一般社団法人 出雲青年会議所

 
menu

出雲南ロータリークラブ理事長卓話

2019年2月8日(金)、出雲ロイヤルホテルで執り行われた出雲南ロータリークラブ様の例会にて、理事長卓話を行わせていただきました。

理事長卓話では、出雲青年会議所のこれまでの活動(まちづくり・ひとづくり・青少年健全育成・褒章受章・災害支援活動・会員拡大)についてお話をさせていただきました。

そして、2019年度の活動方針とSDGs(持続可能な開発目標)についてもお話をさせていただきました。

SDGsとは、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標であります。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。

今回、卓話という貴重な機会をいただきました、東儀君子会長をはじめとされます出雲南ロータリークラブの皆様に感謝申し上げるとともに、出雲青年会議所メンバー全員で、出雲市がより良い社会になるように邁進して参ります。

2月協議会

2019年2月7日(木)、JCセンター図書館におきまして2月協議会を開催致しました。

2月協議会では、

会員開発委員会 委員長 岩﨑利行君より、「異業種交流会~いずコラボ~」の事業計画の件

まちづくり委員会 委員長 勝部託史君より、「第5回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所」事業計画の件

以上2委員会から2議案の上程がありました。

 

メンバー全員が、事業をより良くするために、積極的に意見を交わす活発な協議会となりました。

最後に監事 伊藤篤君に監事講評をいただきました。

1月も終わり2月に入りましたが、春以降に実施予定の事業が、出雲青年会議所にとって、市民の皆様にとって、必ず実りのある事業にして参りますので、引き続きご期待ください。

2019年度記者懇談会

2019年2月6日(水)、2019年度記者懇談会を開催致しました。

出雲青年会議所では2016年に記者懇談会を開催以降、3年ぶりの開催でしたが、当日は6社の報道機関より7名の記者の方々にご参加いただき開催致しました。

冒頭、理事長 松田岳士君よりご挨拶をいただき、出雲青年会議所が出雲市を明るく活気に溢れる地域にするため、会員全員が協力し合い、まちづくり・ひとづくり・青少年健全育成・リーダーとしての資質向上など、事業・活動を実施していることをお伝えしました。

乾杯では、一般社団法人共同通信社 別宮裕智様より、共に地域をより良くするため協力し合い、多くの市民の皆様に私たちの活動を伝えようと、ご挨拶をいただきました。

  

短い時間ではありましたが、今回ご参加いただいた全ての記者の皆様とお話をすることができました。

参加した出雲青年会議所メンバーにとっても、どのような事業が地域に必要とされているのか等、多くの学びをいただくことができ、とても有意義な時間となりました。

締めでは、直前理事長 影山晃司君よりご挨拶をいただき、出雲青年会議所の活動を一人でも多くの皆様に知っていただくため記者の皆様に広報のご協力をお願いするとともに、出雲青年会議所メンバーも市民の皆様、子どもたちにとって貴重な経験を得ていただくための活動を実施することをお伝えし、記者懇談会を閉会致しました。

最後に、全員で記念撮影を行い記者懇談会を終了致しました。

現在、出雲青年会議所では事業開催に向け、各委員会の委員長を中心に計画を練っております。

事業開催のご案内や募集、事業報告は、出雲青年会議所ホームページ・Facebookで発信をしております。

今後も、出雲青年会議所の活動を広く発信して参りますので、ぜひご注目ください!!!

6JC経済文化交流会 第1回交流会

2019年1月28日(月)、出雲青年会議所の事務局であるJCセンター会議室にて、6JC経済文化交流会 第1回交流会が開催されました。

 

6JC経済文化交流会とは、1976年(昭和51年)に発足し、境港JC・米子JC・安来JC・松江JC・平田JC・出雲JCの6つの青年会議所で構成されております。

島根ブロック協議会、鳥取ブロック協議会にそれぞれ所属する、県境を超えた6つの青年会議所が定期的に会議を開催し、地域に密着した身近で具体的な問題から政治経済に及ぶ問題まで、広域的なテーマを取り上げ、意見を交換し事業を展開するとともに、県境を超え友情、交流を深めております。

2019年度は、6JC経済文化交流会 会長として吉田幸太 君、事務局長として山崎英樹 君が出雲青年会議所を代表し出向しております。

冒頭、開催地の一般社団法人出雲青年会議所 第63代理事長 松田岳士 君より、各地よりご参加いただいたメンバーに対し歓迎と6JC経済文化交流会への激励のご挨拶をいただきました。

