一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

青少年事業「A Life-Chenging Camp~雲の上はいつも晴れ~」

8月11日(日)

青少年事業「A Life-Changing Camp~雲の上はいつも晴れ~」

が三瓶山、三瓶北の原キャンプ場、国立三瓶青少年交流の家にて開催されました。

出雲市内の教育支援センターに通う中学生を対象にした本事業では、

事業に参加した子供達が、やり抜く力、挑戦する勇気、

そして自信をつけることを目的としています。

 

教育支援センターであるすずらん教室と光人塾の生徒と多数の交流会

を経て行いました 今回の事業は、2名の中学生が参加してくれました。

開会式の影山理事長の挨拶では、理事長による参加者に向けて事業を無事

やり遂げようという真摯なメッセージをいただきました。

 

開会式後、三瓶に向けて全員でバス移動し、

バス内ではクイズゲームを行い交流を深めました。

 

三瓶到着後、国立三瓶青少年自然の家に移動し、ヨガを行いました。

ヨガには自律神経を整え、リラックス効果があります。

ヨガインストラクター 成相麻理先生の指導のもと、

参加者だけでなく、青年会議所メンバーでヨガを行いました。

 

中学生も登山前の運動を行うだけでなく、ヨガの効果により、

リラックスしてその後の事業に取り組んでいました。

ヨガの後、いよいよ三瓶山登山を行います。

安全な登山に向けて、準備確認や説明を行った後、出発しました。

今回、姫逃池登山口から男三瓶山山頂を目指します。

この日は、暑すぎることなく、とても良いコンディションの天候でした。

男三瓶山は標高約1200mであり、青々とした自然の中、登山を行いました。

登山中、参加者同士で色々な会話をしながら、楽しみながら登山を行いました。

そして、男三瓶山に無事参加者全員で登頂することができました。

参加者してくれた中学生は元気いっぱいで、

途中苦しいながらも最後までやり遂げることができました。

帯同メンバーには給水や声がけ等、御尽力をいただき、中学生も清々しい

笑顔で事業に取り組むことができました。

下山後、北の原キャンプ場にて流しうどんを行い、竹を囲み、

全員で楽しみながら昼食を摂り、交流を深めました。

参加者した2名の中学生からも、それぞれのプログラムに対して、

本事業に参加して良かった、良い経験になったという感想をいただきました。

その後、バスでJCセンターに戻り、参加者による振り返りと発表を行いました。  

 

事業に参加する前

参加した後の子供たちの成長、

いきいきとした姿を発表の中で感じることができました。

 

出雲青年会議所と致しましても、教育支援センターに通う中学生と

多くの時間を共有し、本事業参加前と後の成長した姿を見て、

私達自身も挑戦することの勇気と大切さ、子どもの成長に関わる

ことのできる青年会議所活動に対して、感謝の気持ちを抱かせていただきました。

今回の大きな学びと経験を活かし、今後の青年会議所運動に励んでまいります。

本番直前!青少年事業 A Life-Changing Camp~雲の上はいつも晴れ~

8月11日(土)に開催される青少年事業 A Life-Changing Camp~雲の上はいつも晴れ~

 

本番を目前に控え

担当の青少年委員会、最後の準備中です!

 

第34回わんぱく相撲全国大会

729日(日)
両国国技館にて第34回わんぱく相撲全国大会が行われました。

わんぱく相撲大会出雲場所を勝ち抜いた3力士の挑戦がいよいよ始まります。




4年生
荒木小学校 井川 瑛斗(いがわ あきと)君

5年生
中部小学校 藤川 颯太(ふじかわ そうた)君

6年生
大社小学校 布野 智希(ふの ともき)君

3名の出雲代表の選手が両国国技館で全国から勝ち抜いた選手達とトーナメント方式で対戦します。

わんぱく相撲は、小学4年生から6年生が参加し、
日本国内200地区(主催青年会議所単位)の予選大会から勝ち上がり、
両国国技館で決勝にあたり全国大会が開かれる、小学生対象で最大規模の相撲大会です。

4年生

荒木小学校 井川 瑛斗(いがわ あきと)君

1回戦 対戦 渡辺 凱星 君 (富士五湖)



惜しくも井川君は敗北。初出場で緊張しながらも、立ち合いからしっかり当たり、自分の相撲を取ることができました。


5年生

中部小学校 藤川 颯太(ふじかわ そうた)君

1回戦 対戦 小川 悠人 君 (川崎)



