一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

5月例会行事「日本で一番チャレンジしやすいまちの作り方」

5月16日(水)

出雲商工会館6階大ホールにて

5月例会行事

「日本で一番チャレンジしやすいまちの作り方」が開催されました。

 

日本の若者は世界的に見ても 挑戦することを避けるという調査結果があります。そんな中 雲南市は「チャレンジのしやすいまち」として注目を浴びています。なぜそう呼ばれるようになったのか、何がチャレンジをしやすくするのかについてNPO法人おっちラボの代表理事である矢田明子氏を講師にお招きし、ご講演いただきました。

 

今回は矢田講師のお話を広く聞いていただく為に、例会行事を一般公開し、参加者を募りました。その結果、50名を超える多くの方々に来ていただきました。

 

まず始めにひと・まちネット委員会担当理事の中尾光伸君より趣旨説明と講師紹介が行われました。

 

ご講演では

雲南市の行政を巻き込み「地域全体でチャレンジを応援する大切さ」をご自身の体験からお話しいただき、 チャレンジを成功させ、活躍する人財の育成には、挑戦をする側だけでなく、それをサポートする側の存在が重要だという学びをいただきました。

 

今回の例会行事では

まちづくり団体の活動と、行政とまちづくり団体と民間が連携することで、まちを成長させていくことの大切さを知っていただく機会となりました。

地域課題の解決には、若者の積極的な挑戦が解決の鍵となります。
若い力だからこそできる活動にこれからも取り組んでいきます。

今回

力漲るご講演をいただきました矢田明子先生

そして

本例会行事にご参加いただきました皆様 本当にありがとうございました。

第47回中国地区球技大会出雲大会PRキャラバン 鳥取ブロック野球大会

5月12日

鳥取県湯梨浜町の泊野球場にて

鳥取ブロック野球大会の第47回中国地区球技大会出雲大会のPRを行いました。

会場にて

鳥取ブロック協議会の吉田会長より手厚い歓迎をいただくとともに

開会式の貴重なお時間を頂戴して

我々の地区球技大会へかける想いをお伝えしました。

 

 

PRの冒頭に際して影山理事長より

今大会は

一般社団法人出雲青年会議所が主管として、そして一般社団法人平田青年会議所が副主管を務めるにあたり、

当日は出雲流、そして平田流のおもてなしでお迎えしたいと述べられました。

 

引き続き坂根実行委員長より、

青年会議所活動は自らに高いハードルを課して修練を重ねるものであり、鳥取ブロック野球大会におかれましても、日頃の練習の成果を発揮して競技に臨み、優勝を目指して頑張っていただき、ぜひ出雲の地にて行われる中国地区球技大会にお越しいただきたいと述べられました。

 

最後に

吉田事務局長の掛け声で全員でスローガンを力強く唱和し

鳥取ブロック野球大会に参加されているメンバーの皆様へ我々の熱いを想いをお伝えいたしました。

引き続き中国地区の青年会議所の皆さまに

第47回中国地区球技大会出雲大会へたくさんの皆様にご参加をいただけるよう大会当日までしっかりとPRさせていただきます。

 

5月例会行事「日本で一番チャレンジしやすいまちの作り方」一般聴講者募集のお知らせ

5月16日(水)
一般社団法人出雲青年会議所5月例会行事において、
NPO法人おっちラボ代表理事 矢田明子氏をお招きし
「日本で一番チャレンジしやすいまちの作り方」と題して講演会を開催します。

日本の若者は世界一「チャレンジしない」という調査があります。

「世界価値観調査」によると冒険志向やクリエイティブであることについての意識は調査対象の59か国の中で最も低く際立っております。彼らは失敗からの再起不能を恐れ、困難なことへの挑戦は極力避ける傾向にあります。しかし、いずれは若者にまちを託さなければなりません。そのときまちが抱える地域課題を解決するためには失敗を恐れずチャレンジすることが不可欠です。

そのような時代にあって、雲南市はチャレンジしやすいまちと言われています。

雲南市にて行政と共に人財育成に取り組まれるNPO法人おっちラボにおいて

代表理事を務められます矢田明子氏を講師にお招きし

行政とまちづくり団体が担った取り組みについてご講演いただきます。

日時 : 2018年5月16日(水)
20時10分~21時30分(受付開始19時50分)
会場 : 出雲商工会議所6F 大ホール
入場料 : 無料(定員数50名*先着申込順)

いよいよ開催まで あと10日となりました。

申し込みは
出雲青年会議所コチラから行えます。
皆さまのお越しをお待ちしております。

お問い合わせ先
一般社団法人出雲青年会議所 事務局
TEL:0853-22-3700
FAX:0853-22-3701
Email:info@izumojc.com

BSS山陰放送 午後はドキドキ! 出演

5月1日(火)

