一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

6月協議会

6月7日(木)
JCセンター図書館において
6月協議会が開催されました。

 

今月の議案は

会員開発委員会 委員長 山崎英樹君より1議案

青少年委員会 委員長 赤木仲君より2議案

総務広報委員会 委員長 加藤圭吾君より1議案

以上3委員会から4議案が上程されます。

 

始めに

理事長 影山晃司君の挨拶では

先日のブロックスポーツ大会の労いとこれから始まる中国地区球技大会に向けて

出雲青年会議所と平田青年会議所が協力していくことと

翌日に開催される異業種交流会いずコラボについてお話をいただきました。

 

第1号議案 は

ブロックスポーツ大会で右手首を骨折した総務広報委員会 加藤委員長より

4月例会行事事業報告の件について

 

続いて

第2号議案 青少年委員会 赤木委員長より

6月例会行事事業計画の件について

 

続いて

第3号議案 会員開発委員会 山崎委員長より

第2回新入会員セミナー事業計画の件について

 

続いて

第4号議案 青少年委員会 赤木委員長より

青少年委員会のメイン事業であります

青少年育成事業について上程されました。

 

以上

3名の委員長が上程されました4議案の全ての議案が

全員の賛成で可決されました。

 

そして専務理事報告では

メンバー間でのFacebookの積極的な活用の呼びかけと

6月13日(水)に開催される中国地区協議会の事業「JCIセミナー」

7月20(金)に横浜にて開催される地区ナイトのご案内

 

その後

直前理事長 成瀬公平君より

青少年委員会を中心に全メンバーで青少年事業に取組み

参加される子ども達にとってかけがえのない思い出となるよう

メンバー一丸となって挑戦をしてほしいというメッセージと

 

異業種交流会「いずコラボ」を盛り上げ

出雲青年会議所の存在価値を更に向上させようというエールをいただきました。

 

最後に 春日功一朗君による監事講評では

今回の協議会で1年の半分が終わり各委員長の意見が鋭くなってきているので

更にもう一歩踏み込んで活発な意見を交わし

より良い事業にしてほしいというご意見をいただきました。

 

本日は

青少年委員会のメイン事業が承認されました。

 

青少年委員会メンバーは全メンバーを巻き込んで

子ども達に思い出に残る事業にしていただきたいと願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第13回理事会

6月7日(木)
JCセンター会議室におきまして
第13回理事会が開催されました。

 

冒頭に
理事長 影山晃司君よりご挨拶をいただき

これより始まっていきます各事業にどれだけのメンバーが参加できるかが今後の出雲青年会議所の存在意義、存在価値を大きく左右していくので理事メンバーがしっかり組織全体を考え行動してほしいというメッセージをいただきました。

 

そして

米原議長のもと

総務広報委員会

担当理事 矢田賢太郎君より

1議案が上程され

全会一致にて承認されました。

 

その後

専務理事報告では

出雲青年会議所の事業だけでなく島根ブロック、中国地区の事業にも学びの機会がたくさんあるので、一歩踏み込んでより多くの学びを掴んでほしいというメッセージをいただきました。

 

その他報告では

会員開発委員会

担当理事 蝶野正和君より

いよいよ開催前日となりました

異業種交流会”いずコラボ”の件について

 

そして

直前理事長 成瀬公平君より

鹿児島の地にて開催されましたASPAC

そして隠岐の島の地にて開催されました

島根ブロックスポーツ大会参加のお礼

更に

理事としての在り方についてお言葉をいただきました。

 

最後に

監事 吉田智彦君による監事講評では

 

青年会議所活動での経験は

今後

企業人として地域、各種団体で活動するのに

とても貴重な経験ができるチャンスがたくさん用意されているので

是非自分の手で、自分の意思でつかみ取ってほしい

というエールををいただきました。

 

