一般社団法人 出雲青年会議所

menu

第33回わんぱく相撲全国大会

7月30日(日)東京 両国国技館にて第33回わんぱく相撲全国大会が開催されました。今年は「夢に向かって熱くなれ!」~つながりから学ぶ和の心~をスローガンに、公益財団法人日本相撲協会・公益社団法人東京青年会議所の主催で行われました。出雲青年会議所も「チームいずも」として全国大会に参加しました。

前日の7月29日(土)は、朝より出雲から両国国技館へ移動しリハーサルに参加して、夜は相撲部屋に宿泊します。

選手3名と引率大人1名が相撲部屋に宿泊をさせていただきます。

DSC_0027

両国駅に到着してから、記念撮影を行い両国国技館に移動します。

DSC_0045

今年は全国から396名の選手が参加し、30日(日)の本番に向けて真剣に入場行進のリハーサルや競技指導を受けました。

DSC_0075 DSC_0100

リハーサル終了後、お世話になります錣山部屋に移動しました。

今年は、山形県の代表と岐阜県の代表の選手と一緒に寝食を共にさせていただき、明日はみんなで勝つことを誓い、楽しく過ごしました。

そして、錣山親方と子供達みんなで記念撮影をさせていただきました。

また、錣山部屋の奥様、力士の皆様にとてもお世話になり、一生の思い出に残る経験をさせていただきました。

DSC_0125 DSC_0114 DSC_0117

翌日、お世話になりました錣山部屋にお礼を言って両国国技館に向かいました。

いよいよ全国大会本番。

前日のリハーサルとは表情が違い、参加選手全員が気合の入った顔つきで入場行進を行っています。

DSC_0136 DSC_0182

開会式終了後、4年生・5年生・6年生の順番で競技が行われます。

チームいずも 4年生 藤川颯太君

DSC_0159 DSC_0221

チームいずも 5年生 布野智希君

DSC_0228 DSC_0233

チームいずも 6年生 安部山侑作君

DSC_0201 DSC_0204

<結果>

4年生 藤川颯太 君     2回戦勝利、3回戦惜敗

5年生 布野智希 君     2回戦勝利 3回戦惜敗

6年生 安部山侑作 君 2回戦惜敗

選手は精一杯力を発揮して競技を行いました。そして、今回の大会を通じて来年さらに強くなり全国大会に参加する目標も出来ました。

本大会を振り返りますと、これまで支えてくれた家族、指導をしていただいた先生、相撲部屋でお世話になった皆様、相撲部屋に一緒に宿泊した山形県と岐阜県の選手と本当に多くの方とのつながりを実感できる全国大会でした。

これからも、自分自身の夢に向かって、そして周囲の人に感謝をしながら一生懸命歩んでくれることを期待しております。出雲青年会議所としても引き続き、青少年育成に取り組んでまいりますのでご期待ください。

 

 

第十回神話の夢舞台 出雲 四方綱引全国大会

7月30日(日)、出雲市のカミアリーナにて、第十回 神話の夢舞台 出雲 四方綱引全国大会が開催されました。

四方綱引170730(6)

 

出雲神話祭りの開始とともに、国引き神話をなぞらえて始まった綱引大会が発祥の四方綱引全国大会は、今回、10回目の開催となります。記念すべき第十回の大会には、出雲市内を中心に、全国各地より400名もの参加がありました。

 

四方綱引170730(1) 四方綱引170730(7)

今回は出雲青年会議所として、野球部チームとバレー部チームに分かれての参加となり、それぞれのチームが、日頃のスポーツで培った力を余すことなく発揮しました。

 

 

四方綱引170730(4) 四方綱引170730(5)

野球部チームもバレー部チームも並み居る強豪相手に全力でぶつかりましたが、そうたやすく勝利を勝ち取ることができません。残念ながら両チームとも第1試合と第2試合ともに敗北を喫します。

 

四方綱引170730(2) 四方綱引170730(9)

しかし、お互い励ましあいながら、声を掛け合い、野球部もバレー部も第3試合と第4試合でそれぞれ貴重な1勝を手にすることができました。

 

四方綱引170730(10) 四方綱引170730(8)

