一般社団法人 出雲青年会議所

menu

多文化共生事業「Newわーるどin出雲~Youも私もIZUMOJIN~」開催、参加者募集のお知らせ

事業開催、参加者募集のお知らせです!
2017年10月7日(土)9:00~
出雲市中心商店街におきまして多文化共生事業「Newわーるどin出雲~Youも私もIZUMOJIN~」を開催いたします。

今回開催する事業は出雲市在住の日本人、外国人住民親子を対象にイベントラリーに参加してもらい、楽しみながら交流し、地域の文化を学び、多文化共生のための意識を醸成することを目的としています。

事業内容は以下の通りです。

事業名称:多文化共生推進事業「Newわーるどin出雲~Youも私もIZUMOJIN~」

開催日 2017年10月7日(土) (出雲夢フェスタと同時開催)

9:30~ イベントラリー開始

~17:00  イベントラリー終了

開催地 中町、扇町商店街

主 催 一般社団法人出雲青年会議所

参加費 無料

参加資:出雲市内在住の親子70組(国籍は問わず、また主催者が認めた場合親子でなくても参加可能)

参加申し込みはこちらから!!!!

↓↓ちらし表、裏(申込書)とダウンロードできます。↓↓

>ちらし表面ダウンロード

>ちらし裏面ダウンロード

 

 

 

JCI少年少女国連大使出雲ロータリークラブでの啓蒙活動

8月23日(水)、出雲ローターリークラブにて、少年少女国連大使による啓蒙活動が行われました。

5576

先日、少年少女国連大使としてニューヨークで研修を受けてきた小豆澤翔君が、研修を通じて学んだ、5R+Aについて壇上より説明しました。

 

5575

世界では1秒という短い時間に3トンものゴミが海岸に漂着します。その量は一年間で800万トンにもなり、アフリカ象135匹分という途方も無い量になります。

 

5577

なぜそんなにゴミが増えてきたのかを考えると、理由は2つあり、1つ目は人々が新商品を求めて、中古商品を買わなくなったからです。また2つ目は理由は、使い捨て商品が多用されるようになったことです。

 

 

ゴミが海に捨てられて起こる被害として海洋生物が誤飲してしまったり、体に絡みついたりして死ぬことです。

ゴミを減らす方法として昔から有名な再利用、減らす、再資源化の3つの項目に加え、最近では不要なものを買うことを拒むことと修復することが挙げられ、いずれの英訳での頭文字を取り、5Rと呼ばれます。

5578

それに自覚(Awareness)を足して5R+Aと呼びます。

ゴミの問題は、私たち一人一人の自覚によって大きく変わると私たちは考え、解決方法として、この5R+Aを掲げて行動していきたいと小豆澤翔君は提唱致しました。

9月例会行事「リーダーシップの技術」一般参加者募集のお知らせ

9月16日(土)に9月例会行事として株式会社メデュアクト 代表取締役 流石学様をお招きして講演会を行います。
講師の流石先生は2013年に島根県に移住し起業、経営コンサルタントとして島根、東京を拠点として全国で活躍されています。これまで医療機関、一般企業での管理職研修、若手職員研修を数多く実施されており、雲南市の若手ビジネスリーダー養成講座のメイン講師も務めておられます。

今回は「リーダーシップの技術」と題し、講演会を行っていただきます。参加者の皆様にはグループワークを行いながら、仕事や地域活動で明日から成果が出す方法についても身につけることができます!
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
※尚、お席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。

<<申し込みチラシのダウンロードはこちらから

第43回島根ブロック大会

第43回島根ブロック大会(2)

8月19日(土)、浜田市のいわみーるにて、第43回島根ブロック大会が盛大に執り行われました。

 

第43回島根ブロック大会(3)

本大会では公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会の運動の発信の場として、記念式典と、「山陰新幹線会議」と題し、「交通インフラ整備により、成長・発展する島根へ」の演題のもと、株式会社経世論研究所 所長 三橋貴明氏をお招きして講演会が開催されました。

