました。

 

「すべての市民が安全・安心・快適に利用できる複合 型交流拠点の創出」を基本理念に掲げ、「スポーツ交流」、「防災」、「賑わい交流」を推進する拠点施設として、国の防災・安全社会資本整備交付金を活用し、2015年12月から施設整備を進めているプロジェクトです。

 

その後のパネルディスカッションでは、

コーディネーターとして、

出雲市議会議員 湯淺 啓史 氏

パネリストとして、

出雲市副市長 藤河 正英 氏

秋田県由利本荘市 まるごと営業部 まるごと売り込み課 スポーツ・ヘルスコミッション推進室 課長補佐兼室長 山住 賢一 氏

島根県立大学 出雲キャンパス 学長 代行 山下 一也氏

一般社団法人出雲青年会議所 理事長 松田岳士 君

とともに、新体育館建設における疑問点を始め、コストパフォーマンスや継続コスト、体育館建設に関するパブリックコメントを送る重要性など、有意義な議論が行われました。

ご来場いただいた皆様より、新体育館建設について現状理解が深まったこと、またパブリックコメントを市民から出雲市に発信することの大切さを学んだこと、出雲市の未来について考える機会になった、という声を数多くいただきました。

 

最後に、副理事長 園山優樹 君より本事業のまとめがありました。

本事業を通じて、ご来場いただいた皆様が出雲市新体育館建設に向けて、その過程と必要とされる設備や活用法を考える機会を持ち、また行政に対して意見を述べる経験が今後の出雲市行政に関わるきっかけに繋がると考えます。

またパネルディスカッションで有識者の意見を聞くことで、出雲市の政策に対する知識を深め、より多くの意見が出せるきっかけになったと考えております。

自分たちの住むまちの未来について、自分自身で考え、そして意見を伝えることが、より良い「出雲の未来」となる。

そのことを確信する事業となりました。

 

本事業にご来場いただきました皆様、ご協力いただきました全ての皆様に御礼申し上げます。