一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

国家戦略グループ 安全保障確立委員会 合同懇親会

2月22日(木)出雲ロイヤルホテルにて、公益社団法人日本青年会議所

国家戦略グループ 安全保障確立委員会合同懇親会が開催されました。

日本青年会議所 副会頭 渡 康嘉君、国家戦略グループ担当常任理事 光田侑司君、

委員長 鶴山雄一君をはじめ、安全保障確立委員会メンバーがお越しくださいました。

 

前日、2月21日(水)に安全保障確立委員会の皆様は全国に先駆け、

今市小学校にて出前授業「おまもりプログラム」を開催。

カードゲーム感覚で子どもたちに安全保障についての知識、意識を高める時間となりました。

 

おまもりプログラムの詳細については2月21日の記事をご覧下さい。

公益社団法人日本青年会議所 安全保障確立委員会「おまもりプログラム」

 

まずはじめに一般社団法人出雲青年会議所理事長の影山晃司君より皆様に挨拶を申し上げました。

 

続いて、渡副会頭よりご挨拶をいただきました。

 

続いて一般社団法人出雲青年会議所の直前理事長 成瀬公平君より乾杯のご挨拶をいただきました。

 

懇親会の中では、公益社団法人日本青年会議所国家戦略グループ担当常任理事の光田侑司君に安全保障確立委員会とサマーコンファレンス運営特別委員会のご紹介をいただきました。

 

 

そして、安全保障確立委員会委員長の鶴山雄一君と、出雲青年会議所から出向しておりますサマーコンファレンス運営特別委員会副委員長の松田岳士君に委員会の活動紹介など熱のこもったご挨拶をいただきました。

 

今回ご出席いただきました皆様は、鹿児島県、石川県など全国各地からお越しいただいています。

普段の生活ではなかなかお会いすることができない方と出会うことができることも青年会議所活動の魅力です。

出雲青年会議所では多くのメンバーが出向しており、出向を通じて、様々な人々と出会うチャンス、

色々な場所に行き、学びを得るチャンスが数多くあります。

_

 

 

今後も出雲青年会議所ではLOM全体で日本青年会議所、出向メンバーを応援し、皆様を支えていきます。

合同懇親会にご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!

 

「竹島の日」記念式典 竹島・北方領土返還要求運動県民大会

2月22日に、今回13回目となります

島根県条例で定める「竹島の日」記念式典が、松江市の島根県民会館にて執り行われました。

当日は主催者・来賓・一般参加者を合せて約450名での開催となりました。

出雲青年会議所からは

理事長 影山 晃司君

専務理事 園山 優樹君

 

そして出向者の

公益社団法人日本青年会議所 中国地区協議会

中国地区協議会 会長 成瀬 公平君

中国地区協議会 事務局長 江角 彰則君

公益社団法人日本青年会議所 中国地区島根ブロック協議会

事務局長 林 佑樹君

 

 

以上のメンバーが参加いたしました。

平成17年に島根県が「竹島の日を定める条例」を制定したことに国が反対したことをきっかけに、返還に向けての輿論が盛り上がりをみせるようになり、国もようやく力を入れ始めるようになりました。式典に先立って午前中に行われた、地元の方々と国会議員、県議会議員の方々を交えた約150人が11グループに分かれ開催された意見交換会では、参加者の目、発言は真剣そのものでした。

 

記念式典では

公益社団法人日本青年会議所からも渡康嘉副会頭がご挨拶をされました。

 

そして

竹島問題に関する調査・研究などで功績のあった方々へ感謝状の贈呈が行われました。

 

その後

「竹島問題に向けた取り組み」をテーマにシンポジウムが開かれました。