 

第43回島根ブロック大会(7) 第43回島根ブロック大会(9)

記念式典には衆議院議員竹下亘氏をはじめ多くの来賓がご列席なさいました。

 

第43回島根ブロック大会(5)

出雲青年会議所より出向しておりますブロック大会委員会の今岡正基君がおもてなしのこころを持ち、懸命に設営に尽力しておりました。

 

第43回島根ブロック大会(6) 第43回島根ブロック大会(8)

講演会では三橋貴明氏より、デフレを脱却出来ずに地方はもがいている現状に対し、交通インフラを整備していない国は経済成長が出来ていない例を挙げ、逆に島根でインフラ整備を進めたあかつきには必ずしや経済成長を成し遂げられると述べられました。

そして、地方が経済成長すると、若者の流出を防ぎ、出生率の上昇が期待できるともおっしゃいました。

この島根を牽引する青年経済人である我々青年会議所メンバーは、本講演を通じてこの地域の未来に大いなる可能性があることに気付き、今後我々が社業や青年会議所運動を取り組むにあたって指針となる貴重な学びの機会となりました。

青少年事業「Boys be ambitious」~みんな同じ空の下~プログラムⅢ開催のお知らせ

9月3日(日)出雲西高等学校にて青少年事業「Boys be ambitious」~みんな同じ空の下~プログラムⅢを開催致します。

今年の青少年事業は「命と生き方」をテーマに出雲市内の高校生を対象として、7月2日(日)プログラムⅠ:オリジナルセミナー、8月5日(土)~8日(火)プログラムⅡ:フィリピン研修を行ってまいりました。

そして、最後となるプログラムⅢでは参加した高校生が約2カ月に亘り、様々な経験を通して考えた事・感じた事を発表して頂きます。

ぜひ、発表する高校生の声を聴いて頂きたいと考えておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

 

日時:9月3日(日) 13:00~14:30(受付開始:12:25~) ※開会5分前にはお越し下さい。

場所:学校法人永島学園 出雲西高等学校 4F 多目的室

※席数に限りがございます。

参加希望、申込状況等、お問い合わせは下記までよろしくお願い申し上げます。

 

一般社団法人出雲青年会議所 事務局

TEL:0853-22-3700 FAX:0853-22-3701 Email:info@izumojc.com

担当:青少年委員会 児玉、江角

8月例会

8月16日(水)、出雲商工会館6F大ホールにて、8月例会が執り行われました。

8月例会(4)

まず冒頭の挨拶にて、理事長 成瀬公平君より、これから取り組んでいく会員拡大に際し、出雲青年会議所の楽しさに加え、自分自身が成長することこそが青年会議所の魅力であることを対象者へ伝えなくてはならないとおっしゃいました。

また、新潟にある青年会議所OB様の企業が、JCの綱領の様に会社の綱領を作り、それを実践した末に企業が大きく成長し、上場まで至った例を挙げ、出雲青年会議所のメンバーへ向け、自分が成長し、そして自分の成長でまわりを成長させてほしいと述べられました。

 

8月例会(1) 8月例会(2)

8月例会(3) 8月例会(5)

委員会報告では60周年特別委員会 委員長 森山恵介君より創立60周年記念講演会に関するお願いがありました。また、ひと・まちネット委員会 委員長 伊藤篤君より、出雲キャンドルナイト2017へのご協力のお礼と、9月例会行事に関するお願いがありました。

 

8月例会(6) 8月例会(7)

8月例会(8) 8月例会(9)

青少年委員会 委員長 江角彰則君より、わんぱく相撲全国大会とフィリピンで行われた青少年事業プログラムⅡへのご参加とご協力のお礼と、青少年事業プログラムⅢへの参加のお願いがありました。

 

8月例会(10) 8月例会(11)

8月例会(12) 8月例会(14)

