一般社団法人 出雲青年会議所

menu

献血事業「僕たちの一歩は、誰かの一生」

11月18日(土)にJAしまねラピタ本店で献血事業「僕たちの一歩は、誰かの一生」を行いました。

DSC_0833   DSC_0855

全国で1日平均約3,000人が輸血を必要としており、血液が不足しがちな冬期において献血者の確保は必要不可欠であります。そこで当日は、出雲中央ライオンズクラブの皆様と協同で一般市民に献血への協力を促すために、街頭での呼びかけによる啓発活動を行いました。

DSC_0843   DSC_0858

啓発活動を行ったことによって32名もの多くの方々に献血をして頂くことが出来ました。

DSC_0857   DSC_0865

島根県赤十字血液センターと出雲中央ライオンズクラブの皆様からも感謝のお言葉を頂きました。自分に出来る社会奉仕の一つとして多くの市民の方々に献血への啓発が出来たと思います。

仮入会員セミナー

11月2日にニューウェルシティ出雲 2F 銀河の間にて仮入会員セミナーが開催されました。

初めに、成瀬理事長より挨拶をいただきました。

IMG_2983

2018年度会員開発委員会委員長予定者の山崎英樹君から仮入会員の紹介があり、代表で是津真之君から代表で挨拶してもらいました。

IMG_2992   IMG_2997

続いて松田副理事長より青年会議所の意義と必要性についてご講演いただきました。

IMG_3000   IMG_3009

続いて現役会員スピーチでは2017年度の委員長3名に青年会議所活動を振り返り、自らが成長したことについてお話いただきました。

IMG_3016   IMG_3021   IMG_3024

最後に第57代理事長 今岡幹晴先輩を講師にお招きし、現役当時のご経験をもとに、
青年会議所の目的とその生かし方についてご教授頂きました。
ご講演では、一般社団法人出雲青年会議所が三信条のもと、明るい豊かな社会の実現に向け活動を行う団体であることと、青年会議所で得られる自己成長や出会いには無限の可能性があることを仮入会員の方のみならず、現役の我々にも多くの気づきを与えて頂きました。

IMG_3031   IMG_3033

このセミナーを通じ仮入会員の方は、今後の青年会議所活動において、主体的に取り組む為の意欲が向上し、メンバーと共にこのまちの未来を担う人財へ成長していくと考えます。

青少年事業「Boys be ambitious」~みんな同じ空の下~プログラムⅢ 開催

9月3日(日)出雲西高等学校にて、青少年事業「Boys be ambitious」~みんな同じ空の下~プログラムⅢを開催致しました。

本年度の青少年事業は、「命と生き方」をテーマに命の尊さや力強さ、懸命に生きる大切さを考え、主体性や積極性、協調性を身に付けることを目的として実施しております。

このプログラムⅢでは、7月に実施したプログラムⅠ「命の尊さと命のもつ力強さ」を考えるセミナーと8月に実施したプログラムⅡ「フィリピン研修」を通して、どういう経験をしたのか、現地はどういう場所だったのか、何を感じたのか、青少年事業に参加前と参加後で変わった事等、4名の参加高校生による報告発表を行いました。

DSC_0251

まず初めに理事長成瀬公平君より御挨拶として、現代の高校生は座学の環境は整っているが、体験を通じて自信を深めることが必要であり、それに加え、周りに感謝することが大切で、感謝出来るからこそ頑張れると述べられました。

DSC_0276

そして、青少年委員会の高橋良治君よりプログラムⅠ・Ⅱの振り返りを、写真と映像を交えて報告致しました。

DSC_0267   DSC_0299

DSC_0325   DSC_0354

その後、フィリピン研修を振り返ると共に、座談会方式で報告発表を行いました。
高校生からは、現地で感じたことや印象に残ったことを率直に語り、確かに日本が裕福な国だがフィリピンが良い国だと思ったことや、フィリピンの子供たちが輝いて見え、帰国後、自分は何事にも努力を怠らなくなり、誰からも輝いて見える人になりたいという想いに至ったこと等が語られました。

