一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

4月例会行事「AIと共存し生き残るために~業務プロセスの可視化を学ぶ~」

4月16日(火)、出雲商工会議所6F大ホールにて、4月例会行事「AIと共存し生き残るために~業務プロセスの可視化を学ぶ~」が開催されました。

本例会行事は、メンバーそれぞれの業務内容を明らかにするため、業務フローの概要を学ぶことにより業務を見える化し、自動化できることと、できないことを認識するをこと学んでいただくことを目的に開催されました。

はじめに、組織開発委員会 担当理事 森本 隆史 君より趣旨説明が行われました。

 

 

その後、業務フローの概要説明や日本における社会的背景の紹介を、

組織開発委員会 委員 竹下 頌太郎 君が説明し、

業務フローをどのように企業で活用しているのか、なぜ必要なのかを学びました。

 

 

続いて、業務フローの作成方法を組織開発委員会 委員 石橋 直樹 君に説明していただきました。

 

 

そして、ワークでは、メンバーそれぞれの仕事における業務や工程を図に書き起こし、業務フローを作成しました。

 

     

 

その後、各テーブルごとに作成した業務フローの各工程に、AIを導入することにより自動化できることと、できないことを発表しました。また、多角的な視点から、業務について意見を交わす等、学びの多い時間となりました。

 

     

 

まとめでは、AIの重要性を認識するとともに、自動化することにより効率化をすすめることができると認識した一方、人間にしかできないことを再認識し、人間の重要性についても学ぶことができました。

担当は、組織開発委員会 委員 高橋 良治 君に務めていただきました。

 

 

最後に、組織開発委員会 委員長 石橋慎也 君より、本例会行事の総括を行い例会行事は終了しました。

 

 

今回、例会行事を通して、業務を可視化することにより、自分の関係する業務の流れをつかむことができました。さらに、今後AIが普及してきた時、どのように活用できるのか、我々人間ができることは何かを考える機会にもなりました。

一般社団法人出雲青年会議所は、これから始まる新時代の中でも、人と人とが手を取り合い、お互いに切磋琢磨し、相手のことを思いやる気持ちを大切に活動を展開して参ります。

4月例会

2019年4月16日(火)、出雲商工会議所6階大ホールにて4月例会が執り行われました。

理事長 松田岳士 君より、平成最後の例会を多くのメンバーで迎えられたことへの感謝の言葉と、令和最初の5月例会を、全メンバーで迎えられるように各委員会の協力をお願いしたいと、ご挨拶をいただきました。

JCIクリード唱和は会員開発委員会 幹事 泉真太郎  君

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は会員開発委員会 委員 高橋直己 君

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は会員開発委員会 委員 中島浩司 君です。

 

続いて、組織開発委員会の担当のもと、3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「私のセールスポイント」です。

スピーカーは、会員開発委員会 委員 高橋直己 君

講評者は、組織開発委員会 委員 石橋直樹 君でした。

 

4月例会には、平下茂親理事長をはじめとされます一般社団法人江津青年会議所のメンバーの皆様が、創立45周年のPRにお越しいただきました。9月21日(土)と9月22日(日)にかけて、記念ゴルフコンペ・記念式典・祝賀会が執り行われます。我々、出雲青年会議所メンバーも同志として、参加させていただきます。

委員会報告では、会員開発委員会より、4月26日(金)に開催される異業種交流会~いずコラボ~の参加者募集協力のお願いがありました。

続いて、組織開発委員会より6月22日(土)に開催する組織開発事業「AIと人間のCoexistence」に向け、チケット販売説明会のご案内がありました。

続いて、会員拡大特別会議より、会員拡大へのご協力のお願いがありました。

会員消息では、松尾章 君、米原誠一 君、中島浩司 君が今月の誕生日をお祝い致しました。

監事講評では、監事 米原誠一 君より、3月までは考えるJCと言われるが、4月からは行動するJCであると述べられ、これから始まる事業に向けて、理事長の思い、委員長の思いを全メンバーで共有し、4月例会を終了致しました。

来月は、「令和」最初の例会となります。出雲青年会議所では、毎月16日を例会日と定めており、全メンバーが集う機会であります。平成最後の例会に馳せた思い、そして「令和」最初の例会に馳せる思いを、メンバー一人ひとりが持ち、出雲青年会議所を築いてこられた先輩諸氏に感謝するとともに、明るい豊かな社会を築くため、今後も一層力強く出雲青年会議所は邁進して参ります。