試合結果は藤川君は敗北。しかし挑戦し、闘志あふれる姿でしっかり相撲を取っていました。


6年生

大社小学校 布野 智希(ふの ともき)君

1回戦 対戦 佐々木 瞭 君 (ラブ八戸)



試合結果は布野君の勝利でした。
3年連続わんぱく相撲大会に出場する実力を存分に発揮しました。

2回戦 対戦 



2回戦:刃物の街関チーム  服部公洋君に惜敗

2回戦の試合結果は布野君は敗北。

惜しくも3回戦出場はかないませんでしたが、力強い相撲を見せてくれました。

わんぱく相撲は、小学4年生から6年生が参加し、

日本国内200地区(主催青年会議所単位)の予選大会から勝ち上がり、
東京・両国国技館で決勝にあたり全国大会が開かれる、小学生対象で最大規模の相撲大会です。


出場する子ども達の挑戦する勇気がしっかり伝わる大会でした。

井川 瑛斗君、藤川 颯太君、布野 智希君、

本当にお疲れ様でした!

第34回わんぱく相撲全国大会 前日

728日(土)
第34回わんぱく相撲全国大会に向けて、出雲場所を勝ち抜いた4~6年生の3選手が両国国技館に出発しました。




全国大会は7月29日(日)ですが、前日にリハーサルが両国国技館で行われます。

子ども達は緊張感と試合への期待感を感じている様子でした。


両国国技館に到着し、リハーサルを行った後、子ども達は相撲部屋に移動し、現役力士の皆様との交流と食事を行いました。


 




この日は相撲部屋に宿泊します。

今回、出雲の子ども達は錣山部屋(しころやまべや)にお世話になりました。
錣山部屋にてちゃんこ鍋をご馳走になったり、若手の力士の皆様と相撲をとったり子どもたちにとって思い出に残る体験となりました。


子ども達の笑顔から、わんぱく相撲全国大会は子ども達にとって、心身を鍛えることは勿論、普段経験することのできない体験、自信をつける場である事業であると実感する時間でした。

わんぱく相撲大会 市長表敬訪問

7月25日(水)、出雲市役所にて第34回わんぱく相撲大会全国大会に出場する子ども達の長岡秀人 出雲市長への表敬訪問が行われました。

表敬訪問しましたのは、わんぱく相撲大会出雲場所に優勝した4〜6年生の3名です。

4年生
荒木小学校 井川 瑛斗(いがわ あきと)君
5年生
中部小学校 藤川 颯太(ふじかわ そうた)君
6年生
大社小学校 布野 智希(ふの ともき)君
3名のわんぱく力士達がいよいよ7月29日(日)に行われる、両国国技館での全国大会に出場します。
 6年生

大社小学校 布野 智希(ふの ともき)君

5年生
中部小学校 藤川 颯太(ふじかわ そうた)君
4年生
荒木小学校 井川 瑛斗(いがわ あきと)君
表敬訪問では各選手の意気込みを伝える場となり、長岡市長より激励のお言葉をいただきました。
 昨年も出場している布野君と藤川君は、昨年の成績を上回りたいと力強く抱負を述べました。また今回初めて参加する井川君は1試合でも多く勝ちたいと抱負を述べました。

わんぱく相撲は、小学4年生から6年生が参加し、日本国内200地区(主催青年会議所単位)の予選大会から勝ち上がり、東京・両国国技館で決勝にあたり全国大会が開かれる、小学生対象で最大規模の相撲大会です。

最初はやや緊張した面持ちの3名でしたが、市長からの激励の言葉を受け、全国大会への熱意を強めました。
挑戦する勇気を胸にした、全国大会に出場する3選手の応援をどうぞよろしくお願い致します。
第34回わんぱく相撲全国大会の様子はYouTube にて動画中継されます。
詳細はこちらから
わんぱく相撲全国大会TOP
https://wanpaku.or.jp/

わんぱく相撲全国大会に向けて猛特訓!!

皆様こんにちは!
出雲青年会議所 青少年委員会 ですっっっ!!!