DSC_0330   DSC_0331

DSC_0357 DSC_0339

4名の高校生の報告発表後、一般参加者、学生、先生、青年会議所メンバーで、今日の報告を聞いての感想や今後どういう風に心掛けて生きていきたいかグループディスカッションを行い発表して頂きました。

DSC_0411 DSC_0428

最後に、青少年委員会 委員長 江角彰則君より青少年事業に込めた想いと総括を述べさせて頂き、解団式では影山副理事長より、本事業へのご協力頂きました全ての皆様へ感謝の言葉を述べられました。

約3カ月間に亘る青少年事業を経て、参加高校生の皆様は友情を育み、懸命に生きる力を養い内面から力の漲る人財へと成長していただく機会となりました。メンバーの皆様にも学びと参加高校生の成長した姿を通して、今後あらゆる場面で懸命に生きる力を発揮していただくことが、明るい豊かな社会の実現に結びつくと確信しております

DSC_0437

青少年事業「Boys be ambitious」~みんな同じ空の下~プログラムⅢ開催のお知らせ

9月3日(日)出雲西高等学校にて青少年事業「Boys be ambitious」~みんな同じ空の下~プログラムⅢを開催致します。

今年の青少年事業は「命と生き方」をテーマに出雲市内の高校生を対象として、7月2日(日)プログラムⅠ:オリジナルセミナー、8月5日(土)~8日(火)プログラムⅡ:フィリピン研修を行ってまいりました。

そして、最後となるプログラムⅢでは参加した高校生が約2カ月に亘り、様々な経験を通して考えた事・感じた事を発表して頂きます。

ぜひ、発表する高校生の声を聴いて頂きたいと考えておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

 

日時:9月3日(日) 13:00~14:30(受付開始:12:25~) ※開会5分前にはお越し下さい。

場所:学校法人永島学園 出雲西高等学校 4F 多目的室

※席数に限りがございます。

参加希望、申込状況等、お問い合わせは下記までよろしくお願い申し上げます。

 

一般社団法人出雲青年会議所 事務局

TEL:0853-22-3700 FAX:0853-22-3701 Email:info@izumojc.com

担当:青少年委員会 児玉、江角

青少年事業「『Boys be ambitious』~みんな同じ空の下~プログラムⅡ」4日目

8月8日(火)「『Boys be ambitious』~みんな同じ空の下~プログラムⅡ」4日目、フィリピンで様々な経験をさせて頂いた渡航団は、早朝よりニノイ・アキノ国際空港に向けホテルを出発しました。

DSC_0215 DSC_0216

ニノイ・アキノ国際空港へ到着後、少し時間がありましたので、みんなでお土産を購入致しました。

種類も多く、あっという間に日本へ向けての出発時間となりました。

DSC_0221

これより空路、日本へ戻り、夜には出雲に帰ります。振り返るととても短く感じた4日間でした。それだけフィリピンで体験したこと、自らの目で見て、肌で感じたこと、多くの人々との出会いはとても色濃く、命や幸せを各々が考えさせられ、大きな心の成長に繋がりました。

プログラムⅡフィリピン研修を通して、世界と日本との違い、生活環境・習慣の違い、人や言葉の違い等を実感しました。そして、命の尊さや懸命に生きる大切さを肌と心で深く学ばさせて頂きました。フィリピンで出会った多くの人々に感謝するとともに、それぞれの夢や目標に向かって力強く生きていく覚悟を醸成致しました。

最後に、9月3日(日)に出雲西高等学校にて、プログラムⅢとして、本事業に参加頂いた高校生4名による報告発表会を開催致します。ぜひ、彼らの言葉に耳を傾けて頂けたらと思います。引き続きご期待ください。

DSC_0219 DSC_0189

青少年事業「『Boys be ambitious』~みんな同じ空の下~プログラムⅡ」3日目

8月7日(月)「『Boys be ambitious』~みんな同じ空の下~プログラムⅡ」3日目、朝から高温多湿の中、スモーキーマウンテンに向けバスで移動します。

S__35667971

始めに、スモーキーマウンテンとその周辺の学校を訪問しました。現地の子供たちから歌の歓迎を受け元気を分けてもらいました。そして、持ってきたお菓子を配らせて頂きました。