結果的には優勝はおろか入賞することさえ叶いませんでしたが、四方綱引を通じて、野球部とバレー部とそれぞれさらなる友情を深めることができました。また、今回、出雲青年会議所として第1回大会より本大会まで全10回すべてに参加したことに対して大会主催者様より表彰頂き、これまで継続的に参加してきたことを改めて知ることで次回の参加への高い意欲につながりました。

 

 

 

第3回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所 出雲市長表敬訪問

7月25日(火)出雲市役所にて、7月30日(日)東京 両国国技館で開催される第33回わんぱく相撲全国大会に向けて出雲市長表敬訪問を行いました。

DSC_0041 DSC_0030

第3回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所で優勝した5年生 布野智希君、6年生 安部山侑作君から「全国で一つでも多く勝ちます」と力強く話をさせていただきました。

DSC_0054

また、今年は錣山部屋に宿泊をさせていただくことが決まっており、「相撲部屋で宿泊するのも楽しみ」「たくさんの人と仲良くなりたい」と話しました。

最後に全員で写真撮影をさせていただきました。

全国大会に向けて一生懸命練習を重ねてきていますので、全国の舞台で一つでも多く勝てるように頑張ってまいります。

DSC_0064

 

7月例会

7月16日(日)、出雲商工会館6F大ホールにて、7月例会が執り行われました。

7月例会(1)

理事長 成瀬公平君より、例会の冒頭にご挨拶があり、青年会議所活動は決して仕事をしなくてもよい人が仕事をせずにやっているのでは無いこと、そして、団体に所属するひとりひとりのポテンシャルが上がれば良い団体になり、そしてひいては国が良くなっていくと、と述べられました。

 

7月例会(2)

3分間スピーチでは「あなたの考えるJCの役職」をテーマに青少年委員会委員の高橋良治君より自身の体験をふまえたスピーチがありました。

 

7月例会(3)

報告事項では、公益社団法人倉敷青年会議所より出向されている、委員長 松本昌彦君をはじめとされます、中国地区コンファレンス運営委員会の皆様より、公益社団法人日本青年会議所中国地区協議会の「中国地区コンファレンス2017in倉敷 Regional Innovations」のPRがありました。

 

 

7月例会(4) DSC_0606

また、委員会報告では、会員開発委員会 委員長 中尾光伸君よりリーダーズアカデミーⅡ、家族会、いずコラボへのご参加とご協力のお礼がありました。そして、60周年特別委員会 委員長 森山恵介君より、創立60周年記念式典と祝賀会、前日のゴルフコンペと前夜祭へのご協力のお願いがありました。

 

7月例会(5) 7月例会(6)

そして、ひと・まちネット委員会 委員長 伊藤篤君より、キャンドルナイトへのご協力のお願いがありました。また、青少年委員会 委員長 江角彰則君より、青少年事業「Boys be ambitious」~みんな同じ空の下~プログラムⅠへの参加のお礼と、今後続くプログラムⅡへのご参加とご協力のお願いがありました。

 

7月例会(7) 7月例会(8)

出向者報告では、公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会 島根の力創造委員会 委員長 吾郷健君より、2017年度リーダー育成事業への参加のお礼がありました。また、公益社団法人日本青年会議所中国地区島根ブロック協議会 島根の基盤創造委員会 副委員長江角智也君より、合区問題への署名活動とアンケート収集のご協力のお願いがありました。

 

7月例会(9) 7月例会(10)

出雲キャンドルナイト2017第4回実行委員会

2017年7月16日(日)にJCセンター図書館にて、出雲キャンドルナイト2017第4回実行委員会が開催されました。

まず始めに実行委員会の代表であります成瀬理事長よりご挨拶を頂き、続いて坂本実行委員長より本事業の意気込みを述べて頂きました。

DSC_0425

DSC_0427

実行委員会当日は出雲ケーブルビジョン様にご同席頂き、一般の皆様に出雲キャンドルナイト2017を広く周知して頂くため、実行委員会風景の撮影及び取材をして頂きました。

DSC_0430 DSC_0431

実行委員会メンバーであります高校生の皆様より、中町商店街に当日配置するキャンドルオブジェについて、試作品を用いながらご説明を頂きました。

DSC_0439DSC_0440DSC_0449DSC_0447

実行委員会終了後、出雲キャンドルナイト2017の開催地であります扇町・中町商店街に実行委員会メンバーで挨拶回りに伺わせて頂きました。

DSC_0456DSC_0504DSC_0473DSC_0488

開催地の皆様から温かいご声援と励ましのお言葉を数多く頂戴し、実行委員会メンバー一同改めて身が引き締まる思いでありますと共に、8月11日(金・祝日)の開催に向けしっかりと準備をして参ります。当日は多くの市民の皆様のご参加・ご来場を心よりお待ち致しております。

