一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

2018年度 大掃除

12月16日(日)

JCセンターにて毎年恒例行事となっております 年末の大掃除を執り行いました。

日々多くのメンバーが集まり、たくさんの事業が生み出されているこの活動拠点を

感謝の意味も込めて入念に掃除を行います。

 

大掃除担当の

総務広報委員会 矢田担当理事と加藤委員長

事前の入念な打ち合わせを行います。

 

そしてメンバーが集まり影山理事長のご挨拶の後

大掃除スタートです。

 

☆彡卒業生の皆様にもお越しいただいての年末大掃除です☆彡

 

早速委員会別に分かれて徹底的に掃除・整理整頓を行います。

 

意外と手が付けられていない未開の空間がありましたが

勇気をもって向かっていきました。

 

ホワイトボードの頑固な汚れ、セロテープのこびり付きも徹底的に除去いたしました。

 

そして日々成長している植栽剪定も坂根卒業生の指導のもと行いました。

綺麗になった上にたくさんの処分物も出ました。

 

約2時間 雑談一切なしで掃除を行ったため

非常に綺麗になり整頓が行き届いた空間になりました。

 

そして影山理事長からの”あったか~い”差し入れを皆でいただきました。

影山理事長 ありがとうございました!!

 

本日の大掃除が

出雲青年会議所メンバーが一堂に集う本年度最後の日となりました。本年度はスローガン「Raison d‘etre」の下、メンバー一丸となって様々な運動を展開してまいりました。この学びと成長を来る2019年度の更なる弾みとなるよう、今後も青年会議所活動に邁進していきます。

 

 

 

県知事表敬訪問

12月5日(水)

島根県庁へ『AWARDS JAPAN2018』において準グランプリを獲得したことについて、県知事表敬訪問に行ってまいりました。

県庁に到着いたしますと まずは打ち合わせを行います。

本日の訪問内容といたしましては

10月4~7日に開催された全国大会2018宮崎大会での

「AWARDS JAPAN2018」において

全国からエントリーされた468の事業から出雲青年会議所が昨年度開催いたしました青少年事業「Boys be ambitious〜みんな同じ空の下〜」が人材育成部門で優秀賞を受賞したことと、会頭特別賞・準グランプリを受賞したことの報告をさせていただきました。

溝口知事には

出雲青年会議所が事業にかける思いと、参加いただいた学生様の事業後の意識の変化、そして本事業を通して得た経験、学びを報告させていただきました。溝口知事からもご質問を多数いただき、今後の我々の青年会議所活動に対してのエールをいただきました。

 

その後

商工労働部長の新田様とも面談をさせていただく機会をいただき

本事業の内容並びに報告をさせていただきました。

 

翌日には

出雲日日新聞に大きく掲載いただきました。

 

出雲青年会議所といたしましても

日々の活動が全国で認められたということに自信を持ち

得た経験を活かして、地域を巻き込んだ企画、そして自己成長に繋がる事業を構築をしてまいります。

2018年度 卒業式

12月2日(日)

武志山荘3Fにて卒業式を執り行いました。

始めに

副理事長 米原 誠一君より

開会の辞

JCIクリードの唱和を副理事長 宮本 晋吾君

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和を副理事長 金村 英俊君

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和を会計理事 吉田 幸太君

続いて

理事長 影山 晃司君よりご挨拶がありました。

続いて

卒業生の皆様から記念品の贈呈がありました。

続いて

卒業生の皆様出雲青年会議所での思い出を抽出して作成された卒業証書授与式が行われました。

 

現役メンバーがしっかりと時間をかけて作成した卒業証書を、影山理事長から卒業生お一人おひとりに対して読み上げていただきました。

 

続いて副理事長 米原 誠一君より

送辞。

 

続いて

卒業生の皆様から答辞です。

卒業生の皆様からの現役メンバーとして最後のメッセージはしっかりと我々の心に刻まれました。

 

副理事長 米原 誠一君より

閉会の辞

以上で卒業式が閉会いたしました。

卒業生の皆様ありがとうございました。

そして

ご卒業おめでとうございます!