本日も

当会議が出雲青年会議所の最高意思決定機関ということを

理事会メンバーは今一度再認識し、

責任ある発言・行動を実践するという意識を共有できた時間となりました。

第12回理事会

6月1日(金)
JCセンター会議室におきまして
第12回理事会が開催されました。

 

冒頭に
理事長 影山晃司君よりご挨拶をいただき

6月2日、3日に隠岐の地にて開催されます

第44回島根ブロックスポーツ大会での

健闘を期待するという熱いエールをいただきました。

 

そして

米原議長のもと

役員選考委員会 委員長

隂山 正広君より

1議案が上程され

 

全会一致にて承認されました。

 

その後

専務理事報告では

7月9日より姫路の地にて開催されます国際アカデミーに

出雲青年会議所より、総務広報委員会 委員長 加藤圭吾君が参加することの報告

 

その他報告では

会員開発委員会

担当理事 蝶野正和君より

6月8日に開催されます

異業種交流会”いずコラボ”の件について

 

青少年委員会

担当理事 伊藤 篤君より

5月20日(日)に開催されました

第4回 野見宿禰わんぱく相撲大会 出雲場所

開催に際してのお礼並びに

7月29日(日)に開催されます

わんぱく相撲全国大会の告知

 

最後に

監事 春日功一朗君による監事講評では

次年度に向けて動き出そうとしている時だからこそ

理事のメンバーがしっかりと今年度の事業を成功へと導き

メンバー個々の成長に繋がるよう

青年会議所活動に邁進して

残り6か月を全力で駆け抜けてほしい

という熱いメッセージをいただきました。

 

当会議が

出雲青年会議所の最高意思決定機関ということを

理事会メンバーは今一度再認識し、

責任ある発言・行動を実践するという意識を共有できた時間となりました。

第47回中国地区球技大会出雲大会PRキャラバン山口ブロック協議会会員会議所会議懇親会

5月22日(火)

公益社団法人日本青年会議所

中国地区山口ブロック協議会の会員会議所会議の懇親会にて

貴重なお時間を頂戴し、第47回中国地区球技大会出雲大会のPRを行うため

本年主幹を務めます出雲青年会議所メンバーで山口県岩国市へ向かいました。

*本日も坂根実行委員長は絶好調です。

 

岩国の地に到着いたしますと

他の地域の青年会議所の皆様もPRの為スタンバイをしておられ

緊張感と熱気に包まれる中

 

本大会の主管であります出雲青年会議所メンバーと

副主管であります平田青年会議所メンバー総勢15名にてPRを行います。

冒頭から全力のPRができるよう 笑顔でエネルギーを貯えます。   

 

PRが始まると

まず初めに地区球技大会の大会長であります

一般社団法人出雲青年会議所 理事長 影山晃司君より

本大会は一般社団法人出雲青年会議所が主管を

そして一般社団法人平田青年会議所が副主管を務め

当日は手を取り合って力を合わせ

出雲流、そして平田流のおもてなしで皆様をお迎えしたいと述べられました。

 

続いて

本大会の副大会長を務められます

一般社団法人平田青年会議所 理事長 高砂勝行君より

東は宍道湖、西は日本海と自然に恵まれた出雲市にて開催される本大会にて

ご参加いただく皆様に精一杯力を発揮して戦っていただき友情を育んでほしいと宣べられました。

 

また

続く実行委員長挨拶にて、本大会の実行委員長であります

一般社団法人出雲青年会議所の坂根壮一郎君より

青年会議所は自らに高いハードルを架して

それを乗り越える超人の集まりであり

超人の皆様にはぜひ出雲の地にて全力で試合に臨んでいただき

大会を楽しんでいただきたいと述べられました。

 

最後に

本大会の副実行委員長であります

一般社団法人平田青年会議所 副理事長 宇賀務君のかけ声でスローガンの唱和があり

大会にかける我々の熱い想いをスローガンの唱和に乗せて

山口ブロック協議会のメンバーの皆様へお伝えいたしました。

 