なお、出雲キャンドルナイト2017の詳細は、同ホームページの2017年7月14日の新着
出雲キャンドルナイト2017「 縁輪~絶えぬつながり新たな灯り~」各種募集のご案内にてご紹介させて頂いておりますので、そちらの記事もあわせてご拝読下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

異業種交流会「第1回いずコラボ」開催

7月14日(金) Cafe THE PARK IZUMO(カフェ ザ パーク出雲)にて異業種交流会「第1回いずコラボ」開催いたしました。

成瀬理事長開会の挨拶

交流を深めます

当日は、週末で夕方のお出かけにくい所、多くのメンバーの皆様にお越しいただき、総勢100名で盛大に開催させていただくことができました。当日は、職種や役職に関係なく、限られた時間の中でご参加いただいた皆様に交流を深めていただくことができました。ご参加いただきました皆様にとって新しい繋がりを得ることが出来た有意義な時間になったと考えております。

活気に溢れた交流会です

この「いずコラボ」に参加した事がきっかけとなり、ご自身の仕事を行う上でのヒント、ビジネスチャンスに繋げていただければ幸いでございます。

食事はビュッフェスタイル

次回は9月1日(金)

場所と時間は今回と同じく Cafe THE PARK IZUMO(カフェ ザ パーク出雲)にて

19時より開始いたします。

ご興味のある方は是非ご参加くださいませ。

出雲キャンドルナイト2017「 縁輪~絶えぬつながり新たな灯り~」各種募集のご案内

8月11日(金・祝日)に出雲キャンドルナイト2017「 縁輪~絶えぬつながり新たな灯り~」を
今市中心商店街等にて開催致します。

本年度は第12回出雲神話まつりと同時開催し、キャンドルナイト実行委員会には出雲工業高校、
出雲商業高校、出雲高校、出雲西高校の4校の生徒の皆様にご参加頂きまして、現在準備等行っております。

本事業は出雲市全体を巻き込んで、人と人との絆を深めること、市民の愛郷心を育むこと、
出雲市内外の多くの人々に出雲市の魅力を伝えることが可能となり、若い目線、
柔軟なアイデアを生かしたまちづくり事業として、
これからの出雲市を牽引していくイベントになると考えます。
当日は企業団体オブジェを出雲市駅北口スペースに、
保育園、幼稚園、そして高校生のキャンドルオブジェを中町に配置し、
キャンドルの灯りで出雲の夜を彩ります。

!cid_ii_15d1c5bf136d77a9

出雲キャンドルナイト2017イベント概要のダウンロードはこちらから

 

現在、下記の募集を承っております。

①キャンドルナイトボランティアの募集

出雲キャンドルナイト2017ボランティア募集要項のダウンロードはこちらから

②キャンドルオブジェの募集

・幼稚園・保育園様向けのキャンドルオブジェ

・企業・団体様向けのキャンドルオブジェ

出雲キャンドルナイト2017キャンドルオブジェ 幼稚園・保育園募集要項のダウンロードはこちらから

出雲キャンドルナイト2017キャンドルオブジェ団体募集要項のダウンロードはこちらから

 

当日はキャンドルナイト実行委員会一同、多くの市民の皆様のご来場をお待ちしております。

 

2018年度理事選挙立会演説会

理事選挙立会演説会(1)

7月12日(水)、JCセンターにて「2018年度理事選挙立会演説会」が開催されました。

 

理事選挙立会演説会(9)理事選挙立会演説会(10)

先般、10名の立候補者より理事選挙立候補の届出あり、厳正な審査の結果、役員選考委員会に立候補届が受理されました。

 

理事選挙立会演説会(11) 理事選挙立会演説会(4)

この理事選挙立会演説会は、次年度の出雲青年会議所を担うべく自信と勇気を持って手を挙げた10名の立候補者が、理事としての心構えと自身の考える理事としての役割をメンバーに向けて演説するために開催されました。

 

理事選挙立会演説会(2) 理事選挙立会演説会(3)