S__35667977 S__35667980

S__35667983 S__35667986

 

また、スモーキーマウンテン周辺の家庭にも訪問させて頂きました。

冷房もなく、食べる物も少なく日本では考えられないような場所での暮らしでしたが、現地の子供たちは目がすごく綺麗で元気で優しく常に笑顔が絶えることなく、大人たちは子どもの為に、子供たちは親や家族のためにお互いを思いやって頑張って生きていました。そして、とても明るく、希望・夢を持って生活をしていました。

S__35667990 S__35667994

S__35667995 S__35667996

日本から用意したお菓子や鉛筆などの文房具を現地の子供たちに配りました。

現地では先生、教室、教材が圧倒的に足らず、教育を受けられる環境がとても乏しいです。日本では想像出来ませんが、子供たちの勉強に対する姿勢、意欲はとても強いものを実感しました。

S__35668004 S__35668008

 

本日の行程の最後にマザーテレサの『死を待つ人の家』に行きました。大人と子供の施設があり、そこには貧困や病気のため働くことが出来ない人、親に捨てられた人の最期を看取るための施設です。施設内は撮影禁止のため写真はありませんが、たくさんの話を聞き、触れ合いの中から命について考えさせられました。

夜も夕食の後、一日の振り返りを行いました。前日とは違い、命に尊さ、懸命に生きる人たちの姿・力強さは、当たり前に生きている私たち日本人にとって心が締め付けられる思いが致しました。この感じた想いを私たちは自分たちが一生懸命生きる力に変えて、過ごさなければならない気持ちになりまた。

明日は最終日、少し疲れはあるようですが、高校生の成長は素晴らしいものがあります。自分たちの目で見て、肌で感じたことは、本当にかけがえのない経験であります。学生に負けないように頑張っていきます。

 

青少年事業「『Boys be ambitious』~みんな同じ空の下~プログラムⅡ」2日目

8月6日(日)、今日は朝の9時から、フィリピンマニラ市のパヤタスという地域を訪問、視察をさせて頂きます。まずは、ホテルで朝食を取り、バスに乗って出発です。

S__35487749 S__35487751S__35487752

 

マニラ市、ケソン市という二大都市のゴミの処理を一手に処理する第2のスモーキーマウンテンで、スカベンジャーと呼ばれるゴミの中から使えるものを探してお金を稼ぐ人達が大勢暮らしています。

S__35487754 S__35487756S__35487759 S__35487764S__35487767 S__35487772

 

そこの家庭を訪問して暮らしぶりを知り、子供たちが通う小さな学校で歓迎のおもてなしを受けました。彼等のおもてなしは歌とダンスです。今日の日のために、子供たちは一生懸命練習を重ねてきてくれていました。昼食をみんなで一緒に食べて、その後話をしたり、現地の遊びをしたり日本の遊びをしたりして交流を深めました。

その後、近くの学校に移動し、授業の様子を見させて頂き、通っている子供の自宅にも訪問させて頂き、現地での生活を見させて頂きました。

S__35487779 S__35487781

S__35487786 S__35487789

S__35487792
この後、夜からは本日の振り返りの時間を取ってグループディスカッションを行い、今日それぞれが感じた事、気になった事、印象的だった事等、共有を致しました。

S__35520514 S__35520516S__35520522 S__35520533

 

現地の気温は暑く、高校生たちも疲れが出ることもありますが、明日に向かってみんな元気に過ごしております。

 

初日

青少年事業「『Boys be ambitious』~みんな同じ空の下~プログラムⅡ」1日目

8月5日(土)、青少年事業「『Boys be ambitious』~みんな同じ空の下~プログラムⅡ」のため、高校生を中心とした渡航団がフィリピン共和国へ向けて旅立ちました。

28818

成田空港から約4時間で無事フィリピン共和国に到着し、ホテルへと移動しました。

S__35389446 S__35389445

 