6月26日(火)

第4回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所にて高学年の部で優勝した選手が

斐川相撲道場に集い強化稽古を行いました。

 

7月29日(日)

東京で開催されます第34回わんぱく相撲全国大会に向けて特訓の日々です。
6年生布野君、5年生藤川君は本道場にて稽古を行っていますが

4年生の井川君は本道場での練習は初めてとなります。

 

準備運動からすり足、ぶつかり稽古と基礎からしっかり練習します。

 

道場の指導者に胸を借りながら一生懸命に相撲をとる子どもたちの目は真剣そのもの。

 

実戦では相手をしっかり見ること、かかとを地面につけ安定した体制で最後まで押し切ることなど細かい指導を受けていました。

全国大会まで残り1ヶ月。斐川の相撲道場の皆様にもご協力いただきながら、我々出雲青年会議所も出雲の子どもたちが国技館で活躍できるよう応援、サポートしてまいります!!

青少年事業「A Life-Changing Camp〜雲の上はいつも晴れ〜」交流会

6月20日(水)

青少年事業「A Life-Changing Camp~雲の上はいつも晴れ~」の交流会を行いました。

 

 

8月11日(土)12日(日)に開催いたします本事業の前に

事業対象となる教育支援センターに通う生徒と信頼関係を築くことができるよう、交流会を通じてコミュニケーションを図ります。

今回の第1回 交流会では 平田町の教育支援センター「光人塾」様に伺いました。

作業は生徒の皆様、光人塾のスタッフの皆様と一緒に、協力して作業を進めていきます。和やかな会話をしながら、作業を進めました。

 

事業に向けて参加者全員で横断幕をカラーペンで着色します。

交流会を通じて、生徒やスタッフの皆様とたくさん話をさせていただき、生徒に寄り添っていきたいという考えがより強まりました。

青少年事業の本番まで約1ヶ月半となりました。

青少年事業「A Life-Changing Camp〜雲の上はいつも晴れ〜」が教育支援センターに通う生徒にとって素晴らしい体験の時間にするためにも、本番当日までたくさん話し、コミュニケーションを取って行きたいと考えております。

青少年事業「A Life-Changing Camp~雲の上はいつも晴れ~」事前勉強会

6月19日(火)

JCセンター図書館におきまして、青少年事業「A Life-Changing Camp~雲の上はいつも晴れ~」の事前勉強会を行いました。

 

青少年事業「A Life-Changing Camp~雲の上はいつも晴れ~」では、出雲市の教育支援センターに通う中学生を対象とし、8月11日(土)、12日(日)の1泊2日で三瓶山と北の原キャンプ場、国立三瓶青少年交流の家を中心に登山キャンプをおこないます。

本事業では教育支援センターに通う中学生が、成功体験を積み達成感を味わってもらうことで「自分もやればできる」という自己肯定感が生まれ、挑戦してみようと思う気持ちが育ち、自信を持って行動できるようになることを目的としています。

教育支援センターに通う生徒と交流を深めるに際し、出雲市の教育支援センターの現状と教育支援センターに通う生徒への接し方を学ぶため、講師の先生をお呼びし、青年会議所メンバーで事前勉強会を行いました。

 

まず始めに

理事長影山晃司君より青少年事業に対しての想いについて挨拶をいただきました。

勉強会の前に

青少年委員会 担当理事 伊藤篤君 より、今回の事前勉強会の趣旨説明がありました。

 

次に

青少年委員会 委員長 赤木仲君 より青少年事業の概要について説明がありました。

 

講演は

出雲市教育委員会 児童生徒支援課

生徒指導部 主任 石田 正樹様より出雲市における不登校児童生徒の現状についてお話をいただきました。

 

次に、まつざきクリニック 院長 松﨑 太志様より、思春期における子どもたちのこころの問題について、また、課外事業を行う効果についてお話をいただきました。

 

最後に、出雲市教育支援センターすずらん教室 室長 伊藤 道也様より教育支援センターを運営する上での想いや過去の生徒の例を挙げ、その上で、生徒に対する接し方についてお話をいただきました。

 

講師のお話から、挑戦し達成感を得ること、また、成功体験こそが自信となり生徒の自己受容に結びつくということを講師の皆様のお話を通じて学ぶことができました。

私たちが生徒の成長のためにできることを全力で考え、事業に取り組んでいきたいと考えています。

 

ご多忙の中

講演いただきました3名の講師の皆様には感謝申し上げます。ありがとうございました。

浜田青年会議所創立60周年記念式典・祝賀会

6月17日(日)

浜田市 石央文化ホールにて

一般社団法人浜田青年会議所の

創立60周年記念式典・祝賀会が執り行われました。

 