PR終了後は

平田青年会議所の皆様と親睦を深め

当日の第47回中国地区球技大会出雲大会の大成功を誓い合う時間となりました。

 

 

今回のPRを通じて

山口ブロック協議会のメンバーの皆様に

大会にかける我々の想いをしっかりとお伝え出来たと確信しております。

 

次回のPRは

隠岐の地で行われます第44回島根ブロックスポーツ大会での開催を予定しております。

 

 

5月例会

5月16日(水)
出雲商工会館6F大ホールにて5月例会が執り行われました。
今月もチェックを行いながら細部にわたる所まできっちり設営いたします。

 

 

 

今月の例会の司会は加藤委員長
スマイル担当は竹下頌太郎君です。

 

 

初のスマイル担当の竹下君は

原稿内容と時間配分の最終チェックを時間ギリギリまで行っています。

 

今月の例会行事を担当する

ひと・まちネット委員会

担当理事 中尾 光伸君

委員長 永田 一訓君

本番を直前にピリピリしています!

 

例会開会直前です。

本日はビジターとして

松井 和明理事長をはじめとされます

一般社団法人米子青年会議所の皆様にお越しいただいておりますので

より緊張感が漂っています。

 

例会開会後

JCIクリードの唱和を

会員開発委員会 委員 佐藤 晋平君

 

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は

会員開発委員会 委員 泉 真太郎君

 

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は

会員開発委員会 委員 是津 真之君

 

冒頭に

理事長 影山 晃司君よりご挨拶をいただきました。

ご挨拶では

本格的に各委員会で事業が展開されていくからこそ

今まで以上に委員会内でのコミュニケーションを図り

先月の例会行事で自身で掲げた実践項目を各人がしっかりと遂行していくことが重要であるというメッセージをいただきました。

 

続いて3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「あなたの夢の叶え方」

青少年委員会 委員 森本 隆史君による進行です。

 

発表者は

会員開発委員会 委員 種平 広樹君

自身の考えを主軸に JCでの在り方を踏まえた堂々としたスピーチでした。

 

講評者は

青少年委員会 委員 坂根 壮一郎君

卒業生として種平君に対して期待を込めたアツいメッセージをいただきました。

 

専務理事報告では

米子青年会議所の皆様より

創立60周年の案内並びに参加の呼びかけをいただきました。

 

そして出向者報告では

島根ブロック協議会

事務局長 林 佑樹君より

先般開催されたソーシャル・アントレプレナー育成研修のお礼と

来る6月2日(土)3日(日)に

隠岐の島のちにて開催されます

島根ブロックスポーツ大会の案内がありました。

 

会員消息では

5月の誕生会員に素晴らしいスピーチをしていただきました。

 

 

1ヶ月の活動を報告するスマイルタイム

竹下君はしっかり練習した成果が出ていました。

これからも携帯電話をしっかり携帯してください。

 

例会行事終了後の監事講評では

監事 吉田 智彦君より例会・例会行事の総括をいただくと共に

総務広報委員会は引き続きしっかりとメンバーの活動を把握し

更にリサーチしてメンバーにスポットを当ててほしいと

エールをいただきました。

 

5月例会も多くのメンバーの参加のもと

滞りなく開催することが出来ました。

 

 

5月協議会

5月7日月曜日
JCセンター図書館において

5月協議会が開催されました。

今月の議案は
会員開発委員会 委員長 山崎英樹君より1議案
青少年委員会 委員長 赤木仲君より2議案
総務広報委員会 委員長 加藤圭吾君より1議案
以上3委員会から4議案が上程されます。

 

また
5月協議会では
メイン事業を上程されます会員開発委員会と
青少年委員会の多くのメンバーが
オブザーバーとして参加いたしました。

 

