一般社団法人 出雲青年会議所

menu

JCI少年少女国連大使出雲ロータリークラブでの啓蒙活動


8月23日(水)、出雲ローターリークラブにて、少年少女国連大使による啓蒙活動が行われました。

5576

先日、少年少女国連大使としてニューヨークで研修を受けてきた小豆澤翔君が、研修を通じて学んだ、5R+Aについて壇上より説明しました。

 

5575

世界では1秒という短い時間に3トンものゴミが海岸に漂着します。その量は一年間で800万トンにもなり、アフリカ象135匹分という途方も無い量になります。

 

5577

なぜそんなにゴミが増えてきたのかを考えると、理由は2つあり、1つ目は人々が新商品を求めて、中古商品を買わなくなったからです。また2つ目は理由は、使い捨て商品が多用されるようになったことです。

 

 

ゴミが海に捨てられて起こる被害として海洋生物が誤飲してしまったり、体に絡みついたりして死ぬことです。

ゴミを減らす方法として昔から有名な再利用、減らす、再資源化の3つの項目に加え、最近では不要なものを買うことを拒むことと修復することが挙げられ、いずれの英訳での頭文字を取り、5Rと呼ばれます。

5578

それに自覚(Awareness)を足して5R+Aと呼びます。

ゴミの問題は、私たち一人一人の自覚によって大きく変わると私たちは考え、解決方法として、この5R+Aを掲げて行動していきたいと小豆澤翔君は提唱致しました。

« | トップページ | »