続いて、2019年度6JC経済文化交流会 会長 吉田幸太 君より自己紹介とともに、2019年度の活動に対する熱い思いを語っていただきました。

続いて、各地青年会議所から出向されるメンバーの皆様より自己紹介とご挨拶をいただきました。

その後、今後のスケジュールを確認するとともに、秋に開催を目指す事業へ向けて意見交換を行い、第1回交流会を終了致しました。

結びに、いよいよ2019年度6JC経済文化交流会がスタートし、今後、6JC経済文化交流会へ出向者をご輩出いただく各地青年会議所を回らせていただきます。活動を展開する中海・宍道湖・大山圏域がより良い地域になるように、活動に邁進して参ります。引き続き、ご期待ください。

 

 

 

2019年度京都会議~PARTⅡ~

2019年1月20日(日)、昨日に続き、国立京都国際会館で開催される新年式典に参加して参りました。

全国694青年会議所メンバーが一堂に集結し、2019年度鎌田会頭のスピーチを拝聴させていただきます。

岩﨑委員長をはじめとする会員開発委員会の皆様には、連日設営をいただいております。

公益社団法人日本青年会議所 2019年度 会頭 鎌田長明 君が掲げる、スローガン「共に心躍る未来へ やりましょう!」、基本理念「誰もが挑戦できる幸せな国 日本の創造」のもと、「青年会議所が日本一のSDGs推進団体になる」という目標を掲げ運動を展開して参ります。

新年式典では、自分・家族・会社・社会がより良くなるために、自分に何ができるのかを考えるとともに、未来を変える3つの「発想の転換」をスピーチされました。

1、「社会を良くして、経済を発展させる」

2、「ビジネスの機会の提供」

3、「多子社会の創造」

「今生きる私たちが、より良くなろうと思い、社会のために行動を共に起こそう」という力強いメッセージを、全国のメンバーで共有することができました。

 

2019年度京都会議も終わり、全国の青年会議所が「明るい豊かな社会の実現」に向け、各地に戻り運動を展開致します。

出雲青年会議所も、自身の成長のため、家族のため、会社のため、出雲のために、更に一丸となり、これからくる新時代へ向けて、一人ひとりの限りない可能性を信じ、同志と共に活動を行って参ります。

2019年度京都会議~PARTⅠ~

2019年1月17日(木)~20日(日)、京都の地にて、2019年度京都会議が開催されました。

京都会議とは、公益社団法人日本青年会議所のその年度のスタートとなる諸会議が開催されることから、それを称して「京都会議」と呼ばれております。

出雲青年会議所は京都会議の新年式典に参加し、2019年度鎌田会頭のスピーチを拝聴するため、19日(土)に京都へ向かいました。

設営を担当する会員開発委員会の皆様にも、しっかりと準備をしていただき、また出発当日は京都会議に参加できなかった新入会員の村岡 栄徳君、和田 健哉君もお見送りに駆けつけてくれました。

京都に到着後、京料理 いもぼう平野屋本家にてLOMナイトを開催しました。

新入会員の村松英俊君が出雲青年会議所伝統の番内に扮しメンバーのお出迎えをさせていただきました。

LOMナイトには、公益社団法人日本青年会議所 中国地区島根ブロック協議会 2019年度 会長 山崎 桂一君にお越しいただきました。

2019年度は、直前理事長 影山 晃司君が副会長、赤木 仲君が運営専務、竹下頌太郎君が副会長補佐として島根ブロック協議会に出向しております。他にも多くのメンバーが島根ブロック協議会に出向しております。

続いて、専務理事 宮本晋吾君も所属し活躍されています 日本青年会議所 医療部会から 2019年度 部会長 石川 久君にもお越しいただきました。

そして、公益社団法人日本青年会議所 2019年度 JC拡大会議 議長 浅木 武浩君にもお越しいただきました。2019年度は、出雲青年会議所から金村英俊君が広報幹事として、林佑樹君が委員として出向しております。

また、出雲青年会議所のLOMナイトの開催に際し、多くの方々から御厚志を頂戴致しました。皆様に感謝申し上げます。

限られた時間の中ではありましたが、メンバー全員で懇親を深めることができたLOMナイトでした。

 

明日20日(日)は、国立京都国際会館で新年式典が開催されます。

出雲を離れて、京都の地で行われる京都会議でしっかりと学びを得て、自己成長へとつなげて参ります。

2019年度京都会議~出向者~

2019年度は、出雲青年会議所から公益社団法人日本青年会議所・中国地区協議会・島根ブロック協議会・6JC経済文化交流会に総勢14名の出向者を輩出しております。

2019年1月18日(金)には、中国地区協議会の第1回会員会議所会議・地区ナイトが開催されました。中国地区協議会には、顧問 成瀬公平君が直前会長として出向しております。

冒頭、一般社団法人福山青年会議所から出向される、2019年度佐藤大悟会長より新年のご挨拶をいただき、中国地区協議会をより活発にするために中国地区内54会員会議所へのご協力を述べられました。