冒頭の理事長 影山晃司君の御挨拶では
4月の100%例会達成をきっかけに

日々のメンバー間の発言 行動に変化が出てきていること

そして一つ一つの成功体験を重ねていくことが自信に繋がり

活動の原動力となり 出雲青年会議所の存在価値が更に向上していく

というお言葉をいただきました。

 

始めに
第1号議案 青少年委員会 赤木委員長より
3月例会行事事業報告の件について

 

 

続いて
第2号議案 会員開発委員会 山崎委員長より

会員開発委員会のメイン事業となります

2018年度家族会事業計画について

山崎委員長は

新入会員の想いの詰まった議案を協議会メンバーの前で

堂々と自信を持ってご説明いただきました。

 

 

続いて

第3号議案 総務広報委員会 加藤委員長より

7月協議会日程及び時間変更の件について

 

 

続いて

第4号議案 青少年委員会 赤木委員長より

青少年委員会としてはメイン事業となります

青少年育成事業について上程されました。

 

 

以上

3名の委員長が上程いたしました4議案のうち3議案が全員の賛成で可決されました。

 

そして

専務理事報告では

岩﨑利行君が副委員長として出向しております

公益社団法人日本青年会議所

中国地区島根ブロック協議会

島根のネットワーク確立委員会が設営を担当する

6月9日 出雲ドームで開催される「JCカップ」、そして7月15日松江市の県民会館で開催される第44回島根ブロック大会のご案内

をいただきました。

 

専務理事報告後

直前理事長 成瀬公平君より

本協議会の発言者、質問者についての心構え

そして

今後実行されていきます対外的な事業こそ

メンバーが力を合わせ情報発信をしていく習慣を身につける必要がある

というお言葉をいただきました。

 

最後に

春日功一朗君による監事講評では

本協議会において委員長が

上程する際の答弁について

委員会から預かった大切な想いが詰まったものが議案書であるということを意識して

力強く発言してほしい というご意見をいただきました。

 

本日は

会員開発委員会のメイン事業であります家族会が承認されました。

これから

会員開発委員会メンバーは

膨大な資料と共に立てた計画を

しっかりと行動に移していかなければなりません。

家族会当日が

ご参加いただいたご家族の皆様にとって

深い思い出となる家族会にしていただきたいと願っております。

第11回理事会

5月7日月曜日
JCセンター会議室におきまして
第11回理事会が開催されました。

 

冒頭に
理事長 影山晃司君よりご挨拶をいただき
理事会メンバーが率先して

本年度の活動を通して学んだことを来年に繋げ

出雲青年会議所という組織の存在意義・存在価値を

更に高めていけるよう協議を重ね行動で示し

メンバーの模範となる存在であってほしいというメッセージをいただきました。

 

そして

米原議長のもと

2議案が上程され

いずれの議案も全会一致にて承認されました。

 

本理事会で承認されました

役員選考委員会

委員長 隂山正広君より

理事会メンバーに向けてご挨拶並びに決意表明をいただきました。

 

最後に

監事 吉田智彦君による監事講評では

5月に入り「考えるJC」から「動くJC」へと

出雲青年会議所が大きく動き始めてきた時だからこそ

当初に掲げた所信に立ち返り 現状の行動を振り返り

青年会議所活動に邁進して1年を全力で駆け抜けてほしい

という熱いメッセージをいただきました。

 

当会議が

出雲青年会議所の最高意思決定機関ということを

理事会メンバーは今一度再認識し、

責任ある発言・行動を実践するという意識を共有できた時間となりました。

 

 

 

BSS山陰放送 午後はドキドキ! 出演

5月1日(火)

鳥取県米子市

株式会社 山陰放送本社にて

BSS山陰放送「午後はドキドキ!」に

一般社団法人出雲青年会議所より

会員開発委員会

委員長 山崎秀樹君

青少年委員会

委員長 赤木 仲君が出演させていただきました。

当日のラジオパーソナリティは

べるをさんと森谷 佳奈さんで

2名の委員長を快く迎え入れていただきました。

 

