一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

5月例会行事「日本で一番チャレンジしやすいまちの作り方」

5月16日(水)

出雲商工会館6階大ホールにて

5月例会行事

「日本で一番チャレンジしやすいまちの作り方」が開催されました。

 

日本の若者は世界的に見ても 挑戦することを避けるという調査結果があります。そんな中 雲南市は「チャレンジのしやすいまち」として注目を浴びています。なぜそう呼ばれるようになったのか、何がチャレンジをしやすくするのかについてNPO法人おっちラボの代表理事である矢田明子氏を講師にお招きし、ご講演いただきました。

 

今回は矢田講師のお話を広く聞いていただく為に、例会行事を一般公開し、参加者を募りました。その結果、50名を超える多くの方々に来ていただきました。

 

まず始めにひと・まちネット委員会担当理事の中尾光伸君より趣旨説明と講師紹介が行われました。

 

ご講演では

雲南市の行政を巻き込み「地域全体でチャレンジを応援する大切さ」をご自身の体験からお話しいただき、 チャレンジを成功させ、活躍する人財の育成には、挑戦をする側だけでなく、それをサポートする側の存在が重要だという学びをいただきました。

 

今回の例会行事では

まちづくり団体の活動と、行政とまちづくり団体と民間が連携することで、まちを成長させていくことの大切さを知っていただく機会となりました。

地域課題の解決には、若者の積極的な挑戦が解決の鍵となります。
若い力だからこそできる活動にこれからも取り組んでいきます。

今回

力漲るご講演をいただきました矢田明子先生

そして

本例会行事にご参加いただきました皆様 本当にありがとうございました。

5月例会

5月16日(水)
出雲商工会館6F大ホールにて5月例会が執り行われました。
今月もチェックを行いながら細部にわたる所まできっちり設営いたします。

 

 

 

今月の例会の司会は加藤委員長
スマイル担当は竹下頌太郎君です。

 

 

初のスマイル担当の竹下君は

原稿内容と時間配分の最終チェックを時間ギリギリまで行っています。

 

今月の例会行事を担当する

ひと・まちネット委員会

担当理事 中尾 光伸君

委員長 永田 一訓君

本番を直前にピリピリしています!

 

例会開会直前です。

本日はビジターとして

松井 和明理事長をはじめとされます

一般社団法人米子青年会議所の皆様にお越しいただいておりますので

より緊張感が漂っています。

 

例会開会後

JCIクリードの唱和を

会員開発委員会 委員 佐藤 晋平君

 

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は

会員開発委員会 委員 泉 真太郎君

 

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は

会員開発委員会 委員 是津 真之君

 

冒頭に

理事長 影山 晃司君よりご挨拶をいただきました。

ご挨拶では

本格的に各委員会で事業が展開されていくからこそ

今まで以上に委員会内でのコミュニケーションを図り

先月の例会行事で自身で掲げた実践項目を各人がしっかりと遂行していくことが重要であるというメッセージをいただきました。

 

続いて3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「あなたの夢の叶え方」

青少年委員会 委員 森本 隆史君による進行です。

 

発表者は

会員開発委員会 委員 種平 広樹君

自身の考えを主軸に JCでの在り方を踏まえた堂々としたスピーチでした。

 

講評者は

青少年委員会 委員 坂根 壮一郎君

卒業生として種平君に対して期待を込めたアツいメッセージをいただきました。

 

専務理事報告では

米子青年会議所の皆様より

創立60周年の案内並びに参加の呼びかけをいただきました。

 

そして出向者報告では

島根ブロック協議会

事務局長 林 佑樹君より

先般開催されたソーシャル・アントレプレナー育成研修のお礼と

来る6月2日(土)3日(日)に

隠岐の島のちにて開催されます

島根ブロックスポーツ大会の案内がありました。

 

会員消息では

5月の誕生会員に素晴らしいスピーチをしていただきました。

 

 

1ヶ月の活動を報告するスマイルタイム

竹下君はしっかり練習した成果が出ていました。

これからも携帯電話をしっかり携帯してください。

 

例会行事終了後の監事講評では

監事 吉田 智彦君より例会・例会行事の総括をいただくと共に

総務広報委員会は引き続きしっかりとメンバーの活動を把握し

更にリサーチしてメンバーにスポットを当ててほしいと

エールをいただきました。

 

5月例会も多くのメンバーの参加のもと

滞りなく開催することが出来ました。

 

 

出雲市倫理法人会モーニングセミナー卓話

5月15日(火)

出雲市倫理法人会の皆様と出雲青年会議所メンバーによる

合同懇親会がまほろば出雲にて開催されました。

 

出雲倫理法人会には、出雲青年会議所の先輩諸兄も活躍しておられ

出雲青年会議所現役メンバーも所属しております。

(毎日 職場の教養の読み合わせを社内で実践中の 総務広報委員会 加藤委員長)

 

そして開宴に先立ち

出雲倫理法人会

景山 孝司会長によるご挨拶

そして

一般社団法人出雲青年会議所

影山 晃司理事長のご挨拶の後

島根県倫理法人会

古川雅巳会長の乾杯のご発声により

懇親会は開宴いたしました。

 

本懇親会では

それぞれの団体の活動内容

そして活動に対しての想い、目標を発表させていただきました。

 

本会を通して

倫理法人会と青年会議所それぞれの団体の存在意義・存在価値を承認しながら

有意義な時間を共有させていただくことができました。

 

そして翌日の5月16日(水)

朝6時より出雲ロイヤルホテルにて開催されました

出雲市倫理法人会様のモーニングセミナーにご招待いただき

一般社団法人出雲青年会議所 第62代理事長 影山晃司君が卓話を行いました。

 

卓話では

出雲青年会議所の組織についてお話しをいただき

本年度の活動内容

開催されてまいります事業のご案内

更には

5月20日(日)に開催されます「第4回野見宿禰わんぱく相撲大会 出雲場所」

そして会員拡大をテーマとしたスピーチを行いました。

 

当日も

出雲市・雲南市地域において 様々な業種でご活躍されている

出雲市倫理法人会の皆様に、大変温かく迎えていただきました。

 

今後も

出雲倫理法人会、そして出雲青年会議所それぞれの団体が

いつの時代も地域社会に必要とされ続ける団体となるよう

今 所属しているメンバーが源となり

志を同じくした仲間と共に自己成長を重ねてまいります。

 

景山会長をはじめとされます出雲倫理法人会の皆様

2日間に渡りお時間をいただき 誠にありがとうございました。