まず初めに、理事長成瀬公平君よりご挨拶があり、続いて役員選考委員会委員長 高橋泰孝君よりこの立会演説会の趣旨説明がありました。

 

理事選挙立会演説会(5) 理事選挙立会演説会(6)

理事選挙立会演説会(7) 理事選挙立会演説会(8)

理事立候補者の米原誠一君をはじめ10名の立候補者は届出順に演説を行いました。

 

理事選挙立会演説会(13) 理事選挙立会演説会(14)

理事選挙立会演説会(15) 理事選挙立会演説会(16)

また、演説を受けて、次年度理事長所信を拝読した上で参加したメンバーは、来る2018年度へ向け、気持ちをひとつとする場となりました。

理事選挙立会演説会(17)

2017年度家族会~Magic Nighit Carnival~

7月9(日) ベルヴィ ベル・ブラージュにて2017年度家族会~Magic Nighit Carnival~を開催致しました。

日曜日の17時というお出かけにくい時間ではありましたが、

メンバーとご家族様合わせて104人の皆様にご参加をいただきました。

顔出しパネルでお出迎え

まずはご参加いただきました皆様とベルヴィ ベル・ブラージュ特設チャペルにて記念撮影を行いました。

集合写真

そして家族会のメイン会場に移動して

成瀬理事長のご挨拶、そして松田副理事長のカクテルマジックをを取り入れた乾杯のご挨拶で家族会開宴となりました。

理事長挨拶

DSC_0110

例年と違った志向で開催いたしました家族会ですが、

根本であります主催の目的「家族観交流」の要素を含んだ設営を実施させていただきました。

ビンゴカード作成中

名前シール交換中

ご歓談中には、

ご家族の皆様に少しでも青年会議所活動を知ってもらう為に紹介映像もご覧いただきました。

DSC_0191

メインイベントの中尾委員長と加藤幹事による「マジックショー」では

子どもたちのパワーとメンバーの声援のおかげで、楽しい時間を共有することができました。

マジックショー開催中

マジック終了後、

ご歓談中にご用意いただきました参加メンバーの名前で埋められたビンゴカードを使用してビンゴ大会を開催いたしました。

参加メンバー全員にご参加いただきましたおかげで、ビンゴ大会も盛大に行わせていただくことができました。

ビンゴ大会

締めの挨拶は

今回の家族会を担当させていただきました会員開発委員会 委員長 中尾光伸君による挨拶で閉宴となりました。

中尾委員長による締めの挨拶

2時間半という限られた時間ではございましたが、メンバー・奥様・お子様の会話が絶えない

そして、家族間での交流も存分に行っていただくことができた家族会になりました。

 

2017年7月9日が、

ご参加いただきましたご家族の皆様にとってひと夏の楽しい思い出となっていただける事を願っております。

 

青少年事業「Boys be ambitious」~みんな同じ空の下~プログラムⅠ

7月2日(日) JCセンター図書館にて青少年事業「Boys be ambitious」~みんな同じ空の下~プログラムⅠを開催致しました。

プログラムⅠでは「命の尊さと命のもつ力強さ」をテーマに青少年委員会メンバーによるオリジナルセミナーと本事業にご協力頂いておりますSYD様によるセミナーを実施致しました。

DSC_0122 DSC_0142

DSC_0152 DSC_0221

青少年委員会メンバーによるオリジナルセミナーでは、「命」について様々な視点からセミナーを行い、出雲青年会議所メンバーと高校生が共に意見を交わし合いながら「命」について深く考えることが出来ました。

DSC_0082 DSC_0075

そして、SYD様によるセミナーでは「貧困と共に生きる子どもたち」を演題に、フィリピンの現状やボランティア活動に参加された参加者の感想を拝聴し、同じ空の下でも日本とは違う現実に幸せとは、豊かさとは何かを考える機会となりました。

DSC_0188 DSC_0193

セミナーを拝聴した高校生も日本とは違う現状に、「命」について真剣に考え自分自身の中で、プログラムⅡに向け課題をもつことが出来ました。

DSC_0199 DSC_0200

最後に結団式を行い、高校生の皆様からプログラムⅡに向けて意気込みを語って頂きました。

次のプログラムⅡは8月5日(土)~8日(火)の日程でフィリピン共和国で行います。

引き続き、青少年事業「Boys be ambitious」~みんな同じ空の下~にご期待ください。

DSC_0230 DSC_0226