一般社団法人 出雲青年会議所

menu

4月例会


2017-4-16(1)

4月16日(日)、出雲商工会館6F大ホールにて4月例会が執り行われました。まず、理事長成瀬公平君が冒頭の挨拶にて、役職を受けるからこそ経験出来ることがあること、我々が日頃感じる痛みは大切なものを守るために必要なことであるとおっしゃいました。

 

2017-4-16(2) 2017-4-16(3)

また、公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会 副会長 足立和昭君、島根の基盤創造委員会 委員長 石倉英弥君より鳥取県及び島根県参議院合同選挙区解消に関するアンケートと憲法改正への署名活動のお願いがありました。

 

2017-4-16(4) 2017-4-16(5)

委員会報告ではひと・まちネット委員会より、第1回出雲キャンドルナイト実行委員会の開催について報告があり、出雲キャンドルナイトを高校生が主体的に作り上げてもらうという考えのもと運営しており、メンバーの皆様にぜひオブザーブをしてほしいとのお願いがありました。

 

2017-4-16(6) 2017-4-16(10)

また、青少年委員会より、第3回わんぱく相撲大会出雲場所に関して、ご参加頂くお子様の募集への協力と、相撲大会当日の参加へのお願いがありました。

 

2017-4-16(7) 2017-4-16(9)

最後に、監事講評では、監事佐藤勝博君より、統計は真実を写すという考えのもと、ハインリヒの法則に触れ、1つの大きな問題の背景には29もの軽微な問題があり、その背後には300ものさらに小さな問題が存在するため、日頃メンバーが青年会議所活動で感じた疑念は些細なことであってもしっかり訴えかける必要があるとおっしゃいました。また、同様に、1つの成功は29のステップと300の前向きな気持ちから成り立っており、ひとりひとりが何のために青年会議所活動をするのかを考え、ゴールを意識することで大きな成功に導かれると述べられました。

2017-4-16(27)

« | トップページ | »