一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

2019年度島根ブロックナイト

2019年3月2日(土)、島根県江津市 パレット江津にて、公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会主催、2019年度島根ブロックナイトが開催されました。

2019年度島根ブロックナイトは、公益社団法人日本青年会議所の基本方針並びに島根ブロック協議会の掲げる基本方針「よりよき未来へ 次代に紡ぐ島根の創造」を島根県内各地会員会議所のメンバーと共有し、より一層の協力関係を築くことを目的して開催されました。

2019年度は一般社団法人出雲青年会議所からも7名の出向者を輩出しております。その中で、持続可能な島根確立委員会に副委員長として出向している高橋良治君が当日の司会進行を務めました。

開催に先立ち、開催地LOMを代表し一般社団法人江津青年会議所理事長 平下重親君により、LOMを越えて交流する良い機会であるとご挨拶いただきました。

2019年度島根ブロックナイトは、島根県内9カ所ある青年会議所が一堂に会し、公益社団法人日本青年会議所2019年度会頭 鎌田長明君の名代として公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会2019年度島根ブロック協議会 会長 山崎桂一君より2019年度の運動方針並びに事業の説明が行われました。

公益社団法人日本青年会議所では、基本理念に「誰もが挑戦できる 幸せな国 日本の創造」を掲げ運動を展開するとご説明をいただきました。そして基本方針の一つである「誰も取り残さない持続可能な社会への改善」を中心に、国連によるSDGs(持続可能な開発目標)に取り組むことの大切さをお話いただきました。

その後、島根ブロック協議会の担当副会長、委員長より2019年度の事業について説明がありました。一般社団法人出雲青年会議所からも、影山晃司君が副会長として出向し、担当する島根の絆創造委員会のご紹介がありました。

2019年度島根ブロックナイト終了後は懇親会が開催され、出雲青年会議所のメンバーもLOMを越えて県内の青年会議所メンバーと交流し情報交換をさせていただきました。

一般社団法人出雲青年会議所としても、島根県が抱えるインフラ整備や少子高齢化、人口減少といった多くの課題に対して、青年として一歩でもよくできるように取り組んで参ります。