12月例会

12月2日(日)
武志山荘3F富士の間にて12月例会が執り行われました。

本例会が2018年度最後の例会です。

今月もしっかりとチェックを行いながら細部にわたる所まできっちり設営いたします。

今月の例会の司会は総務広報委員会 担当理事 矢田 賢太郎君です。

 

例会開会後

JCIクリードの唱和を

ひと・まちネット委員会 担当理事 中尾 光伸君

 

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は

青少年委員会 担当理事 伊藤 篤君

 

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は

会員開発委員会 委員長 山崎 英樹君

 

冒頭に

理事長 影山 晃司君のご挨拶では

メッセージをいただきました。

 

続いて

園山専務理事による報告事項

 

会員消息では

12月の誕生会員にスピーチをしていただきました。

 

スマイルタイム

最後のスマイルは正副理事長会議よりいただきました。

 

最後に100%例会出席者の表彰式を執り行いました。

 

本年度最後となります12月例会も

多くのメンバーの参加のもと

滞りなく開催することができました。

11月例会

11月16日(金)
出雲商工会館6F大ホールにて11月例会が執り行われました。

本例会が2018年度出雲商工会館で行われる最後の例会です。

今月もしっかりとチェックを行いながら細部にわたる所まできっちり設営いたします。

 

今月の例会の司会は石橋 慎也君

スマイル担当は高橋 良治君です。

 

例会開会後

JCIクリードの唱和を

会員開発委員会 委員 泉 真太郎君

 

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は

会員開発委員会 委員 山根 哲真君

 

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は

会員開発委員会 委員 是津 真之君

 

冒頭に

理事長 影山 晃司君のご挨拶では

インド・ゴアでの世界会議に参加して、フィリピンに渡った昨年の青少年事業を振り返り、日常では行くことがない地でも青年会議所活動では得られる経験があるとメッセージをいただきました。

 

続いて3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「出雲のまちを発展させるために自分ができること」

青少年委員会  玉木 暢君による進行です。

 

発表者は

ひと・まちネット委員会 委員 児玉 俊介君

自身の視点から考えをしっかりと伝えていただきました。

 

講評者は

青少年委員会 委員 森本 隆史 君

的確な講評をいただきました。

その後は

園山専務理事による報告事項

そして委員会報告では

各委員会から1年間のお礼と最後の事業のお願いがありました。

2019年度会員開発委員会からは

京都会議の参加のお願いがありました。

 

そして出向者報告では

出向者の皆様から1年間のお礼がありました。

 

会員消息では

11月の誕生会員にスピーチをしていただきました。

 

1ヶ月の活動を報告するスマイルタイム

高橋 良治君はしっかり練習した成果が出ていました。

 

例会行事終了後の監事講評では

監事 吉田 智彦君

監事 春日 功一朗君より

最後まで時間内運営ができていること等

講評をいただきました。

 

11月例会も多くのメンバーの参加のもと

滞りなく開催することが出来ました。

11月通常総会

11月16日(金)
出雲商工会館6F大ホールにて11月通常総会が執り行われました。

11月通常総会の議長を務めますのは

監事 春日 功一朗君です。

 

第1号議案2018年度 一般社団法人出雲青年会議所 一般会計収支予算(案)の件を始め3議案が審議されました。

 

第1号議案は採決の結果、全員の賛成で可決されました。

 

続いての第2号議案「2019年度 一般社団法人出雲青年会議所 理事予定者選任の件」も全員の賛成で可決されました。

 

2019年度理事予定者 金村 英俊君より

2019年度に向けての想いを語っていただきました。

 

続いて

第3号議案「一般社団法人出雲青年会議所 2019年度理事長・理事選任並びに監事選任の件」も全員の賛成で可決されました。

2019年度理事長・理事並びに監事の皆様です。

 

全議案全員の賛成で可決され、

11月通常総会は滞りなく閉会となりました。

11月協議会

11月7日(水)
JCセンター図書館におきまして
11月協議会が開催されました。

 

始めに
理事長 影山晃司君の挨拶では

インド(ゴア)にて開催されました世界会議における青年会議所のJCIとしての国際的な活動を体感することができたということ、そして出雲青年会議所として2019年へしっかりとバトンを繋ぐためにも残りの期間で今年度の検証を各委員会で行うことの必要性・重要性についてご意見をいただきました。

 

今月の協議会は

2019年度総務広報委員会

江角担当理事予定者、今岡委員長予定者、北脇幹事予定者の3名が

オブザーバーとしてご参加いただいております。

 

