一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

3月例会行事「SDGsのすゝめ」

2019年3月16日(土)、出雲商工会議所6階大ホールにて3月例会行事「SDGsのすゝめ」が開催されました。

本例会行事は、現在注目度が高まっているSDGsについて、メンバー一人ひとりがSDGsを知り、理解を深め、日々の活動がSDGsとつながっていることを学んでいただくために開催されました。

はじめに、総務広報委員会 担当理事 江角彰則君より趣旨説明が行われました。

その後、SDGsの概要説明や日本における企業の取り組み事例を紹介し、SDGsをどのように企業で活用しているのかを学びました。

SDGsの概要説明を総務広報委員会 委員 加藤圭吾 君

企業の取り組み事例紹介を総務広報委員会 委員 是津真之 君に担当していただきました。

 

そして、ワークでは、実際に自社で行っている活動や取り組みがSDGsに該当するのかどうかを考えて書き出してみました。

 

その後、各テーブルごとに自社の取り組みや自身の活動がSDGsにつながっているということを発表し共有し合いました。

 

 

まとめでは、SDGsのロゴマークを使用する際の注意事項等、コンプライアンスについて学びました。

担当は、総務広報委員会 委員 山根哲真 君に務めていただきました。

最後に、総務広報委員会 委員長 今岡正基 君より、本例会行事の総括を行い例会行事は終了しました。

まだまだSDGsの認知度が低いのが現状ですが、出雲青年会議所としてSDGsに取り組むとともに、メンバーそれぞれの企業でもSDGsを活用し、より良い社会を築くことができるように、学びを深め、行動に移し「明るい豊かな社会」を実現して参ります。

3月例会

2019年3月16日(土)、出雲商工会議所6階大ホールにて3月例会が執り行われました。

冒頭、理事長 松田岳士 君より、「15日・16日に開催した拡大セミナーにおいて、中田善弘先輩のお話を拝聴し、礼の姿勢や他者とのコミュニケーションの仕方を意識して、明るくて元気が良くて清潔で礼儀正しい人間になるように、全メンバーで意識して日々の仕事や活動を行って参りましょう」と、ご挨拶をいただきました。

JCIクリード唱和は会員開発委員会 委員 中島浩司  君

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は会員開発委員会 委員 村松英俊 君

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は会員開発委員会 委員 高橋直己 君です。

 

続いて、組織開発委員会の担当のもと、3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「私がおススメする一冊の本」です。

スピーカーは、総務広報委員会 委員 是津真之 君

講評者はまちづくり委員会 委員 永田一訓 君でした。

委員会報告では、まちづくり委員会より、6月2日(日)出雲大社神苑相撲場で開催します、第5回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所のご案内と参加者募集協力のお願いがありました。

出向者報告では、

公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会 挑戦する島根人創造委員会に出向している岡彩子君より、4月14日(日)に開催する「SDGsを知ろう!~持続可能な島根の創造に向けて~」の事業案内と参加のお願いがありました。

会員消息では、3月2日に組織開発委員会 担当理事 森本隆史 君にお子様がご誕生された報告と3月に誕生日を迎える会員より一言ずつ1年の決意や近況の報告がありました。

監事講評では、監事 伊藤篤 君より、「ただ例会や例会行事に参加するのではなく、事前に案内文を読み、どのような例会行事が行われるのかを確認してから参加するのとでは、学びに差が出るので、事前に確認をしてから参加してほしい」と本例会の総括をいただき、3月例会が終了致しました。