成瀬直前会長のご挨拶では、2018年度会長として、中国地区協議会にご支援をいただいた御礼と2019年度の活動へのご協力を述べられました。

また、2019年度国際アカデミーin軽井沢のPRもありました。

その後の地区ナイトでは、ブロックの垣根を越え懇親を深めることができました。2019年度の役員紹介もあり、中国地方をより良くするために運動を展開すると力強いご挨拶をいただきました。

また、2019年度は東広島で中国地区コンファレンスが開催されます。東広島青年会議所も多くのメンバーでPRを行われました。

 

2019年1月19日(土)には、拡大セミナーやゴール8セッション~価値デザインの創出に向けて~など、様々なファンクションが開催されました。

出雲青年会議所から日本青年会議所に出向するメンバーも京都の地にて、設営を行っております。

JC拡大会議 広報幹事 金村英俊 君

JC拡大会議   委員 林 佑樹 君

 

 

価値デザイン会議 委員 中尾光伸 君

2019年度、「誰もが挑戦できる幸せな国 日本の創造」に向け、メンバー一人ひとりが自己成長と社会をより良くするために活動を行って参ります。

今後も、ご期待ください。

1月例会行事

2019年1月16日(水)、出雲商工会議所6階大ホールにて1月例会行事「委員長大いに語る」が開催されました。

本例会行事は今年度の各委員会を受け持つ委員長から事業や委員会運営に対する想いを全メンバーと共有することを目的として行いました。

はじめに組織開発委員会 担当理事 森本 隆史 君より趣旨説明が行われました。

そして、各委員長が今年度の委員長職を担うにあたっての志を語ります。引き締まった雰囲気の中で、各委員長とも緊張感を保ちながら、メンバー全員に対し力強く今年度の事業や委員会運営への思い、そして出雲の未来についての思いを大いに語りました。

会員開発委員会  委員長  岩﨑 利行 君

まちづくり委員会 委員長 勝部 託史 君

組織開発委員会  委員長  石橋 慎也君

出雲青年会議所のメンバーは真剣な眼差しでスピーチを聞き、各委員長の思いを受け止めていました。

出雲青年会議所の2019年度は、委員長を中心として、1年間活動に邁進して参ります。1年間どうぞよろしくお願い致します。

1月通常総会

2019年1月16日(水)、出雲商工会議所6階大ホールにて1月通常総会が執り行われました。

第1号議案「2018年度事業報告(案)並びに決算(案)承認の件」を始め3議案が審議されました。

2018年度監事を務められました吉田 智彦先輩と春日 功一朗先輩にお越しいただき、2018年度決算の監査報告を行っていただきました。

第1号議案は採決の結果、全員の賛成で可決されました。

 

続いての第2号・3号議案も採決の結果、全員の賛成で全議案可決されました。

全議案全員の賛成で全議案可決され、

1月通常総会は滞りなく閉会となりました。

2019年度も出雲青年会議所をよろしくお願い致します。

1月例会

2019年1月16日(水)、出雲商工会議所6階大ホールにて1月例会が執り行われました。

新年度となり、2019年度一般社団法人出雲青年会議所の初めての例会です。開会前からピンと張りつめた独特な緊張感に包まれます。

例会の冒頭では、理事長 松田 岳士君より2019年の最初の例会にあたり、「全メンバーが共に手を取り合い、家族のため、会社のため、まちのために自らが成長し、「共創」を実現する一年間にしましょう」と、ご挨拶をいただきました。

  

2019年度、最初のJCIクリード唱和は会員開発委員会 担当理事 森山 恵介 君

JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和は組織開発委員会 委員長 石橋 慎也 君

JC宣言文の朗読並びに綱領唱和はまちづくり委員会 委員長 勝部 託史 君です。

 

 

続いて新入会員バッジ進呈を行いました。2019年度の新入会員を代表して村松英俊君にご挨拶いただきました。本日よりJCバッジを身に着け、晴れて青年会議所の仲間入りです。

 

続いて、組織開発委員会の担当のもと、3分間スピーチが行われました。

毎月スピーカーと講評者が変わり、今月の演題は「今年にかける意気込み」です。

スピーカーは組織開発委員会 委員 赤木 仲 君

講評者は組織開発委員会 委員 石橋 直樹君でした。

 

委員会報告では、会員開発委員会より2019年度新年賀会の御礼並びに京都会議の案内がありました。

 

出向者報告では、

公益社団法人日本青年会議所

価値デザイン会議 委員 中尾 光伸 君

JC拡大会議 広報幹事 金村英俊 君より、

京都会議でのセミナー参加への報告がありました。

会員消息では、1月に誕生日を迎える会員より一言ずつ1年の決意や近況の報告がありました。

監事講評では、監事 伊藤 篤 君より本例会の総括をいただきました。

 

一般社団法人出雲青年会議所2019年度の幕開けとなる1月例会が滞りなく進行し終了致しました。