今月の議案は
会員開発委員会 委員長 山崎 英樹君より1議案

青少年委員会 委員長 赤木  仲君より2議案

総務広報委員会 委員長 加藤 圭吾君より1議案

以上4議案が上程されました。

 

本日は宮本副理事長が議長を務めます。

 

まずは

第1号議案 青少年委員会 委員長 赤木  仲君より

「第4回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所」事業報告の件について

 

続いて

第2号議案 青少年委員会 委員長 赤木  仲君より

9月例会行事「善為楽~ご縁でつなぐ地域の未来~」事業報告の件について

 

続いて

第3号議案 会員開発委員会 委員長 山崎 英樹君より

2018年度忘年会 事業計画の件について

 

続いて

第4号議案 総務広報委員会 委員長 加藤 圭吾君より

「12月協議会日程及び時間変更」事業計画の件について

 

以上

4議案全てが承認されました。

 

そして専務理事報告では

本協議会で今年度の事業計画が全て上程され承認されたということ

そしてこれから開催されていない事業についてはしっかりと計画が遂行できるよう

委員会内で準備を行うようにとコメントをいただきました。

 

最後に

吉田 智彦君による監事講評では

事業報告が来年以降の出雲青年会議所の財産になるということを今一度認識し

しっかりと委員会内で検証を行い上程を行うようにとご意見をいただきました。

 

2018年もいよいよあと2ヶ月となりましたが

出雲青年会議所といたしましてはやるべきことがまだまだたくさんございます。

メンバー一丸となって 更に加速して年末まで駆け抜けてまいります。

第19回理事会

11月7日(水)
JCセンター会議室におきまして
第19回理事会が開催されました。

 

冒頭に
理事長 影山晃司君より挨拶をいただき

人は規則に従わず風土に従うということ

そして出雲青年会議所の環境づくりについてご意見をいただきました。

 

そして

米原議長のもと

6議案の上程があり

全議案とも全会一致にて承認されました。

 

その後

専務理事報告では

新旧島根ブロック協議会が出雲の地で開催されるということ

そして新旧の6JCが開催されるということをご報告いただきました。

 

最後に

監事 春日 功一朗君による監事講評では

年末までの各委員会の最後の締めが大切であるため気を抜くことが無いよう

最後の最後までしっかりと委員会として検証するようにとご意見をいただきました。

 

本日も

理事会が出雲青年会議所の最高意思決定機関ということを

理事会メンバーは今一度再確認し

責任ある発言・行動を実践するという意識を共有できた時間となりました。

10月例会行事「2019年度組織並びに基本運動方針」

10月16日

出雲商工会館6階大ホールにて

10月例会行事「2019年度組織並びに基本運動方針」が開催されました。

来年度一般社団法人出雲青年会議所がどのような基本運動方針で活動を行っていくのか、2019年度理事長予定者 松田 岳士 君が基本運動方針を力強く説明致しました。

 

そして

2019年度正副理事長会議メンバー並びに監事の紹介です。引き締まった雰囲気の中で始まりましたが、松田理事長予定者よりそれぞれメンバーへの熱い思いを紹介されました。紹介された2019年度の正副理事長会議メンバーは一人ひとり登壇し、緊張の面持ちです。

 

続いて

直前理事長予定者 影山 晃司 君、顧問予定者 成瀬 公平 君が挨拶を行いました。

 

そして

副理事長予定者 矢田 賢太郎 君より挨拶と会員開発委員会のスタッフ予定者の紹介です。担当理事予定者に森山 恵介 君、委員長予定者に岩﨑 利行 君、幹事予定者に泉真太郎君が紹介されました。矢田副理事長予定者は念願の会員開発委員会です。

 

続いて

副理事長予定者 中尾 光伸 君より挨拶と組織開発委員会のスタッフ予定者の紹介です。担当理事予定者に森本 隆史 君、委員長予定者に 石橋 慎也 君、幹事予定者に佐藤 晋平 君が紹介されました。

 

続いて

副理事長予定者 園山 優樹 君より挨拶とまちづくり委員会のスタッフ予定者の紹介です。担当理事予定者に山崎 英樹 君、委員長予定者に勝部 託史 君、幹事予定者に種平 広樹 君が紹介されました。勝部委員長予定者はこの日のために頭を丸め気合いを表しています。

