一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

湖陵福祉センター自主事業「不登校児童生徒への寄り添い方」講演会

2018年2月3日(土)に湖陵福祉センターにて、「不登校児童生徒への寄り添い方」をテーマに、

臨床発達心理士の難波寿和氏の講演会が開催され、出雲青年会議所メンバーも参加させていただきました。

 

 

今回のご講演は出雲青年会議所OBの石原慎一先輩が理事長を務められます

特定非営利活動法人IZUMO自立支援センター様が指定管理者として運営する

湖陵福祉センター様の平成29年度自主事業として、実施されました。

 

 

 

ご講演では、難波先生自身が発達障害の当事者でいらっしゃる経験から、不登校児童生徒の抱えている苦しみや思い、また、このような子ども達への接し方について具体的な事例をもとに詳しくご説明いただきました。

 

 

全国の小中学校の児童生徒100名あたり1名から2名が不登校であるという現状は出雲市も例外ではありません。地域の大人たちが子どもたちの声に耳を傾け、支援して行く環境を作ることが、不登校の子どもやその親御様の不安を和らげて学校復帰を促進できる重要な役割であることを学ぶ機会となりました。