一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

10月例会行事「2019年度組織並びに基本運動方針」

10月16日

出雲商工会館6階大ホールにて

10月例会行事「2019年度組織並びに基本運動方針」が開催されました。

来年度一般社団法人出雲青年会議所がどのような基本運動方針で活動を行っていくのか、2019年度理事長予定者 松田 岳士 君が基本運動方針を力強く説明致しました。

 

そして

2019年度正副理事長会議メンバー並びに監事の紹介です。引き締まった雰囲気の中で始まりましたが、松田理事長予定者よりそれぞれメンバーへの熱い思いを紹介されました。紹介された2019年度の正副理事長会議メンバーは一人ひとり登壇し、緊張の面持ちです。

 

続いて

直前理事長予定者 影山 晃司 君、顧問予定者 成瀬 公平 君が挨拶を行いました。

 

そして

副理事長予定者 矢田 賢太郎 君より挨拶と会員開発委員会のスタッフ予定者の紹介です。担当理事予定者に森山 恵介 君、委員長予定者に岩﨑 利行 君、幹事予定者に泉真太郎君が紹介されました。矢田副理事長予定者は念願の会員開発委員会です。

 

続いて

副理事長予定者 中尾 光伸 君より挨拶と組織開発委員会のスタッフ予定者の紹介です。担当理事予定者に森本 隆史 君、委員長予定者に 石橋 慎也 君、幹事予定者に佐藤 晋平 君が紹介されました。

 

続いて

副理事長予定者 園山 優樹 君より挨拶とまちづくり委員会のスタッフ予定者の紹介です。担当理事予定者に山崎 英樹 君、委員長予定者に勝部 託史 君、幹事予定者に種平 広樹 君が紹介されました。勝部委員長予定者はこの日のために頭を丸め気合いを表しています。

 

続いて

専務理事長予定者 宮本 晋吾 君より挨拶と総務広報委員会のスタッフ予定者の紹介です。松田理事長予定者とがっちり握手をして登壇です。担当理事予定者に江角 彰則 君、委員長予定者に今岡 正基 君、幹事予定者に北脇 祥大 君が紹介されました。

 

そして

会員拡大特別会議の議長予定者 森山 恵介 君と副議長予定者 江角 彰則 君が紹介されました。

 

続いて

会計理事予定者 児玉 俊介 君、監事予定者 伊藤 篤 君、監事予定者 米原 誠一 君が挨拶を行いました。

 

そして

出向予定者紹介です。紹介されたメンバーは登壇し理事長と力強く握手を行います。

 

公益社団法人日本青年会議所の監事予定者並びに公益社団法人日本青年会議所中国地区協議会の直前会長予定者として成瀬 公平 君、公益社団法人日本青年会議所のJC拡大会議広報幹事予定者として金村 英俊 君が出向します。

公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会へは、副会長予定者 影山 晃司 君、運営専務予定者 赤木 仲 君、副会長補佐予定者 竹下 頌太郎 君が出向します。

6JC経済文化交流会へは会長予定者 吉田 幸太 君、事務局長予定者 山崎 英樹 君が出向します。

最後に出向者を代表して6JC経済文化交流会会長予定者 吉田 幸太 君が挨拶を行いました。

2019年度の出雲青年会議所の役員予定者並びにスタッフ予定者は松田理事長予定者が掲げた基本運動方針を実践しより良い出雲を創造して行きます。出向予定者は出雲青年会議所を代表しLOM外での活躍も期待されます。

 

 

10月例会

10月16日(火)
出雲商工会館6F大ホールにて10月例会が執り行われました。

まずは総務広報委員会 矢田担当理事のご挨拶後 例会リハーサルを開始いたします

今月も随所にチェックを行いながら細部にわたる所まできっちり設営いたします。

 

黙々と準備をする総務広報委員会の傍ら、

本日の例会に向けて仕上げてきた

会員開発委員会 今岡幹事&

ひと・まちネット委員会 勝部幹事

 

そんな今岡幹事

本例会にビジターとしてご参加いただきます

一般社団法人平田青年会議所 会員開発委員会 多々野委員長と

一般社団法人平田青年会議所 会員開発委員会 委員青木君に満点の笑顔でご挨拶

 

そして

定刻の19時30分に厳粛な雰囲気が漂う中10月例会開会

 

JCIクリードの唱和を

会員開発委員会 委員 北脇祥大君

 

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は

会員開発委員会 委員 佐藤晋平君

 

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は

会員開発委員会 委員 種平広樹君

 

そして何より10月例会は出雲青年会議所伝統の

仮入会員初参加の日でもあります。

 

冒頭に

理事長 影山 晃司君のご挨拶では

意識・考え方・ルール・見方についてお話をいただいた後

仮入会員に対して歓迎のお言葉とエールをいただきました

 

そして緊張感に包まれた中

2019年度会員開発委員会 委員長予定者 岩﨑利行君より

2018年度仮入会員のご紹介

 

その後

専務理事報告では

11月に開催される事業についての案内をいただきました

 

そして委員会報告では

ひと・まちネット委員会 永田委員長より

会員拡大に対してのお礼で登壇

 

出向者報告では

出雲青年会議所より

公益社団法人日本青年会議所

国家戦略グループ サマーコンファレンス運営特別委員会

に副委員長として出向している松田 岳士君より

9月22日にウェルシティ出雲にて開催された合同懇親会開催のお礼で登壇

 

会員消息では

卒業生の会員開発委員会 担当理事 蝶野正和君が

たっぷりとした間で ユニークなパフォーマンスをご披露いただきました。

 