一般社団法人浜田青年会議所は1958年に全国で146番目の青年会議所として創立され、この度、創立60周年を迎えられました。第61代理事長 浅津 伸行君をはじめとされます浜田青年会議所メンバーの皆様が60周年スローガン「with PRIDE 熱き想いを行動に」を掲げ盛大に開催されました。

出雲青年会議所メンバーも浜田青年会議所6o周年記念式典・祝賀会に参加するため、バスで浜田の地へ向かいました。

 

 

到着後

出雲青年会議所メンバーで記念撮影をしてから会場へ

 

会場に入るとフェイスブックで毎日更新されていた、浜田青年会議所メンバー一人ひとりの「私の誇り」直筆メッセージが掲載してありました。浜田青年会議所メンバーの想いが伝わってきます。

そして

緊張感に包まれた中 記念式典が始まりました。

浜田青年会議所 理事長 浅津 伸行君より、変えることのできる未来に向かい、メンバー一人ひとりが熱い想いをもって行動するという決意を込めたご挨拶を頂戴しました。

 

 

 

 

 

 

つつがなく式典が終わり

ワシントンホテルへと会場を移し 祝賀会が開宴いたしました。

 

祝賀会はOB諸兄の皆様 そして各地域から来訪した青年会議所メンバー交流を深め大いに盛り上がり

浜田青年会議所の勢いと次代にかける熱い想いを感じる事ができた時間となりました。

締めの挨拶は

60周年実行委員会 委員長 名田 勝之君

浜田青年会議所が今後発展していく重要性についての大切さが伝わる式典であり

OB諸兄に対する感謝や団結力が伝わってくる素晴らしい祝賀会でした。

浜田青年会議所の皆様、本当におめでとうございました!

出雲青年会議所といたしましても

同じ県内の青年会議所として、良い刺激をいただき、

今後とも各地域で互いに切磋琢磨し、より積極的な青年会議所活動に取り組んでまいります。

 

 

6月例会行事「リーダー活性術〜導支による相互作用〜」

6月16日(土)青少年委員会の設営による

6月例会行事「リーダー活性術~導支による相互作用~」を執り行いました。

本事業は

組織におけるリーダーとそれを支える人の役割と必要性を認識し、強固な組織づくりの基礎を学ぶことを目的とした例会行事で、メンバーがリーダー役とリーダーを支えるフォロワー役に別れ、ゲームを通じてそれぞれの役割と必要性を学びます。

 

定刻の20時30分

青少年委員会 委員長 赤木仲君の司会により例会行事がスタート

 

冒頭に

青少年委員会 担当理事 伊藤 篤君の趣旨説明後

プログラムがスタートいたしました。

 

続いて、

青少年委員会 委員 森山 恵介 君がルール説明を行いました。

 

本プログラムは42枚のそれぞれ異なる情報が記載されているカードを使うゲームです。

手元のカードの情報をもとに、問題文の解答をチームで協力し合い、導いて行きます。

 

42枚のカードには正解を導くために必要な情報、不必要な情報が入り交じっています。

班のメンバーには6枚〜7枚のカードが配られ、リーダー役の指示のもと、情報を開示していきます。

カードの情報を口頭で伝えるのは可能ですが、それぞれ手持ちのカードを見せ合う事はできません。

 

参加メンバーはリーダーとそれを支える人の必要性を理解し

それぞれの立場から献身的な意見を出すよう考える必要があります。

 

ゲームはチーム制で、制限時間33分の時間の中で行いました。

ゲーム中は、リーダー役はチームを導くためにどう行動すべきか、そしてフォロワーはリーダーを支え、問題を解くためにどう支えるかを学びます。

 

そうした中からフォロワーが発言、サポートすることで信頼関係が深まり、組織の結束力がより強固になります。

 

個人個人が担う役割を理解した上で積極的な意見を出し、認識を共有することが必要不可欠です。

 

ゲームが終了し、解説は

青少年委員会 委員 江角 智也 君 が行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーム終了後、それぞれの班で検証を行い、自分たちがそれぞれどのように

行動することが適切であったか確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

導く役割、支える役割、それぞれ違う役割ですが

導き支え合う組織こそが強い組織であり

役割を自覚をすることで主体的かつ積極的な参加につながると考えます。

 

 

6月例会行事「リーダー活性術〜導支による相互作用〜」、参加メンバーにとって、リーダーとフォロワーの役割、自分の与えられた役割においてどう行動すべきかについて学ぶことのできる、充実した時間となりました。