一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

2月例会行事「JC in Education」

2019年2月16日(土)、出雲商工会議所6階大ホールにて2月例会行事「JC in Education」が開催されました。本例会行事では新たな教育の手法を体験することで次世代の教育について知り、また教育の変化を掴むことや情報を活用し課題解決への力を身に付けるための教育を知るために、アクティブラーニングについて学びました。

はじめに、まちづくり委員会 担当理事 山崎 英樹君より趣旨説明が行われました。

 

そして、メンバーには新聞記事から情報を「読み解く力」「考える力」「伝える力」を向上させる教育方法であるアクティブラーニングの一つでもあるNews In Education(NIE)を体験していただきました。

最初のプログラムの「写真からの情報を活用する」では漫画の一場面からその背景や登場人物の表情を読み取り、その場面を推察し、人に伝えることを念頭に一連のストーリーを組み立てて各自が内容を発表しました。

 

続いて「記事からの情報を活用する」のパートではメンバーが二手に分かれてそれぞれ違う新聞記事を読み、100文字以内に要約しNIEシートに記入したのち、自身の考えを発表しました。発表を通じて他のメンバーの考え方や要約方法を知ることで分かりやすく伝えることの大切さを実感する機会となりました。

 

最後のパートでは同じ新聞記事を読んで賛成、反対のそれぞれの立場に立って自身の考えを発表しました。このパートを通じてそれぞれの立場の考えを補完する根拠を見つけて100文字にまとめ、相手に伝えることを学びました。

 

 

 

メンバーはNIEを通じて「読み解く力」「考える力」「伝える力」の重要性を認識することが出来たと共に、自分で調べることで解決に導くことのできる人材を目指す新しい教育への変化を知ることができました。

6JC経済文化交流会 第1回交流会

2019年1月28日(月)、出雲青年会議所の事務局であるJCセンター会議室にて、6JC経済文化交流会 第1回交流会が開催されました。

 

6JC経済文化交流会とは、1976年(昭和51年)に発足し、境港JC・米子JC・安来JC・松江JC・平田JC・出雲JCの6つの青年会議所で構成されております。

島根ブロック協議会、鳥取ブロック協議会にそれぞれ所属する、県境を超えた6つの青年会議所が定期的に会議を開催し、地域に密着した身近で具体的な問題から政治経済に及ぶ問題まで、広域的なテーマを取り上げ、意見を交換し事業を展開するとともに、県境を超え友情、交流を深めております。

2019年度は、6JC経済文化交流会 会長として吉田幸太 君、事務局長として山崎英樹 君が出雲青年会議所を代表し出向しております。

冒頭、開催地の一般社団法人出雲青年会議所 第63代理事長 松田岳士 君より、各地よりご参加いただいたメンバーに対し歓迎と6JC経済文化交流会への激励のご挨拶をいただきました。

続いて、2019年度6JC経済文化交流会 会長 吉田幸太 君より自己紹介とともに、2019年度の活動に対する熱い思いを語っていただきました。

続いて、各地青年会議所から出向されるメンバーの皆様より自己紹介とご挨拶をいただきました。

その後、今後のスケジュールを確認するとともに、秋に開催を目指す事業へ向けて意見交換を行い、第1回交流会を終了致しました。

結びに、いよいよ2019年度6JC経済文化交流会がスタートし、今後、6JC経済文化交流会へ出向者をご輩出いただく各地青年会議所を回らせていただきます。活動を展開する中海・宍道湖・大山圏域がより良い地域になるように、活動に邁進して参ります。引き続き、ご期待ください。