☆2名ともラジオ初出演☆緊張感が伝わります。

 

まずは

赤木委員長より

5月20日(日)出雲大社にて開催いたします

「第4回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所」のPR

各学年の小学生の皆様への参加の呼びかけをさせていただきました。

 

そして

5月16日(水)NPO法人おっちラボ代表理事 矢田明子を

講師にお招きして開催いたします

一般の方もご参加いただける

5月例会行事「日本で一番チャレンジしやすいまちの作り方」のPR

 

更に

山崎委員長より

6月8日(金)と8月31日(金)の2回に分けて開催いたします

2018年度異業種交流会「いずコラボ」のPR

 

 

以上 約11分間にわたり

3つの事業をBSSラジオ様のご厚意で告知させていただきました。

 

3つの事業それぞれが一般の方にご参加いただいての企画となっております。

第4回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所

5月例会行事「日本で一番チャレンジしやすいまちの作り方」

2018年度異業種交流会「いずコラボ」

↑参加申し込み・お問い合わせ↑

それぞれ

出雲青年会議所ホームページよりお申込みいただけます。

各事業を担当しております委員会が中心となって全身全霊で当日に向けて準備を行っています。

ご興味・ご関心のある方は是非!ご参加の程 よろしくお願いします!!

 

*BSS山陰放送「午後はドキドキ!」出演時の音源はコチラです

 

 

 

 

 

 

 

4月例会行事「自己理解を深め効果的な組織づくりをしよう」

2018年4月16日(月)

出雲商工会館6F大ホールにて

 

4月例会行事「自己理解を深め効果的な組織づくりをしよう」が開催されました。

本例会行事は、総務広報委員会が設営を担当。司会を委員長加藤圭吾君が務めます。

 

様々な団体が混在する中、多くの組織が存在意義を問われ

多くの組織が組織力向上に向けた対策 施策に取り組んでいます。

出雲青年会議所におきましても 今後も様々な活動を展開し

地域に必要とされる団体であり続けるためには

その組織に所属するメンバーが目的意識を持ち

互いを認め合い成長を重ねていくことができる環境が必要です。

 

冒頭の

総務広報委員会 担当理事 矢田 賢太郎君の趣旨説明では

成長を重ねていくためには自己理解・そして共に活動する仲間の特性も知り

互いを承認し合い、尊重し合える関係性を構築していく必要性がある為

本例会行事をそのきっかけとなる学びの時間にしていただきたい

という趣旨を 全メンバーにご説明いただきました。

 

早速

総務広報委員会 委員 林 佑樹君より

ルール説明と60質問を行い

各メンバーの皆様には用紙に記入をしていただきました。

 

 

続いて

総務広報委員会 委員 岩﨑 利行君より

エゴグラムと特性の説明をしていただきました。

 

 

その後

総務広報委員会 委員 高橋 良治君より

特性分けの説明と契約の説明並びに対策案について説明があり

各委員会ごとに

本年度所属する委員会で自身がどのような活動を通して委員会運営に貢献し

自らの存在価値を高めていくか という行動の実践項目を「自分への契約書」として

メンバーからの意見をいただきながら自らの意思で決定していただく時間を

設けさせていただきました。

 

ディスカッション後

各グループを代表して

正副理事長会議からは園山専務理事

 

会員開発委員会からは山崎委員長

 

ひと・まちネット委員会からは永田委員長

 

青少年委員会からは赤木委員長

 

それぞれの組織の代表者にメンバーの特性に加え

それを踏まえた上での今後の委員会運営について発表いただきました。

 

最後に

総務広報委員会 委員長 加藤 圭吾君より

本日 仲間と共に掲げた目標を実践し 自己成長を重ね

青年会議所の活動を通して自身の存在価値を高めていくことが

我々が相集う意味である という力強いメッセージをいただきました。

 