ホテル到着後、現地の子供たちに渡すために持ってきたお菓子の仕分け作業を行いました。

S__35389449 S__35389450

S__35405826 S__35405827

 

着いたのは現地時間で22時過ぎでしたが、そんな夜中でも街は大渋滞です。気温は涼しいですが、参加頂いた高校生は全員お疲れの様子です。

明日の準備を行い、本日の行程は終了致しました。休養をしっかりと取り、明日からの研修に備えます。

第33回わんぱく相撲全国大会

7月30日(日)東京 両国国技館にて第33回わんぱく相撲全国大会が開催されました。今年は「夢に向かって熱くなれ!」~つながりから学ぶ和の心~をスローガンに、公益財団法人日本相撲協会・公益社団法人東京青年会議所の主催で行われました。出雲青年会議所も「チームいずも」として全国大会に参加しました。

前日の7月29日(土)は、朝より出雲から両国国技館へ移動しリハーサルに参加して、夜は相撲部屋に宿泊します。

選手3名と引率大人1名が相撲部屋に宿泊をさせていただきます。

DSC_0027

両国駅に到着してから、記念撮影を行い両国国技館に移動します。

DSC_0045

今年は全国から396名の選手が参加し、30日(日)の本番に向けて真剣に入場行進のリハーサルや競技指導を受けました。

DSC_0075 DSC_0100

リハーサル終了後、お世話になります錣山部屋に移動しました。

今年は、山形県の代表と岐阜県の代表の選手と一緒に寝食を共にさせていただき、明日はみんなで勝つことを誓い、楽しく過ごしました。

そして、錣山親方と子供達みんなで記念撮影をさせていただきました。

また、錣山部屋の奥様、力士の皆様にとてもお世話になり、一生の思い出に残る経験をさせていただきました。

DSC_0125 DSC_0114 DSC_0117

翌日、お世話になりました錣山部屋にお礼を言って両国国技館に向かいました。

いよいよ全国大会本番。

前日のリハーサルとは表情が違い、参加選手全員が気合の入った顔つきで入場行進を行っています。

DSC_0136 DSC_0182

開会式終了後、4年生・5年生・6年生の順番で競技が行われます。

チームいずも 4年生 藤川颯太君

DSC_0159 DSC_0221

チームいずも 5年生 布野智希君

DSC_0228 DSC_0233

チームいずも 6年生 安部山侑作君

DSC_0201 DSC_0204

<結果>

4年生 藤川颯太 君     2回戦勝利、3回戦惜敗

5年生 布野智希 君     2回戦勝利 3回戦惜敗

6年生 安部山侑作 君 2回戦惜敗

選手は精一杯力を発揮して競技を行いました。そして、今回の大会を通じて来年さらに強くなり全国大会に参加する目標も出来ました。

本大会を振り返りますと、これまで支えてくれた家族、指導をしていただいた先生、相撲部屋でお世話になった皆様、相撲部屋に一緒に宿泊した山形県と岐阜県の選手と本当に多くの方とのつながりを実感できる全国大会でした。

これからも、自分自身の夢に向かって、そして周囲の人に感謝をしながら一生懸命歩んでくれることを期待しております。出雲青年会議所としても引き続き、青少年育成に取り組んでまいりますのでご期待ください。

 

 

第3回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所 出雲市長表敬訪問

7月25日(火)出雲市役所にて、7月30日(日)東京 両国国技館で開催される第33回わんぱく相撲全国大会に向けて出雲市長表敬訪問を行いました。

DSC_0041 DSC_0030

第3回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所で優勝した5年生 布野智希君、6年生 安部山侑作君から「全国で一つでも多く勝ちます」と力強く話をさせていただきました。

DSC_0054

また、今年は錣山部屋に宿泊をさせていただくことが決まっており、「相撲部屋で宿泊するのも楽しみ」「たくさんの人と仲良くなりたい」と話しました。

最後に全員で写真撮影をさせていただきました。

全国大会に向けて一生懸命練習を重ねてきていますので、全国の舞台で一つでも多く勝てるように頑張ってまいります。

DSC_0064