鳥取県米子市

株式会社 山陰放送本社にて

BSS山陰放送「午後はドキドキ!」に

一般社団法人出雲青年会議所より

会員開発委員会

委員長 山崎秀樹君

青少年委員会

委員長 赤木 仲君が出演させていただきました。

当日のラジオパーソナリティは

べるをさんと森谷 佳奈さんで

2名の委員長を快く迎え入れていただきました。

 

☆2名ともラジオ初出演☆緊張感が伝わります。

 

まずは

赤木委員長より

5月20日(日)出雲大社にて開催いたします

「第4回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所」のPR

各学年の小学生の皆様への参加の呼びかけをさせていただきました。

 

そして

5月16日(水)NPO法人おっちラボ代表理事 矢田明子を

講師にお招きして開催いたします

一般の方もご参加いただける

5月例会行事「日本で一番チャレンジしやすいまちの作り方」のPR

 

更に

山崎委員長より

6月8日(金)と8月31日(金)の2回に分けて開催いたします

2018年度異業種交流会「いずコラボ」のPR

 

 

以上 約11分間にわたり

3つの事業をBSSラジオ様のご厚意で告知させていただきました。

 

3つの事業それぞれが一般の方にご参加いただいての企画となっております。

第4回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所

5月例会行事「日本で一番チャレンジしやすいまちの作り方」

2018年度異業種交流会「いずコラボ」

↑参加申し込み・お問い合わせ↑

それぞれ

出雲青年会議所ホームページよりお申込みいただけます。

各事業を担当しております委員会が中心となって全身全霊で当日に向けて準備を行っています。

ご興味・ご関心のある方は是非!ご参加の程 よろしくお願いします!!

 

*BSS山陰放送「午後はドキドキ!」出演時の音源はコチラです

 

 

 

 

 

 

 

第3回6JC経済文化交流会

4月24日(火)

出雲市今市町「海山」にて

一般社団法人米子青年会議所様と一般社団法人境港青年会議所様、一般社団法人安来青年会議所様、公益社団法人松江青年会議所様、一般社団法人平田青年会議所様、そして我々一般社団法人出雲青年会議所のメンバーにより、第3回6JC経済文化交流会が開催されました。

 

6JC経済文化交流会とは

島根ブロック協議会と鳥取ブロック協議会が山陰ブロック協議会であったころに育まれた友情を未来に繋げていくために宍道湖中海圏域の青年会議所によって作られた会であり、地域を盛り上げていくための事業を毎年行っております。

 

まず初めに

本会の開催地であります

一般社団法人出雲青年会議所

理事長 影山 晃司君より

この会の成り立ちを振り返りながら

各々の地域での活動

そして情報の共有を図り

6箇所の地域の青年会議所が更に飛躍を遂げていくことが地域の活性化に繋がっていくという力強いメッセージをいただきました。

 

続いて

6JC経済文化交流会会長 佐藤 友馬君より会を通じて友好を深めたいという旨のご挨拶をいただきました。

 

本会では

今年度開催されます事業の内容について協議を行い

各地域より代表してご参加いただいております青年会議所メンバーの意見交換を行うことができました。

会議の後は

懇親会がなごやかに開催され、より一層結束力が強まりました。

 

今年度も

6つの地域の青年会議所が地域を超え、更に友情を育むことが出来るよう活動して参ります。

2月例会行事「編集の達人~ポイントを掴め!~」

2018年2月16日(金)出雲商工会議所にて2月例会行事「編集の達人~ポイントを掴め!~」が開催されました。

私達は様々な局面で様々な種類の文章を読む機会があります。その際に上手くポイントを掴んで読むことができれば、内容の理解がより効率よく行えます。本例会行事では、文章のポイントを掴み、要約する技術を学びました。

まず初めにひと・まちネット委員会担当理事 中尾 光伸君より趣旨説明が行われました。

 

そして、ルール説明の後ゲームに移ります。

5人のグループのメンバー一人ひとりに一つの長文を5分割したものを渡します。順番を並べ替え、もともとの文章がどうだったのか、推理していくゲームです。

まずはグループのメンバーにわかりやすく説明するためにしっかり読み込みます。

 

1回目のゲームが終わった後、レクチャーを行いました。

そして、レクチャーを踏まえて2度目のゲームに挑戦です。話の流れや文脈も意識してしっかり話し合います。

 

各班でグループ討議を行い、得られた意見を発表していただきました。どこも苦戦されていたようですが、見事に正解にたどり着いたチームもありました。

 

この例会事業を通して、要約の技術をしっかり磨くことができました。

 

2月例会行事に向けて準備中!

ひと・まちネット委員会です!

2月16日の例会行事は「編集の達人」です。

本例会行事では、文章の要点を読み取る大切さとコツを学んでいきます。

当日に向け、入念な打ち合わせを行います。

委員会メンバーからのご意見ご指摘をいただきながら、改善を行っていきます。

そして卒業生吉田智彦君、隂山正広君を中心にしっかりとリハーサル。

 

永田委員長 初めての例会行事に向けて気合バッチリ!

 

当日が出雲青年会議所メンバーにとって価値のある学びになるように

そして

出雲の未来のために良い事業にします!