そして公益社団法人日本青年会議所全国大会運営会議へ出向しております春日功一朗君より、全国大会埼玉中央大会への登録のお願いがありました。最後に熊本で行われました国際アカデミーに参加した山崎英樹君より、現地で学んだことをご報告頂きました。

創立60周年記念講演会 開催のお知らせ

チラシ、ポスター

「明るい豊かな社会」の実現を目指して長きに渡り運動を行って参りました当青年会議所も、関係各所また地域の皆さまのご理解、ご協力を賜り創立60周年を迎えることとなりました。

この記念すべき年にあたり、記念事業として、蓮池薫氏をお招きし、「夢と絆」をテーマに講演会を開催いたします。

日 時    : 平成29年9月24日(日)15時30分~17時00分(開場15時00分)

会 場    : 出雲市民会館 大ホール

入場料     :  1,000円(事前に入場券のご購入をお願いします)

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

お問い合わせ先

一般社団法人出雲青年会議所 事務局

TEL:0853-22-3700 FAX:0853-22-3701 Email:info@izumojc.com

 

8月協議会

8月10日(金)、JCセンターにて8月協議会が開催されました。

8月協議会(4)

まず第1号議案である9月例会行事「リーダーシップの技術」事業計画がひと・まちネット委員会 委員長 伊藤篤君より上程されました。伊藤委員長のしっかりとした準備と説明により、見事承認されました。

 

8月協議会(3)

続く第2号議案の多文化共生推進事業「Newわーるどin出雲~Youも私もIZUMOJIN~」事業計画は、同じく伊藤委員長より上程されましたが、説明不足により協議会メンバーの充分な理解を得られず、惜しくも取り下げとなりました。

 

8月協議会(2)

また、第2号議案に関連する第3号議案「10月協議会日程変更の件」事業計画は第2号議案の取り下げに伴い、総務広報委員会によって取り下げとなりました。

8月協議会(1)

JCセンター除草作業

8月5日(土)、早朝6時より、一般社団法人出雲青年会議所の事務局である「JCセンター」の草取りを行いました。

明るい豊かな社会を目指してこの出雲で活動する我々の拠点として、また、出雲市民の皆様にとっても、JCセンターは常に美しい外観を保つ必要があります。

枝葉が伸びた生垣の剪定を中心に敷地内の除草作業を行ったことで事務局の周囲は美しさを取り戻し、メンバーが活動する場所として、環境の保全に繋がりました。

 

DSC_3361

青少年事業「『Boys be ambitious』~みんな同じ空の下~プログラムⅡ」4日目

8月8日(火)「『Boys be ambitious』~みんな同じ空の下~プログラムⅡ」4日目、フィリピンで様々な経験をさせて頂いた渡航団は、早朝よりニノイ・アキノ国際空港に向けホテルを出発しました。

DSC_0215 DSC_0216

ニノイ・アキノ国際空港へ到着後、少し時間がありましたので、みんなでお土産を購入致しました。

種類も多く、あっという間に日本へ向けての出発時間となりました。

DSC_0221

これより空路、日本へ戻り、夜には出雲に帰ります。振り返るととても短く感じた4日間でした。それだけフィリピンで体験したこと、自らの目で見て、肌で感じたこと、多くの人々との出会いはとても色濃く、命や幸せを各々が考えさせられ、大きな心の成長に繋がりました。

プログラムⅡフィリピン研修を通して、世界と日本との違い、生活環境・習慣の違い、人や言葉の違い等を実感しました。そして、命の尊さや懸命に生きる大切さを肌と心で深く学ばさせて頂きました。フィリピンで出会った多くの人々に感謝するとともに、それぞれの夢や目標に向かって力強く生きていく覚悟を醸成致しました。

最後に、9月3日(日)に出雲西高等学校にて、プログラムⅢとして、本事業に参加頂いた高校生4名による報告発表会を開催致します。ぜひ、彼らの言葉に耳を傾けて頂けたらと思います。引き続きご期待ください。

DSC_0219 DSC_0189