 

続いて

専務理事長予定者 宮本 晋吾 君より挨拶と総務広報委員会のスタッフ予定者の紹介です。松田理事長予定者とがっちり握手をして登壇です。担当理事予定者に江角 彰則 君、委員長予定者に今岡 正基 君、幹事予定者に北脇 祥大 君が紹介されました。

 

そして

会員拡大特別会議の議長予定者 森山 恵介 君と副議長予定者 江角 彰則 君が紹介されました。

 

続いて

会計理事予定者 児玉 俊介 君、監事予定者 伊藤 篤 君、監事予定者 米原 誠一 君が挨拶を行いました。

 

そして

出向予定者紹介です。紹介されたメンバーは登壇し理事長と力強く握手を行います。

 

公益社団法人日本青年会議所の監事予定者並びに公益社団法人日本青年会議所中国地区協議会の直前会長予定者として成瀬 公平 君、公益社団法人日本青年会議所のJC拡大会議広報幹事予定者として金村 英俊 君が出向します。

公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会へは、副会長予定者 影山 晃司 君、運営専務予定者 赤木 仲 君、副会長補佐予定者 竹下 頌太郎 君が出向します。

6JC経済文化交流会へは会長予定者 吉田 幸太 君、事務局長予定者 山崎 英樹 君が出向します。

最後に出向者を代表して6JC経済文化交流会会長予定者 吉田 幸太 君が挨拶を行いました。

2019年度の出雲青年会議所の役員予定者並びにスタッフ予定者は松田理事長予定者が掲げた基本運動方針を実践しより良い出雲を創造して行きます。出向予定者は出雲青年会議所を代表しLOM外での活躍も期待されます。

 

 

10月例会

10月16日(火)
出雲商工会館6F大ホールにて10月例会が執り行われました。

まずは総務広報委員会 矢田担当理事のご挨拶後 例会リハーサルを開始いたします

今月も随所にチェックを行いながら細部にわたる所まできっちり設営いたします。

 

黙々と準備をする総務広報委員会の傍ら、

本日の例会に向けて仕上げてきた

会員開発委員会 今岡幹事&

ひと・まちネット委員会 勝部幹事

 

そんな今岡幹事

本例会にビジターとしてご参加いただきます

一般社団法人平田青年会議所 会員開発委員会 多々野委員長と

一般社団法人平田青年会議所 会員開発委員会 委員青木君に満点の笑顔でご挨拶

 

そして

定刻の19時30分に厳粛な雰囲気が漂う中10月例会開会

 

JCIクリードの唱和を

会員開発委員会 委員 北脇祥大君

 

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は

会員開発委員会 委員 佐藤晋平君

 

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は

会員開発委員会 委員 種平広樹君

 

そして何より10月例会は出雲青年会議所伝統の

仮入会員初参加の日でもあります。

 

冒頭に

理事長 影山 晃司君のご挨拶では

意識・考え方・ルール・見方についてお話をいただいた後

仮入会員に対して歓迎のお言葉とエールをいただきました

 

そして緊張感に包まれた中

2019年度会員開発委員会 委員長予定者 岩﨑利行君より

2018年度仮入会員のご紹介

 

その後

専務理事報告では

11月に開催される事業についての案内をいただきました

 

そして委員会報告では

ひと・まちネット委員会 永田委員長より

会員拡大に対してのお礼で登壇

 

出向者報告では

出雲青年会議所より

公益社団法人日本青年会議所

国家戦略グループ サマーコンファレンス運営特別委員会

に副委員長として出向している松田 岳士君より

9月22日にウェルシティ出雲にて開催された合同懇親会開催のお礼で登壇

 

会員消息では

卒業生の会員開発委員会 担当理事 蝶野正和君が

たっぷりとした間で ユニークなパフォーマンスをご披露いただきました。

 

10月例会行事終了後の監事講評では

監事 春日 功一朗君より

本日の例会・例会行事の講評に加え

天命・運命・使命のそれぞれの捉え方に、心構えについて

そして仮入会員に対してのエールをいただきました。

 

10月例会も多くのメンバーの参加のもと

そして待望の仮入会員と共に滞りなく開催することが出来ました。