一般社団法人 出雲青年会議所

menu

ひと・まちネット委員会

委員長 伊藤 篤

26
 このまちは宅地開発や自家用車の普及により、市街地の郊外化が進み、中心部の空洞化や集落の拡散というかたちを成してきました。このまま中心部の衰退したまちは人が集まれる場をなくし魅力を失われてしまいます。私たちがまちの未来を明るく照らすためにも、私たちと市民が理想とするまちの実現のために、今ある魅力を活かしながら、新しい魅力を創り、解決に向けて行動していかなければなりません。
 ひと・まちネット委員会はこのまちの目指すかたちはどうあるべきかを根本から考え見定めることで、「次代を切り拓く」新しいまちづくりモデルを創造していきます。私たちがまず取り組んでいくのは、このまちの魅力を再確認し、集約することです。そしてその魅力を多くの市民に発信することで、市民がこのまちの魅力を再確認、新発見し、新たな魅力が増え、まちの未来を明るく切り拓きます。また、市民と一緒になって育んできた出雲キャンドルナイトは、市民主体の運営形態に移行するために、本年度は市民自ら開催できるよう引き継ぎをしっかり行い、より多くの市民の手で創り出せるよう継承していきます。さらに本年度は、出雲市市長選挙が行われます。市民がこのまちについてどう考えているかを知り、争点はどこなのかをはっきりさせるとともに、選挙権を初めて持つ若者にまちについて考えてもらう機会を創るために出雲市市長選公開討論会を開催します。最後に出雲青年会議所は志を繋げる団体として運動してきました。私たちも未来へと志を繋ぐために思いを伝え、仲間を一人でも多く受け入れるために青年会議所運動を展開していきます。
私たちはこれからの未来を生きる青年として、まちの明日のために考え行動しなければなりません。このまちに魅力があふれ、まちに誇りを持てるよう、新しい切り口から「次代を切り拓く」ことで私たちが、出雲の未来を創造します。

新着情報