この例会行事での学びをきっかけとして

出雲青年会議所メンバーが自身の特性に気づき

相手のことも理解し受け入れた上で委員会運営や事業運営を実践し

今より更に意見が飛び交う活性化した風通しの良い組織になっていくことを祈念いたします。

~矢田担当理事と加藤委員長の人間関係は常時活性化中です~

 

 

4月例会

2018年4月16日(月)

出雲商工会館6F大ホールにて4月例会が執り行われました。

2018年度 4回目の例会設営となる総務広報委員会

朝礼から緊張感が漂っています。

 

細部にわたる所まで設営いたします!

本日の司会は高橋良治君

スマイル担当は岩﨑利行君

原稿内容・時間の最終チェックを行っています。

 

本日は

36名のビジター様にお越しいただきましたので

いつも以上に会場内に緊張感が漂っていました。

 

そして

定刻の19時30分  4月例会開会

 

JCIクリードの唱和は

会員開発委員会 委員 山根 哲真君

 

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は

会員開発委員会 委員 北脇 祥大君

 

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和は

会員開発委員会 委員 小林 優介君

 

冒頭に

理事長 影山 晃司君よりご挨拶をいただき

本例会で5年ぶりの達成となった100%例会がなぜ実現できたかを振り返り

メンバー間でどうすれば100%例会の達成が継続できるかを

考えていかなければならないということ

そしてこれから各委員会が展開していく事業が

出雲のまちにどれだけの影響を及ぼしていくかということ

誰のために 何のためにやるのかを委員会内でしっかりと協議し

悔いのない事業にしてほしい と力強いエールをいただきました。

 

続いて3分間スピーチが行われました。

今月の演題は「あなたの夢の叶え方」

青少年委員会 委員 玉木暢君による進行です。

 

発表者は

会員開発委員会 委員 佐藤 晋平君

新入会員とは思えない堂々とした

自身の考えをしっかりと盛り込んだスピーチでした。

 

講評者は

ひと・まちネッ委員会 委員 隂山 正広君

卒業生メンバーとして新入会員の佐藤君に対して講評を行いました。

 

そして本日はビジターとして

古藤 雅之理事長をはじめとされます
公益社団法人松江青年会議所の皆様、

そして公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会副会長中田康太君、島根の魅力創造委員会委員長林法正君より

島根ブロック大会のご案内がありました。

 

 

続いて

若本 憲治理事長をはじめとされます
公益社団法人鳥取青年会議所の皆様と

公益社団法人日本青年会議所中国地区協議会中国地区コンファレンス運営委員会委員長山本祐之君より

中国地区コンファレンスの案内がありました。

今回も鳥取の「T」そして「K」を会場メンバー全員で行いました。

 

 

そして出向者報告では

島根ブロック協議会

事務局長 林 佑樹君より

会頭公式訪問のお礼がありました。

 

会員消息では

平成30年4月15日 春日功一朗君のご長男

孝亮(こうすけ)くんがご誕生されました。

ご子息誕生に対しての喜びの表情を隠しきれない春日監事でした。

そして4月の誕生会員は

副理事長 米原 誠一君でした。

短い時間でしっかりとユーモアを加える素晴らしいスピーチでした。

 

今月のスマイル担当は

総務広報委員会 委員 岩﨑 利行君

練習の成果が出ていました。

 

そして、監事講評では

監事 春日 功一朗君より今月の例会と例会行事の総括をいただき

本例会での時間配分 優先順位についてご意見をいただきました。

 

そして何といっても

4月例会は全メンバー参加で100%例会を達成しました!!

 

全メンバーの意識と行動が一つにまとまり

2018年度スローガンRaison d‘etreを実践した結果だと考えます。

今年度は例会が8回残っております。

100%例会を当たり前のように達成できる青年会議所になれるよう

メンバー間で関わり共に学び 互いの存在価値を高め合っていきます!!