10月例会行事終了後の監事講評では

監事 春日 功一朗君より

本日の例会・例会行事の講評に加え

天命・運命・使命のそれぞれの捉え方に、心構えについて

そして仮入会員に対してのエールをいただきました。

 

10月例会も多くのメンバーの参加のもと

そして待望の仮入会員と共に滞りなく開催することが出来ました。

10月協議会

10月9日(火)
JCセンター図書館において
10月協議会が開催されました。

 

始めに
理事長 影山晃司君の挨拶では

残された事業の重要性と、終了した事業に更に意味を持たせるために

しっかりと報告議案を委員会で協議する必要があるとご意見をいただきました。

 

今月の協議会は

2019年度担当理事、委員長、幹事がオブザーバーとして

参加していただいています。

 

今月の議案は
会員開発委員会 委員長 山崎 英樹君より2議案

ひと・まちネット委員会 委員長 永田 一訓君より2議案

総務広報委員会 委員長 加藤 圭吾君より1議案

2019年度正副理事長会議より1議案
以上6議案が上程されました。

 

まずは

第1号議案 会員開発委員会 委員長 山崎 英樹君より

異業種交流会~いずコラボ~報告の件について

 

続いて

第2号議案 2019年度正副理事長会議より

10月例会行事「2019年度組織並びに基本運動方針」事業計画の件について

2019年度 宮本理事予定者より説明

 

続いて

第3号議案 ひと・まちネット委員会 委員長 永田 一訓君より

仮入会員セミナー 事業計画の件について

 

続いて

第4号議案 ひと・まちネット委員会 委員長 永田 一訓君より

11月例会行事「卒業生大いに語る」事業計画の件について

 

続いて

第5号議案 総務広報委員会 委員長 加藤 圭吾君より

2018年度卒業式 事業計画の件について

 

本日最後の議案は

第6号議案

会員開発委員会 委員長 山崎 英樹君より

2018年度忘年会 事業計画の件について

 

以上

6議案中5議案が承認されました。

 

そして専務理事報告ではJCセンターの管理についてコメントをいただきました。

 

最後に

春日功一朗君による監事講評では

現在の議案に卒業生が対象となっていることの意味合い

現役メンバーが何をすべきか そして歴の浅いメンバーに

何を伝えていくべきかというご意見をいただきました。

 

2018年もいよいよあと3ヶ月となりましたが

出雲青年会議所といたしましてはやるべきことがまだまだたくさんございます。

メンバー一丸となって 更に加速して年末まで駆け抜けてまいります。

第18回理事会

10月9日(火)
JCセンター会議室におきまして
第18回理事会が開催されました。

 

冒頭に
理事長 影山晃司君より挨拶をいただき

残り3ヶ月に対しての意気込みと次年度の取り組み方についてご意見をいただきました。

 

そして

米原議長のもと

2019年度正副理事長会議より1議案の上程があり

全会一致にて承認されました。

 

その後

専務理事報告では

10月に開催される事業に関しての諸連絡をいただきました。

 

最後に

監事 吉田 智彦君による監事講評では

事業報告の重要性についてご意見をいただきました。

 

本日も

当会議所が出雲青年会議所の最高意思決定機関ということを

理事会メンバーは今一度再確認し

責任ある発言・行動を実践するという意識を共有できた時間となりました

第67回全国大会 2018宮崎大会

10月4日(木)から7日(日)

宮崎の地にて 第67回全国大会 2018宮崎大会が開催されました。

本大会は「愛と希望溢れる国 日本へ」をテーマに大会を構築し

2018年度日本JC運動の集大成の場として開催されました。

 

4日より参加している先乗りメンバーを除いた出雲青年会議所メンバーは

6日の早朝4時30分にJCセンターに集合し 交通安全のお守りを携え宮崎の地に向かいました。

本年度 島根ブロック協議会 事務局長として活躍しております 林 佑樹君がドライバーを務めました。

 

いざ出発・・の前に

全国大会無念の不参加となりました会員開発委員会メンバーが早朝より参加メンバーのお見送りに・・

 

長時間のドライブでしたが

卒業生の皆様と尽きることのないJCトークであっという間に関門海峡に到着いたしました。

 

そして無事に宮崎の地に到着いたしますと 先乗りされていました

影山理事長、成瀬地区担当常任理事、園山専務理事、松田次年度理事長予定者と合流し記念撮影

(超強風の為 皆 表情が固いです)

 

 

宮崎市のメディキット県民文化センターにて執り行われました第67回全国大会 宮崎大会 大会式典では

本年度会頭 池田 祥護君から、次年度会頭予定者 鎌田 長明君へとバトンが渡される場となりました。

 

そして来年度の全国大会の開催地である富山青年会議所へと、全国大会の鍵が渡されました。

 

当日は台風25号接近のため、当初の予定とは大きく異なりましたが無事に卒業式も行われました。

 

卒業生の皆様は、台風25号の影響で大幅に当初の予定が変更されましたが

長年のJC生活で培われた「限られた時間と与えられた環境の中でしっかりと楽しむ力」

を駆使して宮崎を堪能されました☆

 

そして!

本大会において「AWARDS JAPAN2018」が執り行われ

全国からエントリーされた468の事業から出雲青年会議所が昨年度開催いたしました

青少年事業「Boys be ambitious〜みんな同じ空の下〜」が人材育成部門で優秀賞を受賞し

各部門賞から更なる厳正な審査の末、会頭特別賞・準グランプリを受賞するという

出雲青年会議所創立史上初の快挙を成し遂げました!

 

出雲青年会議所といたしましても

日々の活動が全国で認められたということに自信を持ち

今回の全国大会で得た経験を活かして、地域を巻き込んだ企画、そして自己成長に繋がる事業を構築をしてまいります。