一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

6月例会行事「リーダー活性術〜導支による相互作用〜」

6月16日(土)青少年委員会の設営による

6月例会行事「リーダー活性術~導支による相互作用~」を執り行いました。

本事業は

組織におけるリーダーとそれを支える人の役割と必要性を認識し、強固な組織づくりの基礎を学ぶことを目的とした例会行事で、メンバーがリーダー役とリーダーを支えるフォロワー役に別れ、ゲームを通じてそれぞれの役割と必要性を学びます。

 

定刻の20時30分

青少年委員会 委員長 赤木仲君の司会により例会行事がスタート

 

冒頭に

青少年委員会 担当理事 伊藤 篤君の趣旨説明後

プログラムがスタートいたしました。

 

続いて、

青少年委員会 委員 森山 恵介 君がルール説明を行いました。

 

本プログラムは42枚のそれぞれ異なる情報が記載されているカードを使うゲームです。

手元のカードの情報をもとに、問題文の解答をチームで協力し合い、導いて行きます。

 

42枚のカードには正解を導くために必要な情報、不必要な情報が入り交じっています。

班のメンバーには6枚〜7枚のカードが配られ、リーダー役の指示のもと、情報を開示していきます。

カードの情報を口頭で伝えるのは可能ですが、それぞれ手持ちのカードを見せ合う事はできません。

 

参加メンバーはリーダーとそれを支える人の必要性を理解し

それぞれの立場から献身的な意見を出すよう考える必要があります。

 

ゲームはチーム制で、制限時間33分の時間の中で行いました。

ゲーム中は、リーダー役はチームを導くためにどう行動すべきか、そしてフォロワーはリーダーを支え、問題を解くためにどう支えるかを学びます。

 

そうした中からフォロワーが発言、サポートすることで信頼関係が深まり、組織の結束力がより強固になります。

 

個人個人が担う役割を理解した上で積極的な意見を出し、認識を共有することが必要不可欠です。

 

ゲームが終了し、解説は

青少年委員会 委員 江角 智也 君 が行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーム終了後、それぞれの班で検証を行い、自分たちがそれぞれどのように

行動することが適切であったか確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

導く役割、支える役割、それぞれ違う役割ですが

導き支え合う組織こそが強い組織であり

役割を自覚をすることで主体的かつ積極的な参加につながると考えます。

 

 

6月例会行事「リーダー活性術〜導支による相互作用〜」、参加メンバーにとって、リーダーとフォロワーの役割、自分の与えられた役割においてどう行動すべきかについて学ぶことのできる、充実した時間となりました。

 

 

6月例会

6月16日(土)
出雲商工会館6F大ホールにて6月例会が執り行われました。
今月もチェックを行いながら細部にわたる所まできっちり設営いたします。

 

今月の例会の司会は竹下 頌太郎君

スマイル担当は林 佑樹君です。

 

初の司会担当

総務広報委員会 委員 竹下 頌太郎君は

原稿内容と時間配分の最終チェックを時間ギリギリまで行っています。林君も最終確認中です。

 

今月は会員開発委員会が

7月1日に開催されます家族会のPRのため

早い時間からスタンバイしてメンバーが来るのを待ち構えています☆良い笑顔です☆

 

例会開会直前です。

本日はビジターとして

公益社団法人日本青年会議所 中国地区 島根ブロック協議会

憲法輿論確立委員会 委員長 田原 佳祐君

副委員長 天野 真君にお越しいただいております。

 

例会開会後

JCIクリードの唱和を

会員開発委員会 委員 山根 哲真君

 

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は

会員開発委員会 委員 北脇 祥大君

 

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は

会員開発委員会 委員 小林 優介君

 

冒頭に

理事長 影山 晃司君のご挨拶では

本年度が折り返し地点となり

本格的に事業が展開されてくる時期だからこそ、委員会の垣根を越え全メンバーが各事業を成功させる気概を持って自分のこととして活動していくことが重要である というお言葉をいただきました。

 

続いて3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「出雲のまちを発展させるために自分ができること」

青少年委員会 委員 江角 智也君による進行です。

 

発表者は

ひと・まちネット委員会 幹事 勝部 託史君

自身の視点から考えをしっかりと伝えていただきました。

 

講評者は

理事 玉木 暢 君

卒業生として勝部幹事に対して期待を込めたアツいメッセージをいただきました。

 

専務理事報告では

島根ブロック協議会

憲法輿論確立委員会 委員長 田原 佳祐君 副委員長 天野 真君より

合区選挙に関するアンケートと

合区解消に向けた憲法改正の署名の

お願いをしていただきました。

 

そして出向者報告では

公益社団法人 日本青年会議所

サマーコンファレンス特別運営委員会の皆様より

7月に開催されますサマーコンファレンスのPRと

規則審査会議 委員 江角 彰則君より

サマコンでの事業の案内がありました。

 

中国地区協議会からは

JCI ASPAC鹿児島大会のお礼がありました。

 

島根ブロック協議会

事務局長 林 佑樹君より

島根ブロックスポーツ大会のお礼がありました。

 

その他報告では

野球部とバレー部が

島根ブロックスポーツ大会の報告を行いました。

 

会員消息では

6月の誕生会員にご自身の最新トピックスを交えたスピーチをしていただきました。

 

1ヶ月の活動を報告するスマイルタイム

林君はしっかり練習した成果が出ていました。

☆林君も児玉君に続いてご縁が結ばれることを祈念しています☆

 

例会行事終了後の監事講評では

監事 春日 功一朗君より

時間を守ることの意味合いについてご意見をいただきました。

 

6月例会も多くのメンバーの参加のもと

滞りなく開催することが出来ました。