一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

3月例会行事「改善~常に進化し続けるために~」

2018年3月16日(金)出雲商工会議所にて3月例会行事「改善~常に進化し続けるために~」が開催されました。

企業や団体にとって生産のしくみや考え方を見つめ直し業務改善を進めることは、成長して行く上で必要な事柄と言えます。今回の例会行事では、改善の項目である、5S・ムダ取り・生産の流れについて学びました。

まず始めに青少年委員会担当理事 伊藤篤君より趣旨説明が行われました。

そして、ルール説明の後ゲームに移ります。

箱の中に入っているレゴブロックから必要な部品だけを取り出して、どのグループも同じ「レゴ犬」を組み立てます。「レゴ犬」を自社の製品と見立て、如何に効率良く組立作業を行うことができるかをグループ毎に体感します。

ちなみにこの「レゴ犬」は青少年委員会 赤木委員長が作成したものをお手本に作成していきます。

まずはグループ毎に意見を出し合って10分以内にレゴブロックを組み立てます。

次に1回目の組立作業を踏まえ、2回目の組立作業に臨みます。

2回目は「1分以内に完成する」という課題のもと、1分以内に組立てるためにはどうすれば良いかを各グループごとに考え話し合いました。この意見の一つひとつが改善につながります。各グループとも活発に意見交換が行われました。

そして、話し合いと練習を踏まえて2度目の組立作業に挑戦です。

1分という時間制限と細かい作業、そして班の連携スピードが必要とされる中、見事わずか約30秒で組立が完了したグループもありました。

最後に担当の青少年委員会委員長 赤木 仲君より、改善とは何か、改善を今後の活動にどのように活かしていけば良いかについての説明がありました。

この例会事業を通して、ものごとを客観的に見る必要性を学び、常に向上心を持って活動する意識を養うことができました。

 

3月例会

2018年3月16日(金)

出雲商工会館6F大ホールにて3月例会が執り行われました。

2018年度総務広報委員会としては3回目の例会設営です。

今月も万全の準備で本番を迎えます。

 

今月の例会の司会は

総務広報委員会 委員 岩﨑 利行君です。

 

今月のスマイル担当の

総務広報委員会 委員 高橋 良治君

原稿と時間配分の最終チェック中です。

 

そして定刻の19時30分

一般社団法人出雲青年会議所3月例会の開会です。

 

JCIクリードの唱和は

会員開発委員会 委員 小林 優介君

 

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は

会員開発委員会 委員 種平 広樹君

 

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は

会員開発委員会 委員 是津 真之君

 

そして

理事長 影山 晃司君よりご挨拶をいただき

求める力の大小で人生の成果、成長が大きく変わること、

更に

向き合う気持ちの大小でその事業の達成が大きく左右されるので しっかりと知識を増やし磨いていく必要がある

というお言葉をいただきました。

 

続いて3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「あなたの夢の叶え方」

 

発表者は

会員開発委員会 委員 泉 真太郎君

 

講評者は

ひと・まちネット委員会 委員 中井 洋輔君

 

続いて、島根ブロック協議会

副会長 西村 圭介君

奇跡を起こす人財育成委員会

委員長 吉田 祐基君

副委員長 山藤 孝哲君より

島根ブロック協議会の事業の案内がありました。

 

委員会報告は

青少年委員会より

第4回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所の

開催の案内がありました。

 

出向者報告では

島根ブロック協議会

事務局長 林 祐樹君より

島根ブロックナイトの御礼並びに会頭公式訪問の案内がありました。

 

そして会員消息。

3月の誕生会員は

副理事長 金村 英俊君

青少年委員会 委員 森山 恵介君でした。

 

スマイル担当は

総務広報委員会 委員 高橋良治君

シミュレーション通りの時間配分で

1ヶ月間の出雲青年会議所の活動内容にユーモアを加えて報告をいたしました。

 

例会行事終了後の監事講評では

吉田 智彦君より本例会、例会行事の総括をいただくと共に

青年会議所活動において、負荷をかけることで得られるものを

ご自身の経験をもとにお話しいただきました。

 

3月例会も多くのメンバーの参加のもと、

滞りなく開催することができました。